So-net無料ブログ作成
2009年夏耐久 ブログトップ
- | 次の10件

250circuitE☆1エントリー用紙を提出 [2009年夏耐久]

maruwa.gif
いや、スイマセン。なんかホント世の中立ち上がってきましたよ。忙しくなってきました。前回更新から一ヶ月経過ホント申し訳ないです。

さて、日光サーキットでの250周耐久の出走を検討している皆さん。もう、エントリー用紙を提出しましたか〜?
確か、本番一週間前必着ですよ。し・か・も。
よくよく出走車両の車両規則書を読み返してみると・・・・
「4点シートベルトさえつけていれば、どんな車両でも出走可」なんですよ。
え〜・・・わかりますか?この意味。
・Joy耐の場合 規則に沿って車両が作ってあっても「フェラーリ・エンツオ等の場合、出走をご辞退願う場合がございます。」
・エビス耐久の場合 ナンバー付き車両で構いませんが、ロールゲージ&4点シートベルト必須
なのに、この日光サーキットの250周耐久の場合、「ナンバー付きでも構いませんが、4点シートベルトは必須」なんですよ。ok?
と、いうことはですね。

ニッサンGT-R様から、ワゴンRまで。はては、パジェロやエルグランドであっても出走できちゃうんですよ!4点シートベルトさえ装備していれば!(拡大解釈?)

これはまずいよ。エントリー先着順だよ。エントリー開始日にどっさり事務局に到着しちゃったらどうしよう・・・
しかも、オーナーからもっと衝撃的な事実が!

はい。皆さん。エントリー用紙を良〜く見てください。

「本大会に参加するにあたってのチーム編成に関するエピソード・意気込みなどをご自由にお書きください。必須でお願いします。」

・・・・やばいよ。これは。どうしよう。あんまりにもダメダメな内容だと赤ペンで添削されて帰ってきちゃうかも。エントリー用紙。
論文?論文構成で攻めないとダメか?まずいよ!全員集合集合!

で、とある土曜日の夜に集合。壁には液晶プロジェクターからグラフが投影されてる。

「・・・・・よって、我々の優勝阻害要因としては、大きなタンクのNA車両が出てきた場合に限られます。具体的には、Honda-VTEC勢に出てこられると非常に難しくなると思われます。」
「ふむ・・・道具は換えられないんだから、メンバーの方でフォローするしかないだろう。ドライバーは?」
「はっ。既に上限の5名をそろえております。よって今回、私はオペレーション担当側に回ります。5名中4名が、昨年のエビス耐久組。また、実戦経験者は5名中3名。特にそのうちの2名は、現役のスプリンターという構成です。」
「わかった。いいメンバーだ。それで、今回の予算枠は?」
「このBentoのデータベースをご覧ください・・・・昨年の半額の予算枠での完了を狙っています。」
「半額?本当にそれでできるのか?昨年も結果的に当初案なんて全く吹っ飛んでしまっただろう。」
「はあ・・・・たぶん。」
「たぶんじゃ困るんだよ!各メンバーが君の案を持ち帰って大蔵省(古いね。)と折衝するんだぞ!君が自信を持たないと各メンバーが説得できないじゃないか!」
「オレなんてさあ・・・去年のエビスのあと、3万円の小遣いが3,000円に減らされたよ・・・・それでも毎日暑いからジュースを飲んじゃうんだ。120円のジュースを飲むたびにレースカーに入れられるハイオクが1literづつ少なくなっていくのを感じるんだ。オレはダメな男だああああ〜!」
「ふふふ・・・毎日ジュースを飲めるなんて、贅沢じゃないか。オレなんて、ここのところ暑いから、公園に行って、水を飲むんだ。ちょうどお腹もいっぱいになって、ランチ代が浮くんだよな・・・(遠い目)だいぶ体重が減ったよ。これも重量を軽減して、燃費を稼ぐ為さ。」

「みんな悪かったああああ〜!こんな駅前の和民になんて連れてきちまって!100円マックで済まそうと、隣のマクドナルドに入ったんだけど、なんでか土曜の夜にいっぱいだったんだよおお〜!!!あ、まずハンディプロジェクターを片づけて。大の男が泣くな。周りの人たちに迷惑だろう。あ、スイマセンねえ。プロジェクターの光がまぶしかったでしょう。スイマセンね。んじゃ、ほら、さっきまで男4人でウーロン茶4杯&枝豆1個だったけど、ほ〜ら、オムレツ(399円)を追加するぞ〜。オレのおごりだ!たんと食え!」

