So-net無料ブログ作成
検索選択
モータースポーツでの宿泊地 ブログトップ

野沢温泉ってどんなところだった? [モータースポーツでの宿泊地]

090530-16301.gif

[温泉] ブログ村キーワードさて、今回から再び記事を書くブラウザーをSafariに戻しますよ。
バージョン4ね。β版だから・・・途中で記事が消滅しちゃうかも。ドキドキ・・・
ここ数ヶ月、Firefox3で書いていたんですけど、どうにも動作がのろいんですよね。
Safariに戻してちゃっちゃと書き込むことにします。

今回は、前回の宿泊地「野沢温泉」のお話です。
「まだ引っ張るのかよ」とかって言わないように。
たぶん、みんなのお役に立てますよ。

モーターランド野沢っていいところでしたよ。
施設が整っているだけじゃなくて、なんたって「宿泊地が温泉」なんですから。
「バスツアーで野沢温泉観光ってのがあったら、途中でこのモーターランド野沢にもぜひ寄ってもらいたいのに」って思ってたんですけどね。
よくよく考えたらダメでした。観光バスで、あの小さな集落は通過できない。
でも、「ダートトライアルを観に行こう」って誘っても「え〜・・・なにそれ?」っていう友達も
「たまたま温泉を入りに旅行に行ったら、泥んこの中で”組んずほぐれず”しているお車の集団を観ちゃった。」っていうストーリーなら、観に来てくれるかもしれません。ダートトライアル。

さて、じゃ、モーターランド野沢から野沢温泉に向かいましょう。
会場から、温泉地まで11kmほどあります。
のんびり走って・・・30分以内です。
この周辺には、コンビニエンスストアというとデイリーヤマザキしかなかったです。
それも、温泉地に一件と、会場から温泉地までの途中左側にある一件だけ。
すごく大事なことを書いていますからね。今。

ダートトライアルの会場で、ご飯や飲み物を入手することはすっごく難しいです。
特に今回は、「会場で唯一の自動販売機」を破壊工作してくれたお馬鹿さんがいます。
この「デイリーヤマザキ」が生命線なんですよ。モーターランド野沢では。
野沢温泉内のデイリーヤマザキは、営業時間が7時30分から22時まで。
・・・・だめじゃん。会場の集合時間は、朝7時前だよ。

と思っていたら、会場に向かう途中のデイリーヤマザキは、6時40分の時点で営業していました。
たぶん・・・ここの経営者の方は、大会のことを良くチェックしてくれているようです。
土曜日夕方にお伺いしたところ、「明日の大会に来たのか〜い?」と声をかけられました。
ま、営業時間のチェックの為に寄ったんですけど、ガラス戸には「営業時間 ?時から22時」
・・・・・何時から営業???

どうも大会があるかないかによって、営業開始時刻が変わるようです。
我々は少々不安があったので、野沢温泉側のデイリーヤマザキで日曜日の食料を調達してしまいました。

エビスサーキットでの耐久の時も不安になったのですが、問題になったのは「宿泊場所にセーフティーローダーを止めることができるのか?」

この野沢温泉の地は、セーフティローダーで徘徊するのは・・・ものすごく難しいです。
なにしろすれ違いができないぐらい道が狭い。
バスが通れる道をどんどん走って・・・・どんどん・・・・ドンドン?

・・・・行き止まりだよ。まずいよ。おい。今回の泊まる宿はどこなんだ????

って、途方に暮れていたら・・・なんのことはない。その場所でした。「ガストホフ シーハイル」さんです。
なんたって、一泊3700円ですよ!一人。
「ダブルベット」じゃなかった、「2段ベット」でなんかその・・・修学旅行を思い出しちゃいました。
セーフティローダーは、町の駐車場に止めることができました。

3700円・・・ってところに不安を感じられる方がいらっしゃるかもしれませんが、全然十分。
冷蔵庫や電気ポットがあったので、買ってきた食料の貯蔵も心配ありませんでしたし、何しろ僕らは
「朝5時半には出発していないといけない」人たち。
ダートトライアルは、とにかく朝が早いんです。宿の人たちにもお騒がせしたくないです。
まあ、弱点は?って言われると・・・SoftBank Mobileは電波が入りにくかったです。
あとWILLCOMも・・・いや、WILLCOMのほうは、町に出たら全然OKでした。

では、いよいよ本題の「野沢温泉」ってどんなところ?
っていうと・・・

シャア専用ザク 3倍早く入荷」って張り紙がされている場所でした。
え〜となんで今さら1stガンダム?時間が止まってるって事か???

なんてったって「生源泉」の地ですよ。
源泉って、「生」じゃないって事があるって事か!どうなんだ?ん〜???
とかって突っ込みはしないように。いろいろ事情があるんだろうからねえ・・・(遠い目)
ま、ほら、「生大福」みたいなものですよ。「大福って生だろ。もともと」みたいな。

やっぱりその・・・特異性がありました。生源泉の地、野沢温泉は。

3700円+晩ご飯代だけで過ごせてしまう地です。野沢温泉。
それは、「無料で入ることができる温泉が、10ヶ所以上も町の中に点在している」ためです。
こりゃいいや。っていうので、早速ガレージオーナーと二人で温泉に入りに行ったんですけど・・・

僕らは準備不足でした。

タオルだけ持っていったんじゃダメなんです。
石鹸とかも持ってかないとダメです。
というより、すっごく驚いたのが、「階段を開けてドアを開けるとその先は・・・皆さんお風呂に入っていた」

はい????

最初の一件目はすっごく首をかしげながら入りました。
だって、みんながお風呂に入っている前で服を脱がなきゃいけないんですよ。

????そんなにオレの着替えシーンが見たい?みんな?
確かにウエイトが・・・標準体重から+4%ぐらいまで増えてきちゃったけどね。近年。

すごく困惑・・・・試しにすぐに2件目にも入りに行ってみましたよ。
やっぱりおんなじ。

どうも、点在しているお風呂の構造は、みんな似たり寄ったりのようです。
さすがに途中で石鹸類を買い込みましたよ。
ちょっとカルチャーショックでした。他のどの温泉地でも体験したことがない入り方です。

ただ、その後、家に帰ってきてから不思議なことがあったんですよね。

「体が痛くない」んです。

実は、前回の新潟の時は、コースを歩くのがかったるかっただけじゃなくて、その後、数週間にわたって、胸や肩、それに右腕が物を掴もうとするたびに痛くなっていたんです。
「あれ、オレ、どうしちゃったんだろう???病院に行ったほうがいいのかな?」って思いながら、モーターランド野沢に入りました。

どうも・・・単なる・・・筋肉痛だったんですかね?
新潟と同じ作業を野沢でも繰り返したんですけど、どこも体が痛くならない・・・というより、痛みが消えてました。
すごく不思議。ガレージオーナーと一緒に転戦するようになって、体力がついてきた・・・それだけじゃないと思うんですよねえ。
なんかやっぱり「生源泉」には、力があるんですよ。きっと。
じゃらんnet全国の旅館・ホテル宿泊予約サイト【やど上手】楽天トラベル株式会社

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
モータースポーツでの宿泊地 ブログトップ