So-net無料ブログ作成

ダートトライアルのお手伝い [JAFダートトライアル地方選手権2009]

SHUPPATU.gif

皆さんおはようございます。
今、新潟県の三条市にいます。外はものすっごく真っ暗です。
あと30分ほどで、ダートトライアルの会場に移動を開始します。

なにをしにきているかというと・・・・
ガレージオーナーのお手伝いです。
JAFダートトライアル地方選手権クラスC。

作戦が開始されて、ただいま29時間が経過。
この間にわかった事は・・・・ガレージオーナーと私が二人揃って、「本気の競技」に出ると、雨が降る事。・・・・しかも土砂降り。
また雨です。しかも土砂降り。ええ、びちゃびちゃですよ。あんなことしたり、こんなことしたり。ってわけじゃないのに。

だいたい、金曜日の23時に自宅を出たところで、不吉な予感はあったんですよ。
だって、こんな時間なのにバス停にすごく若い女性がぽつん・・・・
既に横殴りで雨が降っている。そんな状況で、若い女性が一人でバス停???

髪が長い・・・・こっちに顔を向けてくれていません。っていうか、この状況下で怖い。
でも23時にいくら何でも「視えちゃいけない者」が堂々とご登場ってこともないだろう。

すごくすらっとした足が・・・なぜこの悪天候下にミニスカートなんだ。
とりあえず、アミアミ(網タイツ)じゃない。っと。ちっ。

ツンツン・・・・「はい?」


「傘、持ってますか?」
「持ってません。」(なんで持ってないんだ?家を今、出てきたんじゃないのか?)
「んじゃ、私が持っている折畳み傘をさしあげますよ。」

ものすっごく大きな荷物(だって、嵩張るレーシングスーツが入ってる)からゴソゴソ。

すごく喜ばれて、わざわざ駅でバスを降りる時にも振り返ってまでお礼を述べてくれた。
きちんとしている人みたいだけど・・・こんな時間にご出勤(?)かあ・・・大変だな。
なんて、その後ろ姿を見送りながら、「こりゃあ、まともな2日間は過ごせそうもないな。スタートの時点で、普通じゃない状況に出くわしちゃうなんて」
って思っていました。

案の定・・・金曜日の終電だから、覚悟はしていましたけどね。
ダイヤが乱れに乱れて・・・・
普通車グリーン席のプレミアム料金を払ったのに、席がない・・・
どころか、車両に乗り込むのに朝の通勤時間帯のように押し合いへし合い。ちょっと〜!!!

何とか集合場所の駅のロータリーには、到着する事ができて・・・

タクシー待ちの人々の前にEK4シビックを搭載したセーフティローダが登場。
「たぶん、この人たちは今、目の前にあるシビックが、生産時にはカタログにも掲載されていなかったエンジンに換装された特殊な車両なんだってことは・・・気がつかないんだろうなあ」
って、思いながら出発!

二人で交代しながら5時間かけて会場に到着。
6時半までなら、コースを歩いてもいいという事なので、早速歩いてみました。

・・・・こんな幅の狭いコースを踏むの?
しかも、レーストラックと違って、車両がZ軸方向に常に上下する状況で?

EK4を降ろして、ガレージオーナが練習走行を開始。
4本目に・・・・お車が壊れて、コースクローズになりました。私が見ている目の前で。

見ると右フロントのボルトが4本とも折れて、ホイールがばいいい〜んとおおおお〜!!!
やっとの思いで、セーフィティローダーにEK4を積載して、コースから脱出。

時計を見ると朝の八時半。
何しにきたんだろうね。俺達。
どうする?

なんか・・・・ガレージオーナーは、ご自宅に電話をしてる。
「ガレージ行って、パーツあるか見て。右フロントのハブ。」

あの〜・・・・電話の相手、奥様だよね。その言葉を全部理解しちゃうの?

どうやらパーツは、自宅にあるらしい。
・・・・戻って修理して、明日の6時までにまた会場に登場する?
う〜ん・・・・

な〜んて思っていたら、その会場にきていた人たちが助け船を出してくれました。
「修理工場の脇のスペースを貸してあげるから、自分たちで作業しな。新品パーツが在庫であるか、確認を取っておこう。」

全部そろいました。総額2000円の新品パーツ。
全部治して・・・って、結局、私はいつも通り、ほとんど手伝えないんですけどね。
何とか日没までに、全チェック完了。
ちゃんと走れる!がんばろう。決勝の会場に向かって出発!
(しっかし、ダートトライアルの皆さんって健康的だね。朝6時に集合っていったい・・・)

God gave me clear vision with LASIK プロサーファー 小川直久
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0