So-net無料ブログ作成
検索選択

AT用のエンジンを再搭載(始まりの回) [ノーマルエンジンへの換装]

春が来ましたよ。
あと数日で「新社会人」とか「新入生」とかの季節ですよ。
ただし、その前に「春が来るということは、別れの季節」なんです。

ここのところ、「なが〜くサラリーマン」をされてきた方々のお別れ会にお付き合いする日々です。
「人徳」という言葉そのものなんですかね。
人によっては、「いろいろな人たちから、繰り返しお別れ会」が開催されたりします。
で、私が付き人として、常に帯同。
なんで?

あ〜・・・いや、私の勤務する会社って、「55歳の時に60歳後のことを決めてね。60歳を迎えた後も、65歳まで勤務することは可能。で、業務に重要な特殊な能力を持っている方々は、その後も半年、あるいは1年ごと契約更新で、70歳まで勤務可能。」という会社なんです。

外人達にこの話をすると、ものすごくびっくりされる。
っていうか、「あなたは、この会社に20年以上も勤務してるのか?」って100%驚かれるどころか、親会社の私よりも若いメンバー(日本人)に「あなたがなんで、こんな会社にずっといるんですか?みんな、この会社に来る人は、過去に問題を起こした人たちだって思っています。」って、ズバッと言われたこともあるんだけどね。
あるいは、取引先の方々に「あなたは一体どこから来たんだ?」って良く聞かれる社会人生活だった。

ま、企業グループ内の子会社って、「人材受け入れ会社」の側面があるってことは、理解してる。

でも「問題を起こした人を送り込む会社」という解釈はどうかなあ・・って思うようになりました。歳をとったせいか。
「権力闘争に敗れて、過去、ものすごく偉かった人たち」のお相手をするようになって、まあ、相当な長い期間が経過。
そういう人たちって、決して過去のお話をしないんですよね。
「なぜ、この会社に来ることになったのか。」は、実は、そのきっかけを作った当事者(私ぐらいの年の人たち)から、直接聞くことが多いです。10年後ぐらいの・・・ずっと後になってね。

その当時の若い連中がしでかしたことを防波堤になって・・・というか、人身御供みたいになってうちの会社に来たって人が結構いらっしゃいます。

で、私が一緒に仕事をする期間がだいぶ長くなった後・・・私も少しわかるところがありましたよ。
「どうも、サラリーマンって、すごく偉くなってしまうよりも、特殊な技術を持っている人で、あんまり偉くなれなかった人の方が、長い期間勤務できるみたいだ。工学ができるってことは、なんてすごいんだろう。」

現役の頃、このおじいさん達を追い落とした人たちなんて、とっくに企業グループからは引退していて・・・それでも、このおじいさん達は、請われて勤務を続けてきた。
うちの会社を任期満了になっても、なおも周辺の会社から「週に1回か、2回でいいから出勤して欲しい。」なんて言われて。

「お前は、俺がここでやってきたことをいなくなったことを良いことに放り出しそうだから、内線が通じる場所から監視する。」とか言っちゃって、延々勤務されるんですよ。うちの会社を出た後も場所を変えて。

私も「通勤できる限りは、目が届く範囲で勤めていてください。で、くたばるときは、会社でくたばってね。葬儀は我々が準備しますから。独りでくたばられると厄介です。」なんて言ってました。
(過去、親会社の人たちから、”あなたは、あの人達と仕事をしていて怖くないのか?”って何度も聞かれることもあったんだけど・・・私にとっては、”いいおじいさん”だった。みんな。)

さすがに寄る年波には勝てなくなってきたみたいです。
「もう通勤にさあ・・・疲れたよ。ほんとに会社勤めってやつをやめることにしたよ。」
夕方、我が社に来てもらって、みんなとお別れ会を開いたときに最後の挨拶で、「半世紀近くの間、いいサラリーマン人生でした。」って言いきったときには、「へえ〜。別れの挨拶でそう言い切った人は、初めてだよ。」って驚いたけど、もっと驚くことが。

別の日、協力会社の皆さんとその方の「お別れ会」を開催したところ・・・
宴の最後で、「一番若いヤツから、送る言葉をどうぞ。」と振ったんだけど、あれ?
何だか話の途中で泣き出してしまって・・・その後、「私からも一言」って若い男性陣が次々と立ち上がって、みんな・・・なんで泣いてしまって、最後までちゃんと挨拶ができないんだ?あ〜ん?

