So-net無料ブログ作成
検索選択

TECHNO MEISTERで競技用マフラーを作ってもらいました [スターレットをN1車両化]

 

やっちまいましたよ。この2週間、Mac&デジカメのSDHC Class10カードと格闘していました。
結論は・・・3種類の有償ソフトウエアを購入して・・・復旧できなかった。誤って消去してしまった画像データ。あ〜あ。

普段だったら、気にも留めないんですけどね。デジカメのデータなんて。
ただ、今回ばっかりは・・・
大学時代からの友人に誘われて、お花見に行ったんですよ。
その家の子供達と一日遊んだ様子とか、最後に彼が買ったばかでかいおうち(蔵&防風林付)を撮影して帰ってきたんだけど・・・
iPhotoのフォトブックを作ってあげようと思って、Macに取り込んだ・・・・ハズなんです。実験二日目の朝、始発で会社に出発するドタバタの中で。

・・・・なにか、Macの操作を間違えたらしい。
HDDそのものまでデータ復旧ソフトウエアでさらってみたんだけど・・・どうもデータそのものがMacに取り込まれていない状態だったみたい。
よくよく思い出してみると・・・もう、HDD残り容量が25GBを切っていたので、「節約節約」と思って、こまめに「ゴミ箱を空に」ってやっちゃっていたんだよね。
iPhotoから取り込んだ後、操作を間違って「ゴミ箱を空に」としたか・・・あるいは、「取り込みますか?」と出てきたところで、「いいえ」とやってしまっていたか。はあ・・・

普段だと、デジカメのメモリーカードデータなんて、そうそう頻繁に消さないです。
ただねえ・・・今回は、4日間の実験の中で、8GBのメモリーカードが一杯になっちゃって・・・その数枚の写真すら、消さないと「実験試料0mm撮影」ができなかったんだよね。

思い出すら消してしまったその実験は・・・非常に上々の結果だった。ここまで、「一体、俺達がやってるこの実験って・・・ほんとに製品化できるのかな?」って何度も思わされたけど・・・うまくいったぞ。これで世の中に発表できる。

と思ったら。ものすっごく大変な事態が。
商品発表決裁を親会社にお伺いに行ったうちの社長が、大激怒されて帰ってきた。
どうも・・・「他の会社と組んで、特許を取るような商品開発を子会社が行っていた。親会社のリソースを使って。」っていうところに驚かれてしまったらしい。

ははあ・・・やっとわかったよ。
この20年ほど、自腹でいろいろな案件の特許審査を行ってきて、いざ、本登録をしようとすると歴代の上層部がことごとく握りつぶしてきた理由が。
それをやっちゃうと、親会社の説得が大変なんだ。今、初めて知ったよ。

「お前が言っていることは、先走りすぎていて、言われた時にはついて行けないんだ。なにを言っているのか、全くわからない。」
「なのに、だいぶ経ってから、”ああ、アレのことか”って思うことが多いんだよなあ。理解してもらうのは難しいと思うぞ。個性的すぎて。上司が心が広い人だったら、受け止めてくれるかもしれないけど。」
って、日韓ワールドカップの頃に親会社の人たちに言われてた。

あれから10年が経過するけど・・・俺は全く進歩していなかったってことか?

結局、数日後、「うちの社長が交代」になりました。即日交代です。親会社から替わりの人員が送り込まれてきた。あはは〜。やっちまった。さすがに想像を超えていたわ。今回ばっかりは。

ま、たくさんの人に迷惑を掛けながら、それでも前進するんですよ。「みんなで作ったこの品物は、世の中の役に立つ。絶対に。」って信じているもんで。
会社の人たちは、知らない。(親会社も含めて)
後発で取り扱いを始めた製品群で、日本市場3位の大きな会社(誰もが知っている会社)を事業撤退に追い込み、シェアNO1に引き上げた人間が、「新しいオモチャ」を手に入れようとしていることを。
発表にたどり着いたら、世界中の同業者を跪かせてやる。「毎年、命を落としたり、財産が奪われる人たちがいるのに、机の下で手を握り合って”嘘つきの国際規格”で、消費者を騙してきたな。オレ様が成敗してやる」

ま、競技の世界に生きる人間の本性です。
さて、じゃ、その「競技」の方の話しに行きますよ。今回の本題です。「5万円のスターレットをN1競技車両化」の最終回。
「競技用マフラー」のお話です。