「で、車両名は?」
(この状況で落ち着いてますね。オーナー。さすが地方銀行員)

「はっ!力作です!いろいろと考えてきました。さすがに車両名は目立たないといけないですからね。」
「どんな名前?」
「発表します!”××スターレットあはん(はあと)”」です。
「・・・・・なんて読むんだ?」
ちょめちょめスターレットあはん(はあと)です。」
「・・・・もうちょっとまともな案はないのか?」
「はあ・・・・では、ちょめちょめスターレットうっふん♥。こうすることによって、機種依存文字を使わずに♥マークが表せ・・・」
「そこじゃない!そんな言葉、現場で連呼されるわけないだろう!見ろっ!和民のお姉さんも困ってるじゃないか!」
痛ったあ・・・・そんなに本気で怒らなくても。ちっ新婚がっ!(たぶんそこは関係ない)

「で、車名はやり直し。チーム名の方は?」
「は。こちらはまじめに考えてきました。昔のRacing ON!誌にも”エントラント名は大事”という坂東社長のお言葉が載っていましたからね。」

「ランデブー・・・・フランス語で「待ち合わせ」や「集合する」の意味です。10年以上の時を超えて、再び結集した我々にふさわしいチーム名だと思います。」

エントラント名は、Team Rendezvous

我々は、優勝を狙う。
3M マイクロ プロフェッショナル プロジェクター  W115×D50×H22 MPro110

3M マイクロ プロフェッショナル プロジェクター W115×D50×H22 MPro110

  • 出版社/メーカー: 住友スリーエム
  • メディア: エレクトロニクス

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Reboot!夏の耐久に出ます! [2009年夏耐久]

fsw.gif
[サーキット場] ブログ村キーワードはいはい。先月ぐらいからなんかおじさん達が言い出してますよねえ。
「ニッポンの景気は底を打った」って。
その通りだと思います。私も実感してますよ。何だか6月8日週から忙しくなってきた感じです。
その日も朝からお客様の問い合わせを延々・・・「いかにしてこのお客様の電話を丸く収めるか」に腐心している真っ最中にauの携帯電話(会社のね)とWILLCOM(自分の)が鳴り出してる。

ちょっとお客様を待たせたまま・・・まず仕事の話(au)をとって・・・

「はい。」
「おう、来月から新体制になるだろう。そうしたら君に異動して、やって欲しい仕事があるんだ。」
「あのですね・・・どこから私の携帯番号を聞いたのか知らないですけど、すっごくプレミアムな事なんですよ。この番号に電話できるってのは。合併先の取締役が直接そういう話をイチ担当にしてこないでくださいよ。上を通してください。ウエを。」
「通してあるよ。だいたい良いじゃないか、合併後は、お前の上役はほぼ全員一掃されるんだから。」
「切ります。」(ブチッ)

まだWILLCOMが鳴り続けてる。も〜なに?この番号を知ってるってのは、ものすっごく限定されてる。ウチのハニーだろう。

「はい。あとで電話する。」(相手の声も聞かずにブチッ!)

お客様の電話を何とかなだめすかして、やっとの思いで終えたあと・・・WILLCOMの端末をリダイヤル。
誰だろう?これに電話をかけてくる人なんて。

「おう?悪い悪い、仕事中に。大丈夫?」
「・・・誰?男の人?この端末には女の人しか・・・あ、い〜やいや、先ほどは大変失礼しました!大手さんに私の会社を紹介していただけるなんて、そりゃも〜!いや、ほんっとに失礼しました。」

・・・・・・・ガレージオーナーからの電話だった。そういえば、この間のダートラの道中にお客さんを紹介してくれる話をしてたんだった。
いや〜・・・まずかったな。私の普段の姿を垣間見せてしまった。
え?みんなもこの毎回長文のBlogの行間にどす黒いものを見ちゃった?
いやいやいや。気のせい気のせい。もう全然。普段もこの文章通りお気楽な一日を過ごしていますよ。
5年ぶりに元の職場(企画部)に戻って、ノンビリしていたのにわずか3ヶ月で再編のまっただ中に引き釣り込まれる立場なんて・・・気のせい気のせい。