若い連中が、泣きながらお別れの話をする会なんて初めてだよ。
え〜と、じゃ、22歳社会人2年目、Mayaを操作できる魔女よ。指名だ。だらしない男性陣に変わって、締めの挨拶をしてくれ。
「なんか・・・みんなの様子を見ていて、私この2年間、ダメだったなって思いました。明日から、心を入れ替えてこのプロジェクトを一生懸命やるようにします。」

あ、うん。ズバッと言ったね。そうなの?3D-CADを作りまくってくれて、だいぶ助かったんだけど、今までの力は100%じゃなかったの?

この「宴会の最後にみんなが泣いてしまう。」様子を見ていて・・・残念ながら、私は全く泣けなかった。
「今まで頼っていた人が、いよいよいなくなる。これからこの社会人数年の連中と共にやっていかなきゃいけない。うまく進むことができるだろうか・・・」
そればっかりですよ。なんかねえ・・・ほんとに自分が「おミドル様」なんだと認識する会になりました。歳をとったねえ。
自分は、このおじいさんぐらいの歳になったときに、みんなにこんなに頼られるようになってるのかね?
・・・・自分に不安。大丈夫かオレ。

さて、Blogと全然関係ないお話はおしまい。
今回も前振りが長かったねえ。しかも、ここから先の話にホントに全然関係ない。
今日の記事更新ここまででいい?

え〜と・・・どこまで書いたんだっけ?
そうそう。駆動系は一通りバラしてチェックが完了したんです。2013年Joy耐前に。
で、ドライブシャフトを再び車体に取り付ける前にフォークリフト修理係が「ABS付用ブレーキキャリパー」をオーバーホールしてくれました。
バラした結果、わかったことは・・・「シリンダーが摩耗して、ガタが出てる。」
どうも、ツインリンクもてぎに持ち込んだときに「ブレーキがグズグズ」って感じる原因は、ここだったみたいです。
シリンダーのシャフト側の問題じゃなくて、キャリパーの鋳物そのものが摩耗しちゃってる。
仕方がないので、また保管ガレージをゴソゴソ捜索して・・・結局、他に2セットバラしてもらったんだけど、どれも同じような傾向。
「その中で具合がいいモノ」で1セット組んでもらいました。
このあたりの写真が・・・撮ったハズなんだけど、みつけられない。
申し訳ない。
わかったことは、「キャリパーのオーバーホールのためには、ピストンを出すためにエアツールが必要。」ってこと。
・・・持ってない。コンプレッサー。
電源が必要なんだよね。コンプレッサーって。保管ガレージには、単相2線100Vしかないから無理。
あと、この作業の結果自体は、ツインリンクもてぎで確かめることはできなかった。私が全く乗り込まないまま、イベントが終了しちゃったからね。2013年は。

で、その「エンジンブローしてしまった4E-FEエンジン」をいよいよ換装・・・って思ったんだけど、その前に保管ガレージでホワイトボードを持ち出して打合せ開始。

出席者は、オーナー夫妻&私の3人。
これからの作業は、このトリオで進むことになります。
ま、その前に打合わせ・・・というか、会議ね。会議
なんたって、ネクタイ組ですから。なんでも「作業前に会議」大好きなんですよ。会議。(ひつこい)

さて、エンジンが壊れちゃったEP82を前にして、「これからどうする?」
選択肢は3つ。
1.自分たちで再びエンジンを組む。
2.プロにまかせて耐久用のエンジンを作ってもらう。幸い筑波サーキット近くにKMSさんがあることをこの数年で学んだ。
3.このボディは、18,000kmしか走行していなかったんだから、そのボディに搭載されていたAT用エンジンを再び載せる。全くなにもいじらず、そのまま。

2010年にエンジンブローした時に比べると悲壮感はないんです。まったく。
なんたって、「俺達には予備エンジンが2基もある。一度エンジンを組めたんだから、もう、なんだってできるぜ。」って感じ。
私は、「さて、もう一回みんなでエンジンを組もう。」って言ったんだけど・・・
オーナーから冷静に一言。

「2010年にエンジンが壊れてさ。それからって、毎年毎年整備に追われてるような気がしない?イベントの一ヶ月前ぐらいにやっと車両が走れるようになってさ。で、”とにかく動くようになった”ってだけでイベントに臨んでいるような気がしない?」

まあ・・・そう言われると、そうなんだよね。激しく。
練習時間がほとんど取れないから、何だか運転が下手になったような気がする。っていうか、「また壊れるんじゃないか?」って思うようになって、私は本気で踏めなくなったよ。ここ数年。