実は、2010年に初めてJoy耐を見学した時から気になっていたんですよ。
「Joy耐の騒音規制ってどうなっているんだ?サーキットの自主規制値・・・どころか、JAFの競技車両規則もオーバーしている車両が走っているよね。明らかに。」

今年の「Mini Joy耐」は、全車規制値以下だったと思うんですけど。(やっとね。)

筑波サーキットや、袖ヶ浦はものすごく厳しいです。騒音規制厳守を求められます。日光サーキットだって・・・かわいそうに、コース上そのものでは、騒音規制値を下回っていても、コースに入ってくるまでの公道マナーの問題なのか、もめ事に巻き込まれているって聞いています。

ま、そのような「年々厳しくなる音量規制(だいたいが105dB以下)」を気にしてなのか、今回の「5万円のスターレットN1競技車両化」作業の中で、オーナーが「マフラーを新しく作る。」って言い出してですねえ・・・(遠い目)

「お金かかるじゃん。今まで使っていたマフラーを移植すればいいでしょ?」
「い〜や。今回の車両は、ノーマルの部品をできるだけ使うだけじゃなくて、”もう、毎回毎回車検でドキドキしない。”がテーマなんだから、”きっちりJAF競技車両規則”に則った車両を作るべきだ。」
とうとうと議論ですよ。

「マフラーがらみで規則違反なんてしてないだろ?だいたい、この車両は静かすぎるぐらいだぞ。」って私は思っていたんだけど、オーナーからは、具体的な指摘事項が。
これ。
MAFRA.jpg
いや、別に・・・2007年暮れにオーナーが前車両を引っ張ってきた時から、こうなっていたでしょ?FISCO(現FSW)仕様ってことで。

どこが変なのよ?
「これ、マフラーを出すためにバンパーのところに切り欠きが入ってるでしょ。N1規定の”外装に変更を加えてはならない”って項目に違反してる。」

・・・・・”マフラーを後方に出すこと”だけが規定されているんじゃなかったっけ?
結局、ラジエター周りのパーツや、シートベルトの件で、「溶接熟練者」に頼み事をしなければいけなくなった段階で、私が折れることにしました。
一通り、溶接作業全般をいっぺんにやってもらおう。

マフラーの件で私が抵抗した理由はですねえ・・・実は、この「N1競技車両化」を始めた当初から思っていたことがあって・・・
「N1車両で、最も深遠な世界はマフラー」って思っています。私。
「いや、ECUだろ?速さに直結するのは」って言う人も当然いらっしゃるとは思うんですけど・・・
私、FAの世界で生産ライン丸々1本をプログラムするようなこともやっていたので、「ソフトウエアは、ハードウエアを超えられない。」って思っています。
「ハードウエアをよりうまく動かす」ことをソフトウエアは、容易にやってのけるんですけど、あくまでも「ハードウエアが持っている器」の中の話なんですよね。

今回の私達のエンジンは・・・「ネクタイ組が二人で組み上げたエンジン」
無いな。ECUに金をかける必要は。それどころか、それをやったらすぐに壊れそうだ。

で、JAFの競技規則の中でのN1用マフラーは・・・
1)まずは、先述の通り「車体の後方に排気口を出すこと。その位置は定められた場所にあること。」
2)エキゾーストマニホールドは、ノーマルのまま
EXZOST.jpg
3)触媒は取り外すことも可能(年式によって制限項目がある)
SHOKUBAI.jpg
4)騒音規制を満たすサイレンサーを取り付けること
SAIRENSER.jpg
これだけです。
私は、JAF競技車両規則を何度も読み返して・・・「まいったなあ。魔窟に手を突っ込むのか。」って思ってました。
相当腕の立つ職人さんを探さないと・・・って思ったら、フォークリフト修理係が紹介してくれました。

といっても、紹介してくれたからって、すぐに車を持ち込んだわけじゃないんですけどね。
なにしろ私のチェック項目は、「JAF公認競技をしていたことがあるか?」「人は話してみないとわからない。」等々、厳しいんですよ。飛び込み営業で、お金の回収も日々行っている人間ですから。

