So-net無料ブログ作成
JOY耐2019 ブログトップ

Joy耐2019いくらかかった? [JOY耐2019]



台風一過強烈な晴天・・・と思っていたんだけど、全然違いますね。

なんだか猛烈な風と・・・これ、雨が続くな。この雲の様子だと。


Joy耐が終わった後も、涼しい状況が続いて・・・「今年の夏、本当に暑くなるのかな?」なんて思っていたのは、完全に杞憂だった。

梅雨が明けたら、いつも通りの夏になりましたよ。ピ〜カン照りでしたよ。


さて、皆さん、もう、TOY STORY4は、観に行きましたか?

「おっさんずラブ」とか「天気の子」とか、なんていうんですか?「金儲けの法則(ヒットの法則)」にハマっちゃっている”汚れた心になる前の自分”を思い出す映画ですよ。トイ・ストーリー。

あ、大丈夫。今度の4は、ハンカチで十分。

3は、タオルが必要だったけどね。映画館で。あそこまで号泣しない。


上映が始まってすぐに驚くのは、「人をフルデジタルムービーで描くことができる時代になったんだなあ・・・」ということ(3で実現できていたんだけど。)

TOY STORY(1)では、「人間をデジタルアニメーションで表現する」ということができなかったんです。

(技術的に無理だったということもあるけど、”どう表現したらいいのかわからなかった”のだと思う。(1)と2では、人間は、”声”でしか、表現されていない。)


あの「王の帰還」が果たされる直前の時代。


一番最初に「アニメーションを全てCGで製作した映画が日本で上映される。」と知った時・・・

「そんなことが本当にできるんだろうか?」と疑問に思ったのを覚えている。

実際にその当時の彼女と(今の我が妻だ)映像を見て、「ああ、やっぱりな。あの”TRON”(トロン・レガシーじゃないよ)の挫折は生きているんだ。」と納得して・・・「そうなんだよ。これは”アニメーションだから、CGが成立するんだ。”と自分に言い聞かせていた。


結局、「人間が主役のフルCGアニメーション」は、Mr.インクレディブルまで待つことになる。

(それでも”スーパーマン家族”を題材にしているあたりが、人間を人の手で創造(表現)してしまうことの恐れと苦悩を表していました。)


それでもねえ・・・あの最初のTOY STORYの衝撃からあっという間に20年以上が経ったんだなあ・・・

このシリーズがこんなに長い期間続くと思わなかったし、ジョン・ラセターさんがPIXERを追い出される日が来るなんて、想像もできなかった。


PIXERにとって、ジョン・ラセターさん離脱後の初公開作品なんだと思いながら、エンドロールを見ていたら・・

ちゃんとその名がありましたね。Original Storyの欄に。まだ、その神通力は続いていましたよ。


本当にこの夏休みに皆さん、映画館で観て下さいね。TOY STORY4。

あのライオンなんとかとか、明らかに「それ、盗んでますよね?」って方にお金を払っちゃダメだよ。

(あのライオンなんとかはさ、PIXER(あるいはRenderMan)がきっと協力しているんだろうけど、俳優さん、女優さんに対しての強い警笛だよ。本当に。動物をあのように創造(描写)できるということは、高いコストを演者に払う必要なく、作品ができてしまうということを表している。)


さて本題。

JOY耐が終わってあっという間に2ヶ月経過。

このBlog更新を放置していた間に起きていたことは・・・まあ、いつか記事にできる日が来たらいいかも。

いつも通り行きますよ。

ジャン!「JOY耐っていくらかかるの?」の回です!

JOY耐2019費用
joy耐2019費用
553,271円かかりました!
例年と違うところは・・・
タイヤ代をかなりかけています。
ここ数年は、「新品タイヤ6本で、決勝7時間を走りきる。」作戦だったのですが、今年は、「梅雨時開催」ということで、雨用コンパウンドの4本を追加購入しました。
実際、土曜日の予選は、かなりの雨量だったので、「買っておいてよかった。レイン用」という状況でした。
「レイン用タイヤを準備できていなくて、クラッシュしました。」なんてなったら、全く割りに合わないと思っていましたから。
ただ、この費用は、「最小限の参加費用」だと思います。新品タイヤ10本揃えたといっても。
というのは、どうも決勝走行開始の早い段階で、我々の車両は、ブレーキのトラブルを抱えていたようです。
葬儀の最中にチラチラ「RaceNow!」で、状況を確認していたんです。
1回目の給油が終わった頃まで、総合20位以内、クラス2位を走っていたのにその後、どんどん順位が落ちていったので、何かあったな。とは思っていたんですけど・・・
あとでメンバーに確認したところ、「走行中にブレーキが抜けるようになった。それもコーナーごとに違う。」という症状を抱えて、7時間を走り切ったそうです。
今年は、ず〜とスプリント用エンジンに掛かりっきりで、6月の大会直前になって、筑波サーキットでチェック走行。
そのまま、本大会突入。
というスケジュールだったので、全く練習せずに車両を持ち込んでしまったのが、やっぱり良くない結果を招きました。
ま、大会期間中、一体何が起きていたのかは、また次回。

nice!(3)  コメント(0) 

JOY耐2019完走できました! [JOY耐2019]

2019年の6月もあっという間に月末です。すごく色々な事があった1ヶ月になりました。

本番1週間前にエンジンブローを喫した2019年Joy耐は・・・71台が出走。

初出場の年(2011年)以来の少ない台数だったと思います。

梅雨時開催になった事を皆さん警戒した結果かと・・・

代わりに土曜日大雨、日曜日快晴となり、大シャッフルとなったことは、参加者にとって非常に面白い展開になった大会だったと思います。


さて、そんな天候の中、今年も最大勢力(14台)となったクラス2にエントリーした我々は、どうだったかというと・・・

予選47位(クラス8位)

決勝41位(クラス9位)

で完走する事ができました!