ふ〜む。

出した結論は、3。
「元々このボディに搭載されていた、走行距離18,000kmの4E-FEエンジンを全くいじらずにそのまま再び載せる。」

あまり走行していないエンジンだから、もう壊れることはないんじゃないか?という予想。
じゃあ、どんな作業をしなければいけないかも確認しておこう。
1.AT用のエンジンだから、マニュアルミッションにドッキングできるように作業する。
2.タイミングベルトだけは新品に交換しておく。他は一切いじらない。
3.パワーステアリングや、エアコンを外してしまっているから、それらに対応できるように配管をやり直す。

よし。じゃ、まずは、降ろしておいたエンジンから、AT用の部品を取りはずそう。
AT用エンジン.jpg
このエンジンのお尻についているまん丸いヤツを外さないと、クラッチを取り付けられないね。
「これ・・・なんか外から見ても、全くボルトとかないね。どうやって取り付けられているんだろう?」
「たぶん、エンジンに向かって、この丸いのが差し込まれてるんじゃない?きっと、バールでコジると外れるんだよ。」
「ふ〜ん。んじゃ、やってみようか。」
AT部外し作業.jpg
バールをこのまん丸のヤツと、ギザギザの薄いプレートの間に挟み込んで・・・・
ガコガコガコガコガコガコ・・・・
「交代。」
ガコガコガコガコガコガコ・・・・
「ふう・・・ハアハア。何だか体が火照ってくるわ。はい。交代。」
ガコガコガコガコガコガコ・・・・
「なんか・・・ホントに外れるのかなあ・・・汗がものすごいよ。はい。交代。」
ガコガコガコガコガコガコ・・・・

30分ほども古タイヤの上に載せた4E-FEエンジンと格闘する3人。全員汗だくだ。

ちょっと待ったああああ〜!なんかいくら何でもおかしいよ!外れてないような気がする。」
「そうかなあ・・・ほら、なんか隙間が広がってきたよ。もうすぐだよ。」
「いやいやいや。待て待て。なんか隙間からボルトが見える感じがする。秘密兵器を使おう。」
取り出したのは、超ロングレンチと

フッ素潤滑材

「いつもAE86レースの彼に”この車両は、全てのボルト、ナットがゆるゆるだ。”って言われていたでしょう?さすがにまずいなって思って、道具に頼ることにしたんだよ。この作業を始める前に事前に買っておいた。これなら、中に見えるボルトみたいなヤツにもかかるよ。」
おおっ!確かに隙間に見えるボルトが緩み始めた!
やったあああ〜!外すことができたぞ。この丸いヤツ。
外れた.jpg
点検してみると・・・薄いギザギザのプレート側から、ボルトで留められてた。
外したAT側.jpg
やったなあ。うまく外すことができたよ。と、そこにAE86レースの彼がやってきた。

「ねえ、もうこれでクラッチつけられるの?この薄いギザギザのヤツの上に」
外したエンジン側.jpg
「できないできない。それ、フライホイールじゃないから。全く別物。
「その歯がついた薄いプレートを外して、それからフライホイールを取り付けるんだよ。でも、その薄いプレートを外すの、難しいよ。ものすごく。」

え?そうなの?だって、白く見えてるボルト6本で留められてるだけじゃない。こんなの緩めるの簡単だよ。
「まあ・・・やってみな。1本も緩められないと思うよ。

ええ・・・もう、その言葉通りでした。
たった6本のボルトを緩めるのに涙涙の壮大な物語が・・・
たぶん次回、「脚本家のたまちい」が降りてこられるのは、GWのあたりだ。チャオ!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

2回目のフロントハブオーバーホール [EP82日常整備]

