So-net無料ブログ作成

車検の時にどんなところをチェックされるか? [2010日光4時間耐久レースE☆1]

SEIBI.gif


普段はですね。背広に革靴のセールスマンなんですよ。私。日本全国あっち行ったりこっち行ったり。
この歳でも、初めて行く地域とかもまだ結構あるんですけどね。
先日もある駅に初めて降り立ったところ・・・なんか大きな声(掛け声?)が聞こえてくる。
なんだべ?

男性1名+女性3名でなんだか若者が・・・聞くと大学生が世界の貧しい地域の人達のために「家を建てる」活動を行っているそうです。
募金箱を持って、一生懸命4人一斉に大きな声を出してる。

え?吸い寄せられて募金しちゃったんでしょ?って?全然。ぜ〜んぜん。

私も物売りですからね。「ただそこにいて、お金をもらおうなんてとんでもない。」って主義です。そのまま通過。
お客様との打ち合わせ時間までにまだ22分ほどあったので、目の前のマクドナルドに同行者と一緒に入って、この様子を観察。

「どう思う?」
「え?アレですか?全然ダメですよ。大学生がやってる活動なんて。彼らは就活時にいいことを書き込むために活動を行っているだけなんですから。」
「卒論とか、就活の時に利用するために街頭活動を行っているんですよ。どうせ、社会に出たらサポートなんてしていませんよ。彼らの先輩達も。」
「そうか・・・」

同行したメーカーの彼は、私と街頭の彼らの真ん中ぐらいで大学を卒業した若手。
まあ・・・そう見るかもね。私もバブルが崩壊したところで入社できたけど、「就職氷河期」をくぐり抜けてきた彼から見ると、あの若者達は、「下心があって」行動しているように見えるのかもしれない。

「まあ、でもこのお店を出たときに、まだ呼びかけを行っていたら募金してもいいかな。10円だったら、そんなに懐も痛まないだろう。」

次のお客様にどう売り込むか二人で打ち合わせをしたあと、マクドナルドを出ると・・・いないぞ。若者達よ。
どういうことだ?まったく・・・・数分で挫折か・・・て、あれ?

見ると、女の子二人が道ばたにしゃがみ込んで下を向いてる
え?誰も相手にしてくれないから、ひょっとして泣いているのかい?

ツンツン。

「大丈夫?募金しようかと思ったんだけど・・・・」10円玉を見せる。
「ええっ!ホントですかあああ〜!」(ガバァ)
元気だなあ。オイ。あ、単に休んでいただけなの。立ち尽くしで疲れちゃったんだね。工場のラインでインターンシップを経験してみなさい。数時間立ち尽くしの訓練になるから。

地面に転がっていた「募金箱」がパッと持ち上げられて・・・見ると、ちゃんと「募金箱に屋根の模型」がつけられてた。
「あはは、小技が聞いてるねえ。泣かないでがんばるんだよ。うんうん。」(ジャラジャラ〜)

「あの・・・・なにやってるんですか。さっきまで、10円玉しか持ってなかったのに。なんで、財布ひっくり返して小銭全部入れちゃうんですか。」
「いや、チミ、なんとも思わんのかね。若者がこんなにがんばってるのに。」
「違うでしょ。単に若いコがきれいだったからでしょ。ほんとに時々見せる間ぬけっぷりを仕事の関係者には見せない方がいいですよ。イメージ崩れちゃうから。」
「ななななに言っちゃってるの!君!だいたい僕は君の会社のお客さんだよ!直球過ぎるぞ外資系!」
「あ〜はいはい。遅刻しますよ。募金箱の前で2分ロスしています。」
チッ。

まあ、ホントのところは、「誰も知らないところで、大きな声を出して呼びかけをする」ってことが、どれだけ大変か、少しは体験しているからです。
昨年夏の選挙活動だけでなく、「普段の仕事の中でもたくさんの人達の前で説明を行う」ってことをしょっちゅうやっているもんで。
「自分の発する言葉に関心を持ってもらう」というのは、会議室の中でも大変なのに、通りの通行人さん相手なんてなおさら・・・
勇気を持って、街頭に立っていた4人に応援費です。

ちなみに2時間後、その駅に戻ってきて再びマクドナルドを目指すと・・・(私の営業活動は、一つの駅を基点に、複数の顧客を相手にするのだ。)
また4人で声を張り上げていました。
今度は、なんだか変なおじさんに絡まれてる。大変だ。
が・ん・ば・れ。助けてあげないぞ。生暖かい視線で見守っててあげる。温かいマクドナルドの店内から。

手渡されたA4コピーを見ると・・・内容がきちんとレイアウトされて書いてある。
Word・・・じゃないみたいね。なかなかきちんと・・・伝えたい意志を持っているみたいねえ。メンバーの中に。
仕事柄、カタログを一人で全部作ることもあるから、どうしても紙質とかレイアウトの方法に目がいっちゃうのだ。
手持ちのパソコンに入っていた「素人向けソフトウエア」じゃなくて、ちゃんとレイアウトソフトを使ったみたいね。フォントは汚いWindowsの物みたいだけど。文字の”ツメ”を考えてレイアウトできるメンバーがいるみたいだね。
なかなかやるなあ。下心で活動している感じじゃないぞ。がんばれ。

さて、いつも通り前振りがものすごく長かったけど、「書類」に繋がっているのだ。
今回のお題は、「渡されていた書類を見ていたはずなのに・・・」見落としがちなことが発生する「車検」のお話です。

日光4時間耐久E☆1 2010は、朝7時に開門です。
で、朝8時にドライバーズブリーフィングが行われるんでけど、その前までにくぐり抜けないといけない関門が一つ。
それは、「出走前点検」(車検)

N1車両ならではの注意点としては、「ゼッケンの処置」
通常貼っている自車のゼッケンを「隠す」処置が必要です。
当日主催者から渡されるゼッケンは、「ドア左右」用のみ。
当然、上手く工夫して、自分たちが普段使っているゼッケンNO.は隠さないといけません。
まあ、ウチの場合は・・・「粘着力がそんなに強くない」テープでオリジナルゼッケンNO.を隠してしまいます。
意外にコレが・・・時間がかかるんですよ。

通常の「ナンバー付き」車両の場合は・・・ホントはそんなに難しい点はないんですけどね。
周りを見渡していたらですねえ・・・皆さん意外な盲点が・・・

それは、「ライト周りの動作チェック」

係員さんに「はい。ブレーキ踏んで〜」なんて言われて、やってみると・・・
「あら?なんか点灯しないわよ。右側。んま〜!大変大変!」(だれ?)
なんてことが、複数の車両で発生していました。ありゃあ・・・

これ、対応策をとろうとすると、まあ、ガソリンスタンドに行けば、たいてい売っていますからね。ランプ。
と・こ・ろ・が。

以前も記事にしましたけど、日光サーキット周辺で朝7時に営業しているガソリンスタンドは限られているんです。
前日にチェックしておきましょう。各ランプ。ホントに意外な落とし穴なんですよね。

まあ、実のところ、今回の車検では、こんな「ランプ」なんて小さい小さい。っていう大騒ぎが起きていたんですよ。RX-7を持ち込んでいた彼らが。

なんか・・・朝7時からかなりの大手術を・・・決勝までに間に合うの?そのRX-7。
次の関門「ドライバーズブリーフィング」開始時刻が迫る!
彼らの運命はいかに?
ひょっとして、「朝、日光サーキットに到着した」ってだけで終わるのかあああ〜?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0