So-net無料ブログ作成

FIAロールバーパッドとウインドウネットを取り付け [スターレットをN1車両化]

小説を読んでいます。ま、年末のお休みに入りましたしね。
「あなたが過去1年間やってきたことを記述しなさい」っていう論文だったんですよ。A4版5ページ。
「・・・・オレ様の1年をA4版たった5枚?」
ああ、ちゃんとルールは守りましたよ。5枚にまとめて締め切り前に提出。
読んだ上役衆全員が、「いや・・・これ・・・目が痛い。行数制限って無かったんだっけ?このままじゃ落ちる。絶対読んでくれないって。試験官が。」
「レギュレーションの網をいかにかいくぐるかでしょう?A4版5枚で、行数制限がないんだから、Wordの13ページを5ページに圧縮することは、こうやってできるんですよ。Windowsの汚いフォントで読もうとするから、目が痛くなるんじゃないですかね?」
「いや、ほんとに直して。このままじゃほんとに落ちるって。よっぽど目が良くないと読まない。」
そのまんま突っ込んでいったところ・・・ほんとに落ちました。2次試験。
・・・なんだあ。試験官みんな、目が悪かったんだ。(問題はそこじゃないと思うぞ。)

2次試験も通過した人たち(昨年も突破したんだけど、その後の3次試験で落ちた人たち)から、
「ま、これで正月はゆっくり休めるだろ?たすきを渡す競技をやってるんだったら、この本でも読んでな。車と陸上じゃ、だいぶ違うかもしれないけど、思うところはあるはずだから。」
って渡された本を読んでいます。
「う〜ん・・・私は、実用的な本しか読まないんだけどな。確率論とか統計学とか・・・」って思いながら引き取ったんですけど・・・
おもしろいです。すごく。この本。
「陸上を全くやったことがない10人を集めて、箱根駅伝を目指す。」という、少しでも陸上競技をやった人なら、「夢だって。そんなことできるわけがない。」っていう、も〜ほんとに「はあ?」っていう出だしからスタートする小説。

まあ、たまにはこんな「夢物語」もいいかもしれないですね。結構気分が良くなる本です。これ。
さて、「2008年の段階では、夢のお話だった。」ことを現実にする作業を行っています。EP82N1化作業。
今回のテーマは、「ロールバーパッドとウインドウネットの固定」のお話。

FIAのGr.N車両とJAF規定はほぼ同じだろうと思って。(その時点で国内競技車両規則の最新版がまだ印刷されていなかった。)

通勤電車の中で、一通り全部読んだんですけど・・・全然違うんですね。FIA Gr.NとJAF N1競技規定って。
「世界中の公道を走るナンバー付き最速マシン」(WRCカー)を定義するFIA規定と「モータースポーツの初めの一歩」を定義するJAF N1規定では違って当然なんだけど、ほぼ参考にならないぐらい全然別物だった。

その中でも少し役に立つ情報を仕入れることができましたよ。
FIA Gr.N車両では、「ロールバーパッドにもFIA規定があるものを使用すること」となっています。
FIA8857-2001規定のロールバーパッドという物が売っているんだそうです。
早速探して取り付けることにしました。

みんなには、「こんな大げさなロールバーパッドなんて・・・つける必要ないよ。」って言われちゃったんだけど・・・
とにかく車両側でできることは全部やっておこうって思いました。
我々は「セーフティーカー出走中に前走車両に追突してしまう」という大事件を起こしてしまったんですけど、その後に確認すると、4点式シートベルトを装着していたのにもかかわらず、ヘルメットシールドが割れていました。

おそらくハンドルに打ち付けていたんだと思うんですけど・・・それを知ってしまうとね。おそらくロールバーにも頭を当てることがあるだろう。と。
買って良かったと思います。ものすごく分厚いロールバーパッドです。

bargaikan.jpg

小さなスターレットでは、長さ900mm1本で十分でした。
標準で取り付けられている両面テープを使ってぺたぺたロールバーに貼っていくだけなんですけど・・・
bargaikan2.jpg