何度かお話をさせていただいてから、EP82を持ち込みました。
経営者の方も作業の現場の方々も過去、スターレットで競技を行っていた人たちなんですね。

さて、「N1のマフラー?ただのステンのパイプを車体の後方に伸ばすだけだろう?なにを小難しく言ってるんだ?」って思っている人たちは、まだまだだなあ。
「勝つためのマフラー」とは、どういうものか。
ちょびっと紹介。

いいですか?N1規定で制限されている項目は、上記1)から4)であることを再度確認しておいてね。

まずは、フロア下を流れる空気をできるだけ阻害しないように異形断面構造化。
コレクター部は、精密鋳造法で薄肉化。
テールは、軽量化を追求して、極薄のインコネル625材をハイドロフォーミング加工し、エンジン回転に合わせたパイプの長さと径をチューニングしたレゾ・・・・おっと。危ない。このあたりは喋りすぎだ。

完成したマフラーの写真は、これだっ!
って、いつもだと出すんだけど・・・・
今回ばっかりは無理。
見る人が観れば、解放端の形状を観ただけで、なにを狙っているかわかってしまうらしいので。
排気を吹き出す位置も後輪が乱す空気流を活用する意味で、重要なので・・・大変申し訳ない。後半は、写真が全くなくて。

え?「オマエら・・・たかがN1のマフラーにそんなに金をかけちゃったのか?」って?

ふう・・・まだまだだな。このBlogの読者として。画面の前でそんな独り言を言っているようじゃ。

知らないのかね?このもうすぐ80万PVのBlogが「車Blog界の虚構新聞」と呼ばれていることを!
信じるか、信じないかはあなた次第です!

水温計と油圧計の取付はきちんと作業しないと、とっても大変なことに [スターレットをN1車両化]

リンク: 今季初得点の磐田・前田「デスゴール? 浦和なら大丈夫だと思う」 - 速報:@niftyニュース

発動しましたねえ。「呪い」
実は、今シーズンが始まる前から「そうなるんじゃないかな?」って思ってました。浦和VS磐田戦。
我がチームは、過去、いろいろな「ダメな記録」を提供してきましたからね。
最終節で「今日、このJ2落ちが確定しているチームに勝てばJ1優勝!」って場面で負けてみたり。
なので、「おそらく2013年最初の前田選手被弾は、浦和戦」になるだろうって、思ってました。
たぶん、これで呪いは解けたんですよ。
それどころか、来年からは「シーズンの一番最初に前田選手のゴールをもらうと、そのチームは優勝ができる。Come on!前田!ゴール前はガラ空きだぜっ!」ってなっちゃうかも。

呪いをスルーできて既に喜んでいるチームが一つあります。我がチームと同じ市に所属する天敵。
ええ、いつも勝たせてくれないあのチームですよ。ほんとに難敵です。
彼らは、前田選手に被弾せずに1戦凌ぎましたからね。既に。それどころか・・・・
私、実は最終節近くまで、優勝争いするのでは?って思っています。今年の大宮

実は、ここ数年のJ1には傾向があって・・・・
「開幕5戦で0敗のチームが優勝争いをする。(実際に優勝する)」
横浜・浦和・大宮でした。今年の開幕5戦が終わって。

え?気が早い?まだ5戦終わっただけ?
いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいや(ひつこい)
あの無礼な輩がいまだにたくさんいる「日本で一番大きなサッカー専用スタジアム」のあのチームより、よっぽどマシだって。
さあっ!行こう!大宮アルティージャの試合を観に!

あ、私?
赤い方に座ってます。ええ。
Jリーグが始まって以来、買い続けていたシーズンチケットを2010年一杯で取りやめましたけどね。おミドル様になると、経営にだいぶ関心が高まるんですよ。
あのおかしな現経営陣にオレ様の大事な金は渡せねえ。ADVAN A050が3セット買えちまうぜ。」

はい。本題。
「5万円のスターレットをN1車両化」のお話は、あと一回で終わりにしようと思っていたのですが、追加で今回お話を入れます。
今回のお題は、「追加メータの取付作業って、とっても大事。俺達、赤旗事件起こしちゃった。」のお話。

あんまりみっともないので、スルーしようと思っていたんですけどね。
なんだか、このBlogを観て実際に作業に取りかかってくれている人を知っちゃうとね。
俄然、正義感(?)に燃えてきましたよ!
「俺達のこのダメダメ作業を他の人たちに伝染させないように!」
がんばれ俺。じゃなかった、がんばれ「脚本家のたまちい」様!
いくぜっ!ものすっごく重要な記事!
あんな格好や、こんな格好の恥ずかしい写真もおっぴろげだああああ〜!