予選、決勝共過去最高順位です!


正直、1週間前のエンジンブローどころか、土曜日朝の練習走行でもトラブルが出ていたので、「予選そのものに出走できるのか?」という緊迫のレースウイークをうまくまとめる事ができてよかったです。


ただ、いつもの「JOY耐で起きる事」は、すべて発動した大会でもあって・・・

今年もセーフティーローダーでトラブル。


大会期間中に私の母上様が、Go to Heavenしてしまった事により、私が決勝日を不在する事になって・・・

決勝終了後に車両の引き取りがものすごく遅れました。何しろ葬儀を済ませて、喪服のまま、セーフティーローダーにダッシュ。


参加者全員が片付けを済ませて、帰ってしまったのに私達のためだけに一部の係員さんと警備員さんを待たせる事に・・・

「20時ぐらいには、到着できるようにします〜」は、まあまあ守れて20時過ぎにゲート到着。

・・・南ゲートだ。これ。


確か北ゲートからでないと入れないって・・・

その後が大変だった。

山の外周をグル〜と回って、いつまでたっても北ゲートが出てこない・・・

「こっちか?」

と舵を切ったら、それは山の中を突っ切る道で・・・・

コース脇を走っているのにいつまでたっても、北ゲートに向かえない状況になりました。

「ひょっとして遭難中?」

ってなってましたよ。本当に。


北ゲート到着が、結局20時40分過ぎ。

ポツンと照明がついているパドックに入って、なんとか車両を回収できたけど、皆さんに猛烈に迷惑をかけてしまった。

普通だったら、ホテルツインリンクに宿泊して、無理せず翌日回収とかを考えるものだけど・・・

今年は、Joy耐終了後、3日間施設閉鎖ということで、無理して回収させてもらいました。


そんな感じのものすごくドタバタした2019年Joy耐のお話は・・・

決勝日の話はできませんが、例年通り、これから数回に分けて記事にしていきたいと思います。

まず、次回はお決まりの「お金、いくらかかった?」かな。

nice!(3)  コメント(0) 

Joy耐1週間前にエンジンブロー! [JOY耐2019]

いよいよ今週末からJoy耐2019です。

で、昨日の午前中、筑波練習走行で・・・エンジンブローになりました。

あのスプリント用車両から積み替えたエンジン。

なんだかね。


週末の大会?

ええ。大丈夫です。昨日の夕方には、積み替えたエンジンがかかりましたから。

一周回って、昨年のJoy耐完走仕様そのまま。


平気ですよ。

曇天を見上げて、ため息ついたり「これは汗。涙じゃない。」とかって、ブツブツ言ってたりしない。

平気。本当に平気。大丈夫。俺。(ひつこい)


約束の地 ツインリンクもてぎで今度の土曜日お会いしましょう。

今年は、金曜日から入れないんだよね。いよいよ。


嫌な予感。金曜日に入らなかった年は、リタイヤなんだよな〜


nice!(2)  コメント(0) 

Joy耐2019のドライバー装備品規則が変わっています。 [JOY耐2019]


昨日、エンジン積み替え版手作りEP82をみんなに順番でチェック走行してもらいました。

問題は・・・いくつか発生。やっぱり競技速度で走るとね。

少なくとも、スプリント用車両では、「そもそもちゃんとエンジンがかからない。」というところからのスタートだったので、ホッとしています。とにかく走ることはできた。

Joy耐2019本番まで、あと3週間となりましたが、多分、当日までに問題を解決して、予選に出走できます。


で、昨日、JOY耐2019の準備打ち合わせをしていてびっくりしてしまったことがあって・・・

全員、「去年と同じルールだろ?」感がものすごかった。


「これ、多分見落としている人がいるよなあ・・・」と思うので、記事にしておきます。

このBlog、JOY耐参加者御用達Blogになっちゃったのか?ってぐらい、「JOY耐参加します。(年によっては申し込み完了。)」と記事にすると、なんだか訪問者が激増するんです。

ここのところSo-netブログ車部門22位以内キープです。個人のBlogなんだけど、なんだか責任重大。変なことは書きまくってても、間違いがないように気をつけなければ。(え?EP82の作業、色々間違ってるだろ?・・・あ〜。うん。参考事例としておいて。)


昨日、全員が見落としていたことが2つ。


1)FIA規格対応ソックスの装着が義務化されています。


2)HANSデバイスの規格シールのところに透明シート貼りが必須です。

これは、規則書に書かれているわけではなくて、昨年のJoy耐装備品チェックの時に指摘を受けたこと。

「HANSのここのシール。傷つけちゃって、文字が見えなくなっていたら、使用不可として落とすからね。高いものなんだから、もったいない。ちゃんと保護シールを貼って!」


シールはなんでもいいんだそうです。え〜・・・と、自分はどうやったのかは、また別の機会に解説します。


それとHANSがらみでは、今年の春のAE86レース車検時に別の競技に出る人が、装備品チェックで、「不合格」扱いにされていました。(本当に合格印を捺してもらえず、ピットにトボトボ戻っていった。あれ、どうなったんだろう?)


なんでも、「古い規定のHANSを持ち込んだ。この規定のものは、今年から使用禁止になっている。」という話でした。


これは、恐らく「国際モータースポーツ競技規則付則L項 第3章ドライバーの装備品」のことを指しているのだと思います。

皆さんのお手元のHANSデバイスとヘルメットの関係をよくご確認をお願いします。

まさかと思ったけど、本当に不合格扱いで、帰らせちゃうの?って思いましたから。

怖えぜ。ツインリンクもてぎ。


nice!(2)  コメント(0) 
JOY耐2019 ブログトップ