なんかね。
両面テープは、「超強力」ってやつを文房具店で買ってきて、さらに上から貼り付けただけでなく、結局、黒いインシュロックで縛りました。
RALLGAGECABAR.jpg

だって、万が一、走行中に落ちてきちゃったりしたら、目も当てられないでしょ?
900mmの長さで、サイドバーにも貼り付けできます。
RALLGAGECABARSIDE.jpg

で、無事に終了。って思って、練習走行を開始したんだけど・・・
背が高いメンバーから苦情が出ました。
「走行後に頭が痛くなる。これ、ロールバーパッドが分厚いから、当たってるんじゃない?メットに。」
そんなことないだろう?って思いながら、私がドライブ。
なんたって私は座高が高いんですよ。「身長170cmの私は、身長180cmの弟と座高が全く同じ」人ですから。
私が問題なければ、全員問題ないはずだ・・・って思っていたんですけど・・・ほんとに頭が痛い。

仕方が無いので、頭が当たりそうなところだけ、「普通のロールバーパッド」に変更しました。

夏でも窓を開けられるようにウインドウネットを装備。
今までは、どうしても下側がプラプラしてしまったんです。上側はロールバーを利用して固定できていたんですけど。
これ、シュロスのウインドウネットだったら、そのあたりのジグも全部準備されていたんですね。

仕方が無いので、創意工夫。
昨年、ボディを修理した時に板金屋さんが準備してくれました。
fuck.jpg

バネとインシュロックとネジを使って、「ウインドウネット固定ジグ」を作ってくれていました。
hikkake.jpg

使わない時は、こんな感じで引っかけバネ部を収納です。
fuckhikkake.jpg

このサイドロールバーも余ったロールバーパッドに入れ替えておこう。
できた!
KANSEI (1).jpg

あと気になるのは・・・バケットシートだなあ。
シートベルトと消火器、それにヘルメットには、使用年数制限があるけど・・・シートって大丈夫だったっけ?
JAF競技車両規則を読むと・・・
「FIA公認シートの使用期限は製造後5年」って書いてある。
・・・・ほんとに換えないとダメかな。これ。ツインリンクもてぎに問い合わせをしてみよう。
・・・・返事は来なかった。
みんなにその旨を伝えると・・・
「シ〜ッ!なんでそんなこと正面きって聞いちゃうんだよ!大人の事情ってヤツ。答えがこない。ってところを組んでやらないと。だめだろ。担当者を困らせちゃ!」
あ、はいはい。よくよく調べたら、とんでもない金額だった。最新のFIA規格対応のフルバケットシートって。
SPARCO スパルコ 【 S-LIGHT 】カーボン レーシング バケットシート FIA公認8862-2009

SPARCO スパルコ 【 S-LIGHT 】カーボン レーシング バケットシート FIA公認8862-2009


TAKATA6点式シートベルトを取り付け [スターレットをN1車両化]

