So-net無料ブログ作成

まさかの車検で「ご指摘事項」 [2008年12時間耐久]

oilfilter.gifさて、みんなで一生懸命整備したEP82。
本番前日の練習走行で「オレ達の車両が一番遅い」と、とっても打ちひしがれていたのですが・・・
(何にも知らなかったからね。元気いっぱいにエビスサーキットに乗り込んだんだけど・・・
あの練習走行を観るまでは、”ひょっとしたら・・・”って思っていた。)

それでも当日の朝、一つだけ自信があることがあったんです。
「オレ達の車両は、きちんと整備してある。最後まで走れるはずだ。」

それがですねえ・・・打ち砕かれる事態が発生。出走前から。

エビススーパー耐久の車両規則を読むと、他のサーキットでは
なかなかお目にかかれない項目があります。
2つね。
まあ、片方はどこかの機会で記事にするとして、出走前に必ず準備しておかないといけない事を
ここでは書きます。

その「出走前に必ず準備しておかないといけない事(しかも時間がかかる)」のは、
「バネや針金で落下防止措置をとらないといけない箇所」が車両規則に書かれています。

1)オイルゲージ(まあ、これはどこのサーキットでも書かれている)
2)オイルフィルターへのバンド留め
3)オイルドレンボルトの落下防止措置
4)オイルフィラーキャップ(エンジンにオイルを入れる時のキャップね)への落下防止措置
5)ブレーキフルード入り口へのインシロックによるバンド処置

面倒くさいなあっていいながらも処置を施していきました。施して・・・いったはずなんです。
見落とし項目があって、車検員さんにご指摘を受けました
それは、4)のオイルフィラーキャップへの落下防止措置。

・・・・エンジンルームの上側ですからね。「落下」ってことを全然考えつかなかった。
ご指摘を受けた時は・・・「ええっ!どうしよう・・・穴開け用のドリルは持ってきてないよ。
電動ドリル・・・今日は電気工事用の腰道具持ってきてないし。ってイヤイヤそうじゃない。」
とかってなってました。正直、頭の中では、
「・・・・出走できないって事?」とかって最悪のストーリーがズンズン展開中!

「ああ、今回はビニールテープでとにかくキャップを留めてくれればいいよ。」

よかった!というか、どうも周りの車に比べると、僕らはちゃっちゃと車検が終わりました。
車検員さん達が僕らの車両をパッと見て・・・指摘を受けたのは、このオイルフィラーキャップと
あ、それと「ブレーキフルードのところは、インシロックを2重で×締めしてくてください。」
と言われただけ。

他の車両はだいぶ1台づつ時間をかけて調べられていました。
多かったのは、「ゼッケンをドアに左右貼って」と言われて狼狽えているチームが多かった事。
ゼッケンの処置は・・・なにか課題が・・・あるんでしょうねえ。複数のチームが困惑していましたから。

僕たちはN1車両なので、普段からゼッケンを付けて走行しています。
今回も、「自分たちが普段付けているゼッケンをそのまま申請書に書いてみよう」と提出して・・・
特段問題なく通過しました。ゼッケン50。
なので、何も疑問を感じなかったんですけど・・・・

どうもナンバー付車両とかは、当日、あるいは前日の練習走行日に主催者からゼッケンを受け取ったようです。
その用意していただいたゼッケンが・・・・片側1枚だけ・・・だったってことなのかなあ?
なんだか結構な数のチームがゼッケン問題で揺れてましたもんね。車検の時間。

とりあえずよくわかったのは、「面倒くさいなあ。この車両規則。落下防止措置なんて他のサーキットでは
書かれていないんだから、とぼけちゃおうか」っていうのは、全く通りませんでした。
ホントよく見られてましたよ。経験値がこの車両規則を作っているんでしょうね。

【楽天トラベル】愛されて1億人突破!大感謝祭
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0