So-net無料ブログ作成

ECUのプログラムチェック [JAFダートトライアル地方選手権2009]

tukuba.gif
みなさん。ご自分の車にコンピューターが搭載されてるって事。知ってます?
結構おっきいんですよ。お弁当箱ぐらい。
Mac miniよりも大きな箱(深すぎる?)が車に搭載されているんですよ。
頑丈な金属ケースに入れられて。

車のエンジンをいじるとですね。どうも皆さん、その「ECU」っていうお弁当箱もいじってみたくなるようです。ええ。
それでですね。見つけちゃったんですよ。そのECUっていう箱の中身のプログラムをいじられる人を。ガレージオーナーが。

ちょいとね。ちょいとその方にEK4のプログラムを見てもらいたくって、静かな住宅地に持ち込んだんですよ。
丸和での練習会が終わった夜に。

Windowsのノートパソコンと、ECUに接続する為の変換器をEK4に配線してですね・・・・あれ?線をつないだ途端にアイドルがストップした。ん????

なんかデジャブっていうんですかね・・・・「なんかこういう状況って、過去も経験したよなあ〜仕事で。確か配線直後に電源が落ちたりするのって、その後、大変なトラブルになったような気がする」
なんて思いながら、まあ、疲れてましたからね。ボケ〜と運転席に座ってたんですよ。私。

あ、はいはい。もう一回エンジンスタートね。はい。ちゃんとかかったよ。
住宅地だから静かにね。静かに・・・・・
シュオオオオオ〜!!!!!
白煙がああああ〜!!!!!
家事だよ家事じゃなかった火事だよ火事っ!大変大変!!

ああ、いやいや。そんなに慌てなかったですよ。ガソリンに引火する火災じゃないですからね。
ECUとパソコンを接続する変換器ボックスから盛大に白煙が吹き上がるのを見届けて・・・ゆっくりKILLスイッチを切りました。

まあ、これでも電気屋ですからね。一秒間に地球も何周もする速度だって事を知ってます。電気。
もうこうなっちゃうと、何をやってもすべて手遅れ。

外付け機器を排除して、配線を復旧。エンジンスタート。・・・・・クランキングするばかりでかからない。
・・・・ガレージオーナーの顔を見ると・・・・まあ、平静は装っているけど、ちょっとまずいんだろう。
来週には、JAF地方選手権第6戦が迫ってる。

「また仲間が増えたな〜」って思いました。私。重苦しい雰囲気の中で。
本番車のECUを一週間前に燃やしちゃってまあ、ただで済むわけがないですよ。ようこそ。我がチームに。

プログラマーの彼が、自分のインテグラに搭載していたECUを剥がしてきてくれた。これも自分で中身をいじっているらしい。
これでかかるか?

キーを回す。すべての電装機器の作動をチェック。タコメーターがフルスケールまで動いて0位置へ。
インジケーター・オールグリーン。

クランキング開始。
かかるか?かかって欲しい。

かかった!バンバンバンバン!静かな住宅街に爆音が響き渡る。
信じられない思いでタコメーターを凝視していました。なんだ?このエンジン。
初代VTECインテグラに乗っていたことがあるけど、比べ物にならない。
とんでもない勢いで8000rpmまでタコメーターが跳ね上がる。

「おいっ!やめろよ。住宅街だぞ!ご近所が出てきちゃうよ!」

ああ、ごめんごめん。このEK4を上まで回すチャンスなんて、これまでなかったからさ。
とりあえず、このECUを借りて本番に出走するのね。はいはい。

で、ECUのせいじゃないないけど、成績急降下中のJAF地方選手権を無事に車を壊すことなく終えて・・・
持ち込んでみましたよ。ダートラC車両のEK4を筑波サーキットに。

プログラマーの彼から、ハイエンドスポーツラジアルもお借りして、EK4に装着。
助手席側には、ノートパソコンを搭載して、いざ発進!
ダートトライアルの会場より、サーキットの方が定常状態が作り出しやすいからね。
どう?うまくデータ取れてる?OK。よかったよかった。
画面を見ると・・・データの可視化ってすごいですよね。私だって「理論空燃比」って言葉は知ってる。
そこを基準に色が緑色になったり、赤くなったりしてる。お〜。

って、なんだかプログラマーの彼は、背を向けて一生懸命ノートパソコンと格闘を始めてる。あり?

「ねえ。次の走行迫ってるけど、EK4出すの?」
「ダートラとサーキット走行じゃ熱処理が全然違うんだよ。水温が120℃越えちゃうんだ。もうヤだ。」
「ヤだじゃなくて、もうちょっとデータ取らないとダメだろ。変更した結果の。」
「さっき、2ヘヤの進入でスピンしたんだよ。このダートラ用の柔らかい足で、サーキットは無理だって。」
「ダートに飛び出しちゃったって走れるだろう!この車はそっちの方が得意なんだから!」

時々記事で書いていますが、ダートトライアルとサーキットとの大きな違いって、「失敗できるかできないか」
なんです。
ダートラでワンミスすると壁に当たったりして、車が壊れてしまうけど、サーキットならまあ・・・・
スポンジバリアに飛び込んじゃうこともあるかも。
でも、そんなに大きな損傷にはならないです。
ここのところのガレージオーナーの成績急降下は、「車を壊しちゃいけない」っていう気持ちの方が
出てくるようになっちゃったと思うんですよね。「ワンミスしたら、次の大会に出場できない」という・・・

本当は、もっとたくさんEK4で走って欲しかったんだけど・・・・
しょうがない。んじゃ、EP82を出して・・・って・・・・
まだリヤ・ブレーキーシューの交換作業が終わってないんじゃん!ぬおおおお〜!やばい!急げ急げ!!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0