世紀の大イベント「マヤ歴終末の日」終わっちゃいましたねえ。
まあ、今年のクリスマスは薄い財布をさらに薄くしてまでプレゼントを買う必要はないんですよ。お父さん!
「今年はね。サンタさんがみんなに幸せを運んでくれたんだよ。ほら、マヤの終末の日を迎えても、みんな普段通りに生活してるじゃないか。”普通”ってなんてすごいことなんだろう。」
そう言って、「読み聴かせ」ですよ。一家団欒なんですよ。クリスマスの夜に。え?「なにを読み聴かせるんだ?」って?
アレですよ。アレ。
ほら・・・今頃きっと、「世紀末フリーク」のみなさんは、次の「終末の日」について、熱く語っているはずですから。そのあたりのことをお子さんに解説してあげるって事で。
「お前は・・・成人の日を迎えられないんだなあ・・・・人類が滅亡しちゃうからね。」とかって枕元で語るんですよ。呪文のように。ふっ・・・ナイスな夜だね。
え?なに?クリスマスプレゼント買わないと景気に影響を与えるの?
あ、あ〜そう。「サンタクロース労働組合日本支部」に訴えられちゃうのね。バイトが無い!って。
わかったわかった。キリスト教とマヤ暦は、全く時代が違う。っと。はいはい。
さて、ここのところリアルに「ネタ、無くなったの?Joy耐完走しちゃって。」とかって、確認されたりしたのですが、はい。戻りますよ。EP82N1車両化のお話に。
「語りきらずに本番突入」しちゃってましたから。今年のJoy耐。
なんだか僕らの素人作業っぷりが、全国の方々にだいぶ勇気を与えているらしいので、余すところなく伝えますよ。「5万円のスターレットがN1競技車両になるまで」を。
今回のお話は・・・大事な大事なみんなの命を守る道具。「シートベルト」のお話です。
今回必要な道具は・・・
1)JAF国内競技車両規則書
2)電動ドリル
3)ねじ締め工具各種
4)溶接道具
5)シートベルト本体
の5つです。
さすがにこのシートベルト取り付け作業の時には、「本の車両規則書」を手に入れておいた方がいいと思います。事細かに「取り付け位置」について規定があるんですよ。シートベルト。え?「PDFをダウンロードしてiPadで見る」?
やめておけ。目標ページへのめくる速さは、紙の本に絶対勝てない。素直にお金を出して買っておくように。作業に取りかかる前に。
「溶接」道具以外は、既に揃っていたので、あとはシートベルトそのものの調達。
ああ、迷いなんて全くなかったですよ。「自分たちでN1車両を作る。」って決めた時から、シートベルトメーカだけは確定していました。
日本メーカ製の競技用ベルトです。「TAKATAの6点式シートベルト」
大変失礼な書き方をしてしまうかもしれないけど、せっかく高いお金を払って、「命を守る道具」(シートベルト)を買うのに、このメーカ以外を選ぶなんて論外です。
「なにがそんなにいいんだ?」って?
「日本人の細やかさ」がその製品に現れています。とにかく頑丈な作りのくせに、ハーネスそのものが柔らかいんですよ。耐久レースは、競技中に頻繁にシートベルトの脱着があるので、「長さ調整がしやすい」ことが絶対条件です。
外国製のメーカの品物は・・・とにかくあの「布」のところが固いんですよね。調整に手間取ります。ドライバー交代時にロスしちゃうね。
それと、「高い物だから中古品」を探そうとする人がいるかもしれないけど・・・
やめた方がいいです。どうにも「偽物」が出回っています。「5年」の期限がある品物ですから、新品を購入しましょう。
新品を購入すると、すごくうれしいことがありますよ。
HAKO.jpg
ものすごくかっこよくデザインされた箱に包まれて我が家にやってきました。
この「箱に気を使ってくれている」事がすごくうれしかった。Appleの製品を購入した時のようなドキドキした気分で、箱の中を開けました。高い品物だったけど、買って良かった。

さて、実際の取り付け方ですが・・・・やっぱりそんなに簡単じゃなかった。レギュレーションを満たそうとすると。
付属してきたアイボルトの差し込み位置は・・・フロアシートを剥がした車内を良く探せば、取り付けられるネジを見つけることができます。
ankerNEJI.jpg 
ただ、どうしても左側腰部は、やっぱり電動ドリルで空けないといけなかった。
ankerHIDARI.jpg
で、ここまでできてしまえば、「4点式シートベルト」として運用できてしまうんだけど・・・
2011年夏の事故を考えると、やっぱり6点化しておきたい。
車両規則書と首っ引きです。6点シートベルトの装着位置がとにかく細かく規定されているので。
アイボルトを慎重に位置決め・・・・って???なんか、このTAKATAのストレスプレートって、ほんとに競技規則に合致してるのか?
3枚買ったストレスプレートの取付をいったん中止して、TAKATAにご確認書を発信。
後日、回答書をいただいてから取り付け作業を再開しました。万が一の時のために保管しておこう。
anker.jpg
ストレスプレートを仮置きしてみたけど・・・落とし穴があるんです。
BODYURA.jpg
これ、EP82のボディを裏側から撮影したものなんですけど・・・ほら、波打ってる。ボディの裏って。この凹凸を避けてプレートの位置決めをしないと大変なことになります。
volttukidashi.jpg