 
今も連絡を取り合う小学生の頃からの友達の家には、「F1の事が書かれた雑誌」が玄関口にうず高く積み上げられてた。
彼は、大きなお兄さん二人とお姉さんの4兄弟の末っ子で・・・確か一番大きなお兄さんは、社会人になっていたと思う。
いつも積み上げられている「AUTO SPORTS」という雑誌の表紙をちらっと見て・・・「車のレースを本で読んで、なにがおもしろいのかな?TVで見た方が全然おもしろいのに。」ってよく思っていた。
まさか10年近くが経過した後に、自分がその雑誌を買うことになるなんて思わずに。
あの積み上げられた雑誌の時代が・・・「第一次F1ブーム」の時代だったなんて知ったのは、ごく最近のこと。
自分たちの「アイルトン・セナと共にあったHonda専制時代」が最初のF1ブームだと思ってた。「それ以前。FISCOにF1がやってきた時代のことを描いた映画が制作されている。」と知ったのは、2012年だったか・・・「モータースポーツを映画にするなんて事は、まったく無理。記録映像としての単調な物になるか、”絶対にあり得ない展開の脚本てんこ盛り"とんでもムービーにしかならない。」と思い込んでいたんだけど・・・
全く違いました。「RUSH
「本当にあったことなんだ。」ということと「モータースポーツの安全性とは?」と強く考えさせられてしまう内容になっています。
はい、ついに100万PVを達成したこのBlogを読んでいるあなた!既に観たね?観ましたね?「RUSH」
絶対に映画館の大きなスクリーンと音響の世界で観ておくべき映画です。うちの近所の映画館は・・・なぜか日本語吹き替え版は、まったく上映していなかった。お客さんもパラパラ(号泣)
TVでは放映されることはないと思います。なんたって、お子様には刺激が強すぎる映像がてんこ盛り。(ハアハア)
え?「"RUSH"じゃなくて、今年は"永遠の0"だろ?普通。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・あれは、「人殺しのマシーンを題材に、お涙頂戴シーンてんこ盛りの金儲け主義映画」ですからね。
どうせ今年中にTVで放映されますし。
映画公開前に「原作読んでおけ。でも、通勤電車の中では、絶対に開くな。ホントに泣く。」と原作をトスって渡されましたけどね。なにか「平日の映画館で、上映終了後、壮年の男性の方々が立ち上がって拍手をした。自然に。」って言われたり、うちの親会社が制作に協力したとか。まあ、話題豊富な映画のようですけどねえ・・・
「AUTO SPORTSという雑誌がある。」ということを知ったあの頃・・・「ゼロ戦が飛ぶ」と父親がなんだか繰り返していて、家族総出で河川敷に向かった。「ゼロ戦ってなんだろう?」って思いながら。
全く興味がなかったんだけど・・・黒山の人だかりをかき分けて見た「プロペラ機」をひと目見て、衝撃を受けてしまったことを今でも良く覚えている。
「なんて格好いいんだろう!セスナと全く違う!これは飛行機なのか?」本当にそう思った。
「ゼロ戦は、堀越次郎という三菱の人が作った。」ということは、すぐに調べられた。教室の本棚に本が置いてあったから。(学校の図書館ではない。今考えると、確かに不思議な小学校だったのかも。他にも”戦艦武蔵の最後”とかが、各学年の教室に置いてあった。ベトナム戦争の写真集とかもね。)
その時代のことに興味を持って、どんどん調べるようになって数年後・・・母親にその時代がどんなに「生きることが困難だったか」を蕩蕩と話されてしまった。アメリカに戦争で負けたんだということも・・・(日本が戦争に負けたなんて事は、子供心にも信じられなかった。)
「人殺しの為に余計な装備を一切省いたマシーン」ということを全く感じず、ただひたすらその時代の機械を知りたがる息子が怖くなったのかもしれない。
その後、就職した会社は、最後まで全くその時代のことを話してくれなかった「特攻機乗りだったのに終戦日を迎えることができてしまった。」おじいさん(昨年大往生されました。)がいたり、毎年3月10日を迎えると、「君、今日はなんの日か知っているか?」と質問されるような所だった。
まあ、だからねえ・・・あの映画は、「21世紀の拝金主義が生み出したお涙頂戴映画」ですよ。私はそう思います。RUSHのほうが、よっぽど色々考えさせられるよ。みんな観に行け。もうすぐ上映終了だ。永遠の0は、ず〜と引っ張るだろうけど。
はい。じゃ、本題入りますよ。既に皆さんお疲れ気味?前振りが長くて。
先に宣言しておくと、「今回の記事は長い!写真と映像てんこ盛り」の回です。え〜と、アレだアレ。ここら辺で、いったん別のことした方がいいです。一気に読もうとせず。ひと月ぐらいかけて、ここから先の文章を読んでください。そんなに焦らなくて大丈夫。このBlogの次回更新は、来月だから。(断言。まだ3月に入ったばっかりなのに。)
今回のお題は、スターレットのフロントハブオーバーホールのお話。練習走行中にトラブルになってしまって、大ベテランドライバー様にハブを丸ごと一式借りたままになっていたからね。1セット作って、返却しなければいけない。
前回は、左右とも全てのパーツを新品で組んだんだけど・・・あ、部品一覧はこれね。
EP82HABBUHINICHIRAN.jpg
たった一年で捨てなければいけなくなったので、今回は諦めました。新品を再び買うのは。保管ガレージをゴソゴソ探して・・・出てきたよ。古いハブ。左右1セット。
え〜と、ここでまず宣言しておかなければいけないことがあります。2つ。
1つめは、「EP82はフロントディスクブレーキの大きさによって、ハブの大きさも違う。」ことです。「ABS付の大きなフロントブレーキキャリパーを装備したければ、ハブもブレーキロータもABS付品にしないと取り付けることができない。」です。
2つめは、「手作業だけでは、ハブバラシ作業はできない。」ことです。道具が必要になります。一つ目が、FWD車用ベアリングツール
それと「ハンドプレス」
どちらも持ってない・・・・ということで、再びフォークリフト修理係の元へ。
手順としては、大まかに3つ。
1)古いハブをバラす→2)洗浄&点検→3)使えそうであれば、新品ベアリング等を組み込んでいく
で、入り口の古いハブをバラす作業から、工具が必要になります。
箱の中身.jpg
工具のセットの仕方がわからん。
セット開始.jpg