え〜と、まずですね。我々が制作した「5万円のN1車両」は、大方針があります。
「レギュレーションで義務づけられた競技用パーツ以外は、極力純正品を使うこと。耐久レースを走りきるために。」

ということで、メーター類も全部ノーマルです。車内のデジタル時計もちゃんと残っています。(ブロアー設置しちゃって、全く見えなくなったんだけど。)

ただ、なんだかみんなが「少なくとも水温計と油圧計は付けておいた方がいい」ってしつこいもんで・・・
「別に純正の水温計がついてるからいいじゃない。」って、ブツブツ言いながら私が取り付けした水温計が・・・
大事件を引き起こしたんです。
sidetome.jpg

あ、まずごめんなさい。油圧計の方は、いっくら写真を探しても取り付け部の写真が出てこなかった。
エンジンブロックを眺め回してもらうと、「ネジが切られた穴」があります。
そこに突っ込んでください。油圧計。これはそんなに難しくないです。

それと、私達は「機械式の追加メータ」を探し回りました。
もう、日本メーカ製では売ってないんですね。機械式メータって。
取付のセンサー部がごっついし、重いし・・・まあ、電子化が当たり前の流れだとは思うんですけど・・・
「断線」するんです。電子式。競技車両のその振動のせいで。ほんとに。
対TTC1400制圧用車両の方はだいぶ悩まされました。
meter.jpg
さて、探してきた機械式メータがちゃんと作動するのか確認。
ondokei.jpg

あ、そうそう。これらの作業の前に準備するものは、以下のものになります。
1)機械式のメータ
2)ホースカッター
(STRAIGHT/ストレート) ホースカッター 19-269

(STRAIGHT/ストレート) ホースカッター 19-269

  • 出版社/メーカー: (TOOL COMPANY STRAIGHT) ツールカンパニーストレート
  • メディア: その他
3)ちゃんと切れるニッパー
4)基準用温度計

動作(誤差)確認後、ラジエターホースを切って、センサー部取付です。
ほんとは、ホースなんて切りたくないです。うまくラジエターのところのセンサー穴に入れられればね。
lajietersenser.jpg

今回のセンサーは無理でした。機械式ででっかいから。
ラジエターをよく見ると・・・上側の短いホースと下側からエンジンに入る長いホースがある。
・・・・上側のホースだと、センサーがボンネットにぶつかりそうだから、長い方のホースに入れよう。
longhose.jpg

って、その前にやることが・・・
この「サーモスタットが入っている部分」の配管処理が大問題だった。
sermo.jpg

まず、古いサーモスタットを交換。
sermotorihazushi.jpg

ええ、当然「ノーマル」ですよ。サーモスタットも。なんの疑問もなく。
で、この「口」にホースを突っ込もうとしたところ・・・・大問題発覚。
samoside.jpg
このユニットの先の部分・・・ホースが取り付けられるようになっているんだけど・・・
そのホースって????

あの車内のでっかいユニットに向かっていたんだ。
あれ、ヒーター(暖房)ユニットだったんだ。エンジンで暖められたお湯が車内に入っていたんだね。
・・・・あれ、外しちゃったよ。軽量化のために。
・・・・ホースの持っていき場がない。どうしよう・・・・
お湯をバケツにジャバジャバ流し・・・無理無理無理。
冷却水が循環しなくなっちゃって、せっかく組んだエンジンが壊れるよ。