よし。取り付け完了。
・・・・ってこれで終わらないんです。ここからが大変だった。
競技車両規則書によると「プレートを溶接し・・・」となってる。
溶接?
あ、無理無理。こればっかりは。エンジンはネクタイ組で組み上げたけど、「溶接作業は、素人が手を出してはいけない。」作業って事ぐらいは、さすがに初めから承知です。
マフラー屋さんにお願いしました。(後日、マフラーのお話もします。)
どうも、大変なお願い事だったみたいです。
yousetu.jpg

競技規則書には、「どのように溶接するか」までは書いていないんです。
素直にストレスプレート全周を溶接しようとして・・・・(写真の上部の方ね。)
非常に危なかったです。ストレスプレートそのものがボディから抜け落ちてしまうところだった。
無理ですね。薄いボディ鋼板に全周溶接なんて。”点付け”で良しとすることにしました。
さて、完成です!
KANSEI.jpg

今回、なぜわざわざシートベルトのお話を書いたかというと・・・
今年のTTC1400でのことなのですが、ドライバーズブリーフィング時にわざわざ鈴鹿サーキットで立ち会いをしているお医者様に講演をお願いしたんだそうです。
今年、残念ながら鈴鹿サーキットで起きてしまった重大事故の現場に立ち会ったお医者様に。

その事故は、シートベルトそのものはちゃんと装着されていたそうです。
ただ、「どうも上半身側のシートベルトをきちんと締め上げていなかったのではないか?」というのが現場で立ち会った際の見解だったそうです。

そのようなブリーフィングがあったことをTTC1400の彼から聞いて・・・
私達もその後のスポーツ走行の時は、全員で再度確認をするようになりました。
確かにいつの間にか「上側はバックルに刺さってさえいればいいや。」ってなりがちになっていたように思います。自分の身は・・・結局自分で守らないとね。最新のシートベルトを装着していても。

ツインリンクもてぎの花火はすごかった [ツインリンクもてぎ]

KANBAN.jpg
ふう・・・さぶい。
急に寒くなりましたよねえ。12月ですよ。12月。師走ってやつですよ。
師走で思い出すことは・・・・実家の大掃除の手伝い。
「付近を威圧する大豪邸」の我が実家は、誰かがお手伝いをしないと、とってもうちぶれた感一杯のお宅のまま、新年を迎えることになります。

仕方が無いので、夫婦揃って、電車に乗ってお伺いしましたよ。久々の我が実家に。
地元の駅に降りると・・・上り線側に・・・不審な動きをする背広のおじさんが・・・・・
「あの動き、見たことがある。」
・・・・・どこでだろう・・・・・一生懸命思い出すと・・・・あ、あれだアレ。
中学の時に同じクラスだったヤツ(男性)だ。
「よう。久しぶり。」
「おおおおお〜!」の声の後・・・「そういえば、こいつはまじめなヤツだった。」と思い出す展開が・・・
私のフルネーム&学級名&担任の先生までスラスラ出てきやがったよ。ビックリだよ。4半世紀の時を超えて、そこまで引き出しの奥を探れるその記憶力が。

次に出てきた言葉が、「結婚した?」
あ、う、うん。はい。我が妻だよ。スクスク成長中なんだ。いいだろう?
あんまり触っちゃいけない話題なんだろう・・・な。そのガッカリ感からすると。
私も彼も、「絶対女の子にもてないグループ」所属だったからね。既に中学生にして、「モテモテの人生って、小学校の時に決まってるんだろうな。」って悟ってたもん。グループのみんなが。
話題を変えよう。