セット完了.jpg

セットの仕方は説明できないんだけど、その後は、ラチェット用ソケットを使って、バラシ作業開始。
回し作業.jpg
作業完了後
ハブバラシ後.jpg
プレス機にかけて、なにかを抜いてた。
油圧プレスセット.jpg


その作業の結果がこの写真
プレス抜き作業後.jpg

同時に「ホイールを取り付けるためのボルト」も新品に交換してもらうことにした。なんたって、この第二次活動のきっかけは、「筑波サーキットを練習走行中にハブボルトがボリンってちぎれちゃって、たまたまその日、呼んでいたガレージオーナーがその交換作業をあっという間にやってみせた。」ところからだからね。
habunat.jpg
機会があるときに必ずハブボルトは、新品に交換しないといけないって思っていた。
「あ〜・・・そうなんですけど・・・このハブ、まだ一度もハブボルトを交換したことはないですよね?」
古いハブナット.jpg
なんで確認?
「ハブボルトの打ち替え作業は、1回限りです。そうしないと、はめ合い面にガタが出て、最悪の場合、ホイールそのものを外せなくなる最悪パターンになるので・・・」
あ、大丈夫大丈夫。これは、一度も打ち替え作業をしてないヤツだから。
ハンマーでバンバン、ボルトの頭を叩いていく。

で、ボルトを外した部品は、ハンマーを使ってさらに分離。

外した部品をヤスリがけする。(外周をガジガジしちゃったからね。)

ヤスリがけ後は、こんな感じ。
金やすり後.jpg

ブレーキクリーナを使って、洗浄をしながら良く点検。
洗浄作業.jpg

このバラしたワークがまだ使えることを確認後、新品ベアリングをプレス機で打ち込んでいく。

グリース塗り作業表面.jpg

グリース塗り作業裏側.jpg

ベアリングを入れ替えたワークは、「強力なクリップ」を挟み込むんだけど・・・なんだか熟練の腕を要求されてた。

新品のハブボルト打ち込み作業は、ハンマーで行う。

で、最後の作業が、この「ABSセンサー取り付け穴位置に対応した大きな丸いカバー」をとりつけること。(銀色のヤツね)
アンチロック穴.jpg

慎重に位置決めをして・・・
カバー叩き.jpg
叩き作業開始

できあがった物を大ベテランドライバー様に渡して、返却完了・・・って思ったら・・・
この件、後日談があるんです。
一式を渡してしばらく経った後、「ABS無しから、ABS付キャリパーへの交換終わりましたか?もし、まだだったら手伝いましょうか?」と声がけしたところ・・・

「返却してもらったハブ一式なんだけどさあ・・・取り付けられなかったんだよ。」

へ?(そんなわけはない・・・・ちゃんと”ABS付”用でパーツ一式用意したんだから。)

どうも・・・あの最後の「銀色の輪っか」が問題だったようです。
「手持ちのドライブシャフトを使って、確実に入れ込むことができなかったんだよ。結局、ABSなし用のカバーを新規に買ってきて、交換したらちゃんとドライブシャフトも入れることができたんだ。」

?????

たぶん・・・あの筑波サーキット練習走行時にトラブルを発生した後、夜までかかってしまったハブの交換作業と同じ事を大ベテランドライバー様に体験させてしまったようです。

どうもですねえ・・・「持っているドライブシャフトがMT用なのかAT用なのか?」というのも「交換がすんなり成功するか?」の条件になっているみたいです。
よく・・・わかってないです。「ABS付、ABS無しでパーツ番号が変わる」&「どうもAT用とMT用でなにかドライブシャフトに違いがあるようだ」という推測しかできていません。申し訳ない。

NOK イソフレックス ISOFLEX TOPAS NB 52 転がり軸受用潤滑剤 合成炭化水素油グリース 1kg缶

NOK イソフレックス ISOFLEX TOPAS NB 52 転がり軸受用潤滑剤 合成炭化水素油グリース 1kg缶