So-net無料ブログ作成

AT車のエンジン降ろしは、結構面倒だった。 [スターレットをN1車両化]

HondaのActive Safetyプログラムに2011年から参加させてもらっているんですけどね。
昨日も行ってきました。ツインリンクもてぎに。
まあ、いつか体験したプログラム全体を記事にできればなあ・・・って思いながら早二年。
いろいろと「お〜」と思わされることが多い一日になるのですが、昨日も意外な展開に。
「Indy Carが走るスーパースピードウエイを走っちゃいました。私。」
MOTEGI.gif

いやあ、びっくり。いつか走れればと思っていたけど、まさかその日が来るとは。
一日のプログラムの最後に「燃費グランプリ」があったんです。
4名一組で、くじ引きで4台の教習車両を引き当てて、「スーパースピードウエイ1周の消費燃料量」の少なさを競うという・・・

私、単に「燃費チャレンジかあ・・・まあ、おもしろそうだなあ。速さと同じぐらい、燃費も各人の差が出やすいからね。自分がどれぐらいの能力があるのか、測定してもらおう。」って思って、予約を入れていたんです。
まさか、走る場所が”あの”スーパースピードウエイだとは思わなかった。

スタート前に教官から4名に対し、ルールの説明後・・・なんだかみんな熱いんですよ。すごいの。質問責めで。教官が「え〜と・・・」って、なっちゃうような質問が一人づつ複数。

私一人だけ、「・・・・これって、そんなに真剣にやる競技か?まあ、確かに貴重な時間を使うからなあ。一生懸命やらないとダメか。」って感じ。

まあ・・みんなの一生懸命さを見ていて・・・「荷物を降ろそう。コース脇に。」って思いました。
次回は10mmと12mmのラチェットレンチ準備だな。助手席を降ろして軽量化するために。(ルール違反です。)

教官車の先導に合わせて、隊列を組んでスーパースピードウエイを事前に1周だけ走行。
1周の間にあれこれ試して・・・いくつかの必殺技を編み出したんだけど・・・スタート直前に無線入電。
「あ、今ご質問があったんですけど・・・競技中は、D固定でお願いします。」ちっ。余計なことを。

本番で、各自順番に1周回って・・・なんだかみんな、教官に「数字いくつでした?」って聞いてる。
何でそんな一生懸命なんだ?
「はい。では、みなさんこれで終了です。他の参加車の皆さんが終了しましたら、表彰式を開催します。2時間半後ですが、お時間があれば、ぜひ参加してください。」

・・・・・それか。それが目的か!ひょっとして優勝賞品は、ASIMO1体なのかあああああ〜!!!!

これは大変大変。ぜひ表彰式に参加しなければ。ほんとは競技が終わったら、さっさと帰るつもりだったんだけど。
何となく帰っちゃったら、一生懸命対応してくれた教官に悪いような・・・だって・・・どうする?
「表彰式って思って、教室に戻ってみたら、生徒は誰一人残っていなかった」なんて風景が脳裏にいいいいい〜

2時間半後・・・・優勝してました。私。
総勢14名の中のトップ。
あ、ごめん。みんな。競技中、一言も発言しなくて。

「モータースポーツは危険。このEcoの時代に排ガスをまき散らすような真似をして、ばっかじゃないの?」
って発言をする人がいるけど、それは「なにも体験していない人」の薄っぺらい発言なんだ。

モータースポーツを行うと、どんどん安全運転になります。特に耐久レースに参加するようになると、強制的にタイヤや燃料の摩耗に気をつけるようになる。
同じ時間を生きて、毎日通勤で車を使っているのにモータースポーツを否定するっていうのは・・・
ものすごく人生、もったいない時間と金の使い方をしてると思うよ。

あ、優勝賞品は何だったのかって?
ASIMOじゃなかった。なんだか・・・ゴールデンウイーク中イベントの「車1台に乗っている人全員分のチケット無料」っていうスペシャルチケットを送ってくれるんだって。後日。
・・・・え〜と・・・・いいことなんだか悪いことなんだか。(失礼だぞ。)

さてと、私がツインリンクもてぎで優勝している間、メンバーみんなは黙々とEP82を整備。
いよいよ最初の山場。「ATミッションのエンジン降ろし。」です。
ばんばんエンジンルームの配線と、フロント周りのパーツを外す。

guril.gif

「EP82ボディ修理書」ってやつを事前に買っておいたんだけど・・・
役に立ったのは、この瞬間だけだった。フロントバンパーは比較的簡単に外せたんだけど、グリルの外し方がわからなかった。読んでなかったら、壊しちゃうところだったよ。

aircon.gif

エアコン周りの配管もどんどん外す・・・って、すごく固い!パイプ出動!
さて、AE86レースの彼から、「エンジンクレーン」を借りてきたよ。さっさと降ろそう。さすがに何度もやってるからね。だいぶ慣れてきたよ。フックを2本引っかけて・・・チャッチャッと行くぞ。チャッチャと。

setugoubu.gif

ってあれ・・・????
なんか、上に引っ張り上げられないよ。ボディに引っかかってるところがある。うもう・・・ほら、こう、ケーブルを工夫して、エンジン側を上に、ミッションを下に・・・って、あれえ???
なんだよっ!同じEP82のボディで、同じ4E-FEエンジンなのに車体から引き出すことができない!
このAT車のミッションが・・・MTのケースよりも大きいんだ。どうやっても、ボディに干渉しちゃう。
う〜ん・・・

オーナーが提案。
「エンジンとミッションの接合部をさ、先に分離させて、ATミッションだけ下に落としてみたら?」
そんなこと・・・できるのかなあ・・・大きなミッションをエンジンのボルトのところでぶら下げちゃったらさ、なんかエンジンに負担がかかるような気がしない?

「この環境じゃ、そうするしか方法が無いよ。エンジンは保管するんだし、ミッションは捨てちゃうんだから、さっさとやろう。暗くなるよ。」

hazure.gif

オーナーが一生懸命車体の下に潜って・・・よく工具が入ったね。円周沿いに。
おっ。なんか・・・ミッションが分離してきた。

at.gif

落とせたぜ。ATフルードで地面がデロデロになったけど。
欲しい人、連絡ください。18000KM程しか走行していないEP82のATミッションです。

engine.gif

ここから先は速いよ。もう、何度もやったからね。よかった。日が暮れる前にエンジンを下ろせたよ。
この後やることは・・・「パワステユニットを外してしまうのかどうか」だな。
二人の間で意見が分かれてるんだよね。私は、パワステユニットを残したいんだけど・・・
ま、しばらく意見交換しよう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0