彼は、実は「小さな頃の夢を叶えた。」という話は、私が大学生の時に他のメンバーから聞いていたんです。
その夢とは・・・・「電車の運転手になりたい。」
ちゃんと彼は、鉄道会社に就職していました。その後の話を聞いてみると・・・え?なに?なんで、周りを見て、ひそひそ話なの?
「実はさあ・・ちゃんと運転士の資格も取ったんだ。でも、その直後に本社勤務になっちゃって、それっきり。」
うわあ・・・どおりで、日曜日だというのにキッチリ背広を着込んでいるのね。これから出勤なんだ。一駅員として、首都圏のホームで働いている姿を・・・確か、私が新入社員の時に、一度だけ見ているんだよね。
すごいなあ。「駅員さん」から、背広での本社勤務になっちゃうなんて。

彼と別れた後、バスに揺られる道中で考えたのは・・・あんな風に「子供の頃の夢を叶えた」って人は、初めて見たけど、ただ、私の周りで、「今の仕事が嫌だ。」とか、「こんなハズじゃなかった。」って言い続けている人もそう言えばいなかったな。って思った。
自分も・・・「自動車の設計をやりたい」って思っていたけど、まあ・・・今は、自動車産業そのものにも関わる時があるからね。それどころか、車そのものをバラバラにする趣味に大学の時にあったメンバーといまだに没頭中だ。
おミドル様のお歳になったけど、ここまでを振り返ると・・・まあまあハッピーかなあ。

実家に到着すると・・・なんだか母親が孫のこと(姉ちゃんちの長男の事ね)を心配してた。
12月に入ったけど、工学部の大学4年生で、いまだに就職先が決まらない。っていうか、「自分がなにをやりたいのか?」就職活動でコテンパンにやられてしまって、わからなくなっているらしい。
まあ、私は3年生になった時から、こうなることを繰り返し本人に伝えてあったからね。予想通りの展開だし、もうこれ以上、助言できないなあ。

本人には、「いいよなあ。バブルを経験した人は。自分たちの居場所だけ取っちゃってさ。」って面と向かって言われたけど・・・う〜ん、困ったもんだな。
なにかインターネットの世界とかの情報から、そういうステレオタイプの「仕込み」を信じるんだろうけど・・
我々が社会に出た時は、「既にバブルが終わっていた」時代だったからね。「あの頃は良かった。」なんて思ったことは、一度も無い。

本人に向かって言ったのは・・・
「今も俺達は、お前らの何倍も仕事をやってる。入って数年の連中は、”周りの人たちにご飯を食べさせてもらっている。”んだ。それを感じ取ることもできない連中が、せっかく苦労して就職したのに、数年で辞めてるんだぞ。」
古い世代が、新しい勢力に対して、ぴったり門を閉じているなんて、当たり前のことだろう。
最後は、若い力が必ず勝つに決まっている!そんな薄っぺらい扉、自分でぶち壊して乱入できなくてどうする?
今から、「”悪い大人”が流す情報」を鵜呑みにして、誰かを指さしてうらやましがっているようじゃ、「社会についていけない若者」の烙印を早速捺されるぞ。

さて・・・と、大掃除も終わりましたし、頭切り替えますよ。今回は、「秋の花火大会」のお話。

あ、そこ、「JOY耐終わっちゃって、最近ネタ無いの?」とかディスプレイに向かって独り言を言わない。
次回からは、再び「整備のお話」に戻します。ま、今回のお話も「ツインリンクもてぎ」のお話だからね。時間があったら、この先も読んでください。



17時スタートというその花火大会は・・・ま、念のために2時間前には到着していようかと。
道中ずっと、「ねえ・・・・秋の花火大会ってさあ・・・聞いた事無いよね。」
「う、うん・・・なんか・・・想像できないなあ・・・」
「ねえ?どうする?全然人がいなくて、ガランとした場所で、ピュルルル〜なんて、寂しく大きな花火が打ち上げられてる大会だったら。」
「いやあ・・・いくらなんでも・・・ツインリンクもてぎが開催するイベントなんだから・・・でもなあ・・・寒い季節になっちゃったもんなあ・・・こんな時に、しかも”夜”わざわざみんなが集まってくれるのかなあ・・・」

と話をしながら到着したゲートは・・・・大変なことになってました!
「全部のゲートが使われてる!」
「しかも、そのゲートの前が渋滞だ!全部!俺達のJOY耐でもそんなことは絶対無いのに!」(当たり前です。)
並ぶ車列を観察すると・・・だいたいが近県ナンバーなんだけど・・・「湘南」ナンバーとかも混ざってる。すげえな。はるばるこんなところに。寒いよ。闘いなんだよ。これから。わかってる?

