So-net無料ブログ作成

日光4時間耐久費用はいくらかかった?(第1戦) [2010日光4時間耐久レースE☆1]

2010no1gurafu.gif
2010no1meisai.gif

昨日ですね。「さすがに1月末の大会以来、この車両を全く動かしていないのはまずいだろう。」ということになって、集合したんですよ。筑波サーキットに。
単純に車両の動作状況確認の他に2つ確認したいことがあったんです。
1)次戦(4月17日)出走時のシートポジション確認
2)1月末の大会の時にドライブしたメンバーから口々に
「なんかこの車両遅くなってる。」
という指摘があったけど、ホントのところはどうなんだ?

1)のシートポジションについては、私が一番きついのですが、どうやら全く触らずにドライバー交代ができそう。ま、実際に30分間走ってみることにしました。
2)については・・・なんか大問題かも。
新年早々に「駆動系が完全破壊」という事態になったときに、手持ちのスペアパーツで組んだんですけどね。4速ミッション。
これまでの私達の知識だとそれまで搭載していた5速ミッションは、「4速ミッションにODがついて5速化」だと思っていたんです。

ドライブしたメンバーがみんな口々に「なんか変だよ。この4速ミッション・・・・」
私?いや、私、「走れれば何でも良いよ。」って感じなので・・・
今回の練習走行でも、「この溝がほとんど無いSタイヤがいい。ゴムがついてればいいよ。もったいない。」って選んだら・・・オーナーが心配して、他のタイヤにわざわざ組み替えてくれちゃった。

さてどうなんだ?
最初の練習走行枠をTTC1400現役ランナーの彼が走ってくれた。
タイムは・・・1分10秒4がベストタイム。
・・・なんかやっぱり遅くなってる。気のせい・・・じゃないような気がする。10秒切ってないとおかしいぞ。

次の走行枠で、現役ランナーの彼は本番車を持ち出してきた。
私が、こっちの日光出走車両でコースインする。

私は一回練習走行に入ってしまうと、30分間連続走行するように心がけているんです。
チャンスがあるときに体のトレーニングをしておかないとまずいと思っているので。

で、現役ランナーの彼がピットに入って何か調整しているのをホームストレートから見ながら連続走行。
そのうちに彼が追いついてきて・・・(というより、同じEP82で追いつかれる時点でおかしい。)
バックストレートで並ぶ間もなく抜き去られた。

その前からなんかおかしいな〜。とは思っていたんです。バックミラーで彼の車体をチェックしながら。
1ヘアピン・2ヘアピンで一気に間合いを詰めてきた。

最終コーナーと1コーナーのアプローチの仕方が・・・なんかこっちの方が突っ込みすぎなのか?追突しそうになって、コーナリング中に強くブレーキを踏み直す必要がある。
で、1ヘアピンに入ると・・・脱出であっという間に引き離された。なんだあ?

よくよく観察していると、「かなり大回りして、立ち上がり重視のライン」なんです。毎周毎周正確に。
コース幅の3/4ぐらいの位置からアプローチを開始して、クリッピングポイントは・・・かなり奥です。なんて言ったらいいのか・・・135°ぐらいのところ。
クリップにつく前ぐらいから、既に離れ始めちゃうんです。その前まではこちらの方が車速が乗っているのですが・・

じゃあ同じ事ことすればいいじゃんって?
・・・うまくできな〜い。
なんだかも〜・・・何とかマネをして大回りラインでアプローチはしてみるんですけど・・・最後の”クルッ”って旋回させるところがうまくいかない。
先行している彼の車体がどんどんクリップ後に離れていくのを意識して、アクセルを踏んでしまうせいなのか・・・この方法をとろうとすると、外に車体が逃げていっちゃう。
なんかも〜・・・

全くついてこられないのを見て、彼がわざわざ減速して待ってくれるんだけど・・・再び引き離される。
そのうちにスロー走行していたオレンジの車体のEP82をパスしたら・・・くっついてきた。
・・・まったく同じパターン。バックストレートで並ぶまもなく抜き去られた。
実戦中だったらブロックライン?いやいや、まったくそんなことができない速度差。
結局、このオレンジの車両が彼の後ろをついて走るのを観察する羽目になったのですが、2台とも同じラインで走行してる。
どうも・・・現代のFF・N1車両をちゃんと走らせることができなくなっているらしい。私。
結局タイムは・・・1分11秒1がベストタイムって・・・なにそれ。
同じ車両をドライブして、0.7秒引き離された。
ちなみに本番車の方は、同時走行でどんなタイムだったかというと・・・
1分09秒4ぐらいを連続ラップ。
これじゃあ、全く歯が立たないわけだよ。こんな状況で大丈夫なのか?今度の土曜日の大会。ふう・・・・

ま、どこまでも「ホビー」ですから。
消耗品であるこの4速ミッションが壊れてから先のことを考えよう。

さて、もうそろそろ募集が終了する2010日光サーキット4時間耐久レース第2戦。
前回かかった費用をいつも通り公表しましょう。

245,704円かかりました!

解説をすると、年始の駆動系破損のパーツ代が含まれていることと、IDIのブレーキパッド&シューについては、摩耗状況からすると年初に交換しておけば、年間通して(3戦)使えると思います。
それとリヤタイヤも・・・「リヤタイヤ用にしか使わない。しかも本番の時に」と決めてしまえば、3戦分保つように思いました。
まあ、大問題はフロント側で・・・結局、次の大会では4本とも銘柄を変えるんですけどね。
これで持たなかったら、ホントにどうしたらいいんだか・・・

2008年2009年に含まれていて、今回全く入っていないのは・・・「アメニティの部」
というのも、「日光サーキットでは、温かいご飯が食べられます。」
自動販売機で、ドリンクも普通の値段で買えますし・・・ドライブ以外でいろいろと気を回さなきゃいけないことが減って、楽なサーキットです。

ま、それでも今回我が妻を連れて行って思ったのは・・・
やっぱり「女性の視点」って違うんですよ。
なんだかやたら大きな荷物を運ぶハメになって、「なにこれ?」ってブツブツ文句を言っていたんですけどね。
現地で「温かいお湯を入れたポット」と「カップスープ」がたくさん出てきました。具が入ってるヤツね。
これが大好評!
確かに自動販売機でホットコーヒーは買えるんですけど、このカップスープの方が、ホッとするというか、落ち着くんですよね。いやでもゆっくり食べなきゃいけなくて。
春になった第2戦でも・・・たぶん持っていきます。コレ。ホントにお勧めですよ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

トラックバック 0