So-net無料ブログ作成

日光耐久レギュレーション改正のポイント [2010日光4時間耐久レースE☆1]

2010NIKKO.gif

がっかりな結果から一週間たってですね。オーナーの「いや、タイヤにトラブルを抱えながら、全車両の真ん中ぐらいで完走できたんだから、やっぱりみんなが力を合わせた結果だよ。」という言葉が、やっと受け入れられるようになってきました。
まあ・・・それでもねえ・・・競技中にいみじくも4thドライバーが言っていた「こんなんじゃ俺たち、Joy耐なんて夢の夢だよ。全然ダメじゃん。」というのはごもっとも。
全く準備ができていない。まだ訓練が必要だ。

さて、ビジネス用語の「PDCAサイクル」を展開しますよ。
まず、2010日光4時間耐久レースE☆1は、第二戦が4月17日開催に決定したということですから、そこに向かって、修正作業を行います。
大前提として、「もっと参加者募集。今回は昨年より台数が増えて20台だった。でも主催者さんは、30台まで受け入れだって。」ということで、「サーキット走ってみた〜い。でも、怖い。どうやったらいいかわからないし。」という人達(複数形ね。1チーム最低2名で組まないとこのイベントは走れないです。)を大募集。

まあ、実のところ・・・今回の「参加者20台も集まってくれちゃった。」は、いろいろなところに影響を及ぼしたんですけどね。競技役員さんも「もう、これぐらいで十分かなあ・・・」なんて言っていたんですけど。
私、営業なもんで。もっとたくさんの人にこのイベントを知ってもらいたい。

これ以上、台数が集まっても大丈夫です。きっとみんな「譲り合いの精神」を発揮してくれます。既にピットが狭く感じてきているんですけどね。
それともう一つ。
今回も「私、サーキット走るの初めて〜」という感じの参加者が複数いらっしゃいました。
でも、全然大丈夫。ほら、初めてスキーをやった頃って「周りの人がみんな上級者」に見えるでしょう?
あんな状態。大丈夫ですよ。一人、変なことをやっていても、周りの人達は気にせずバンバン抜いていきますから。
実際、朝のドライバーズブリーフィングから始まって、「みんな、マナーがいいなあ。」って感心させられた一日でした。まあ、最後の仮表彰式を除いてね。(表彰式の話は、またどこかで書きましょう。)
だから大丈夫。怖がらずに少しでも「サーキット走ってみたいなあ。」という人にぜひ、この大会に参加してもらいたいです。

さて、エビススーパー耐久の近辺と日光サーキットE☆1のあたりで急激にアクセスが増えるこのBlog。
(しかもイベント当日は、アクセス数が激減)
次戦(2010年4月17日)に向けて、「初めての日光耐久4時間レース」入門として、今一度記事を書いていきましょう。

今回は、「2009年のレギュレーションに対して、2010年版はなにが変わった?」

え〜とですね。てっきり2009年のレギュレーションがそのまま運用されると思っていたんですよ。250周から4時間に大枠が変わっても。
それでもいくつか変更点が出ていました。

1)エントリー費が30,000円/台に下がった
2)250周耐久から4時間耐久に変更
(価格が下がって、更にいっぱい走行できるようになったんですよ。奥さん!)
2)参加者みんなに賞品が出るようになった。(ということで、実のところ、上位と下位でそんなに賞品内容に開きがない。)
3)学生さんチームに向けて、特別賞品枠がある。
超豪華!ものすっごく役に立つ賞品です!全員がジ〜と見守る垂涎のアイテムでしたよ。)
4)代わりに「優勝チームは、次回無料ご招待」枠が無くなった。
5)集合時間は変わらず朝7時なんだけど、やっぱり解散時間が遅くなって、17時表彰式終了。
6)燃料補給のストップ義務時間に変更があった。(20Litter補給で4分停車。10Litterなら3分停車)
7)市販タイヤ・Sタイヤのクラス分けは撤廃された。
8)競技中のタイヤ交換は、「一本につき3分間停止」

その他の注意点は・・・・
何回かこのBlogで、「軽自動車以外、4点シートベルトを装備していれば出走可能」と書いてきていますが、オープンカーについては、ロールバー装着を求められます。
今回の大会でもNA型,NB型マツダ・ロードスターが出走してきていましたが、やはりがっちりしたロールバーを装備してきていました。

さてと、次回以降は・・・
当日のスケジュールに沿って、記事を書いていきましょうかね。
まずは集合時間必着と・・・
あと、どうせ着替えるんだから、自宅からレーシングスーツを着てこい。って話ですか。

 iTunes Store(Japan)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0