いつもの駐車場は、だいぶ一杯になっていて・・・今まで来たことがない場所に誘導された。
だだっ広い広場から・・・バスに乗って、中央エントランスに向かうの?
中央エントランスに到着しても・・・これから時間をどうつぶそう・・・
STAND.jpg
我が妻は、早速「お土産」品を物色。
あのね。我々はもはや、ツインリンクもてぎですら、珍しくはないでしょう?イベント出走者なんだから。なんでそんな「お上りさん」みたいなことしてるの?運営者の思惑に乗せられない。はいっ!余計なお金は使わないの。こっち来て。ほらっ!言うこと聞かない子は、コチラレーシングにやっつけられるよ。
KOCHIRARACING.jpg
コチラレーシング幼児襲撃中の図(ご注意:写真の解説には、このBlog作者の邪悪な主観が込められています。信じないでください。)

お土産屋さんを出た後・・・・後悔する事態が。
ARTA.jpg
ARTAがなにかイベントを開催していたみたいです。GTマシンに座ることができるようになっていた。
「ねえ、すごい低い位置に椅子があるね。座っていいんだってよ。並ばないの?」
「ふっ・・・自分がドライブしない競技車両の椅子に座ってもしょうがないだろ。トラックで全開にできるんだったら、並んでやってもいいけど。
そんなことを言ってられない、もっとすごいことが・・・・・
SA05.jpg
F1マシンに座ることができるんですよ!お子様なら!
なんてことっ!もっと速く会場に来るんだった!!
お子様だからって、何でも許されると思ってんじゃないぞ!
羨ましい!羨ましすぎるっ!!俺も「入れるものなら」入ってみたい!!!ハアハア。

ハアハア言わなくてもいいイベントもやってました。
MASHIKOYAKI.jpg
夏の花火大会の写真コンテストや、地域の皆さんの書道コンテストも作品一覧が展示されていました。

さて、そんなハアハアな状態のうちに日が暮れて・・・・
STANDYORU.jpg
お月様もよく見える、風のない秋の夜。
moon.jpg
始まりましたよ。生まれて初めての「秋の花火大会」が。


たった30分の大会。
どうなるんだろう?って不安だったけど・・・・・
ちょうどいい時間だったと思います。30分というのは。
なんていうか、夏の花火って、
「オラあああああ〜!オレ様の美しさの前に全員ひれ伏しな!愚民共、感動しろおおおおおお〜!!!!」
って、感じだと思いました。この秋の花火大会を見て。
夏の花火大会って、疲れちゃうね。
HANABI3.jpg

線香花火ってあるでしょう?
アレの大きいのが、秋の夜空に打ち上がって、最後のあの「周りのパチパチ」が一つ一つ、消えていく瞬間をゆっくり見ることができるんです。そんな感じ。
あんまり・・・記憶にないですね。「花火の燃えかすが体に当たる距離で、大きな花火を観ることができる」経験なんて。
isu.jpg
行って良かった。ちょっと手がかじかんじゃうから、次回からは、手袋を持ってこないと。
我が妻よ。来て良かったか?
「うん。なんか、花火を見て、ニヤ〜って笑っているあんたを見て、”大丈夫かな。この人”って思った。」
「おかしいでしょ!その反応!!」

お前さんが喜んでくれるかと思って、わざわざ連れてきたのに。まったくも〜。
「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)

「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)

  • 作者: マーティン・ファクラー
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2012/07/04
  • メディア: 新書