その証拠の写真を見せましょう。ババンと。(今回の写真ね)
仕事にかこつけて、FSWに行ってきました。
FISCOの時代から・・・15年ぶり・・・ぐらいですかね。
私、西仙台から鈴鹿まで、いろいろなサーキットで実戦参加してきましたけど、富士スピードウエイだけは走行会レベルだったんですよね。
だから、FISCOの時代のピットって知らないです。

今回のFSWは・・・トヨタの関係の走行時間にピットロードを歩いていました。背広に鞄姿で。ええ。
あたかも関係者のごとく・・・実態は、単なる暇つぶしですわ。就業時間中に。ええ。そう言ってください。
間違っても、今後のイベント参加の為の施設チェックとか・・・いやいやいやしてませんしてません。全然。
ま、立派になっちゃった富士スピードウエイのピットを歩いていて感じたのは・・・とってもAdobe CS4よりも安い我らがEP82が走る場所じゃなくなっちゃったな。ってこと。(あ、ごめん。深すぎた?)

ま、そんな感じの、のほほんとしたサラリーマン生活をこの春から満喫してるのでね。まさか再編騒ぎに巻き込まれたりなんて・・・たぶんしてない。ええ。たぶん。

さて、みんな忘れてしまったかもしれませんが、このBlogの主旨は、「自分が耐久レースに出て、体験したこと・感じたこと」を伝えていこう。ってことです。
間違っても「ダートラ専門Blog」じゃないですよ。最近の訪問者の皆さん。ok?

んじゃ、どうも本来の主旨が、忘れ去りつつある感じがありありって感じになってきましたので、再起動しましょう。

出ます!今年も。耐久レースに!

といっても・・・昨年と同じく、エビス12時間耐久?

いやいやいや。今年はいろいろと調査しました。事前に。
選択肢は2つ。
1)Joy耐

一番準備が大変そうなのが、1)Joy耐。
いや、誤解を招いちゃうか。
このJoy耐が標準なんです。N1レースに出ようとすると。すべての面で、標準的なことを要求されます。それは・・
1)ドライバーは全員国内A級ライセンスを保持していること
2)レーシングスーツその他は、規定の規格以上のものを使用すること
という点。

う〜ん・・・
昨年の8名の顔ぶれを見回してですね・・・
もう、この「Aライ保持者」ってところで、8名中一人しかいない。
まあ、「Bライ」(ダートトライアルは、国内B級ライセンスで十分なのだ。)は、複数のメンバーが持ってるので、申請さえしちゃえば、Aライになるんだけど。
今度は、服装規定が・・・全員に投資させなきゃいけない。

やめとこ。準備不足になるのがありありだ。

んじゃ、昨年と同じく2)エビス12hで・・・・う〜ん・・・・
いや、確かにすごくよかったですよ。12時間走りきることができて。
ただねえ・・・練習走行の段階で、絶望的な気分になるのは・・・
昨年は、みんな何も知らなかったから、元気よくエビスサーキットに集合したけど・・・
あのホームストレートで、ガンガン他の車両に抜かれる排気量の車で今年も出場ってのはね・・・
ちょっとなあ・・・
それじゃ、クラス分けがあるJoy耐?やっぱり。う〜ん・・・・

新婚さん・・・じゃなかった。EP82のオーナーが情報を持ってきてくれましたよ。

日光サーキット・・・・????確か、エビスに行くときに高速道路の脇から見えたような気がする・・・

ミニサーキットだよねえ・・・う〜ん・・・ちょっと気乗りしないなあ。
98年に間瀬の耐久に出させてもらったことがあるけど・・・JAFの規定に合致していない施設ってやっぱり危険だよ。

そう思いながらも、せっかく教えてくれたんだから・・・ということで、いろいろ調べてみました。
なかなか・・・ユルユルですね。いろいろな規定が。
ただ、ツボを押さえてると思ったのは、「一人のドライバーが連続してドライブできる時間は、40分まで」という規定。

ニヤリとしてしまいました。夏の耐久で一番難しいのは、高温下の連続走行。
40分の規定というのは、レース出走経験者らしい規定だと思いました。
それとなにより・・・・EP82が過去何度か優勝したことがある!
決まったね。これだよコレ。僕らのEP82が輝ける場所じゃないとダメなんだな。せっかく真夏の炎天下にみんなが集まるんだから。

いくぜっ!今年は、「日光サーキット 250周耐久」に出場するぞ!

ANA旅行積立プラン
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
- | 次の10件 2009年夏耐久 ブログトップ