結局、マフラーを作ってもらった時に、シートベルトのプレートを溶接してもらうだけじゃなくて、この穴も封印してもらいました。
samoshomen (1).jpg

このサーモスタットユニットがねえ・・・写真のヤツは、MT用ですけど、AT用と形状が違って・・・
samoshomen.jpg

ラジエターホースの品番が変わるんです。
結局、何本も買うハメになりました。ラジエター自体が謎アイテムだったせいもあって。

さて、じゃ、長い方のホースをジョキッと切って。
shirototorituke.jpg

はい。一丁上がり。
外したバンドとセンサーを取り付けて完了だ。

はい。この写真をみんな、よ〜く覚えておいてね。

この状態で連続走行を開始するとどうなるか・・・・
「筑波サーキット25分の練習枠のうち、20分間赤旗封鎖事件」を引き起こしました。私達。

ポスト員の皆さんって、ほんとによく見てるんですね。
ある日の練習走行。
「珍しいなあ。スポーツ走行で赤旗だよ。良くファミリー走行じゃやらかしてるけど。誰だよ。ダメだなあ。
・・・・・全車ピット前に整列・・・・うちの車両が戻ってこないぞ。?????
ひょっとして、赤旗の原因って、俺達?あ、戻ってきた。ちゃんと自走してるじゃん。遅いなあ。

なんか・・・後ろから係員さん達がバラバラ追っかけてる。????なんだ?いったい?
「それッ!エンジン止めな!何か漏れてる!」
へ?
ボンネットを開けると・・・明らかに水蒸気!真っ白だ!エンジン停止!
「2ヘアピンのポスト員が気がついたんだよ。大量になにかをばらまいて・・・そのまま最終コーナーに向かっちゃったでしょう?」
ドライバーに話を聞くと、「最終コーナーで内側に向かって、いきなりスピンしたんだ。ほんとに全損させるかと思った。ガードレールギリギリで止まってくれたんだ。意味がわからない。只のスピンなのにすぐに赤旗が出たんだよ。」
?????

なんで水蒸気が出てるんだ?だって、純正水温計は正常値を示してるぞ。
もう一回エンジンをかけてみる。かかっちゃうし。????
オーナーが冷静に一言。「なんか、追加メータのほう、水温が0を示してる。」
う〜ん????なんか・・・純正水温計も・・・どんどん・・・振り切る????

「エンジン止めて!たぶん、追加メータのところでホースが外れてるんだ!」
そう言われてもよくわからない。だって、ホースはちゃんと刺さってるみたいよ。ラジエターに。
まあ、とにかくエンジンを止めて・・・
よくよく確認してみると・・・・ほんとだった。
「追加メータセンサーのところでホースがすっぽ抜けてる」状態だった。
私が行った作業だ。全部。

だって、これしか取り付ける方法ないじゃん。しかも、これでちょっとJoy耐も本戦も走り切れたんだよ。
あ・・・・・
意味わかっちゃった。これだったのか。あのプロが作った対TTC1400制圧用車両の水温センサーの取付かた。
電子式水温計だから、変な取り付け方をしているんだと思ったけど・・・そうじゃないんだ。

はい。ここからが対策方法。
みんな、これまでの(長い)文章飛ばしてもいいから、ここから先の作業を真似してね。
3つポイントがあるんだ。
1)追加メータは、ホースの短い方に入れる。長い方に入れると、センサーの重さでブラブラするのと、長い側は、「ラジエターで冷やされた水がエンジンに戻る」方なんだって。正確な水温をはかろうと思ったら、「エンジンからラジエターに戻る側」にセンサーを置くべきなんだってさ。

2)ホースバンドは、とにかく純正の新品を使用すること
clip (1).jpg

純正品番 90467-31003 220円/個
古いヤツに比べると、黒色でピンク色の金具がついている。格好いいなあ。これ、なんだろう?

あ、え〜と、心臓に悪いので、2部制にしました。勇気がある人は、再生してみてください。ただし、音を小さくして、目を背けた方がいいかも。

意味がわからなくて、もう一つ同じ事を繰り返して・・・やっと使い方がわかったよ。これ。
「ホースに突っ込んでから、ピンク色の部品を取り外す」
ものなんです。
安全メガネをしていなかったからね。目に当たらなくて良かった。

2)ホースは、しっかりセンサージグに差し込むこと
いや、ちゃんと私だって、しっかり差し込んでいたよ。
練習用に古いホースを準備。
hosesetudanmae.jpg

ジョキッと切って、突っ込んでみる。
setudankaritorituke.jpg

状況はなにも変わらないぞ。
プロの車両をよ〜く、観察して、真似してみよう。
kirikomiue.jpg
ふむふむ。
ニッパーでとにかくこのセンサージグに沿った形に切っていくらしい。
kirikomimigi.jpg

できた!
kirikomigo.jpg

そういうことか。
これなら、もう、ホースが外れることはないよ。
「お金をいただくプロの仕事」ってすごいねえ。