So-net無料ブログ作成
検索選択

JOY耐に持っていって便利だったものはなんだった? [2012年JOY耐7h]

 

今年のTTC1400なんですけどね。
なんで今までこの話題に触れなかったかというと・・・・非常に調子が悪いんです。タイムと参加台数が。
ついに「毎回毎回参加台数が一ケタ」になりました。TTC1400。
それに輪をかけて、タイムが・・・去年より1秒遅い。毎戦毎戦。
シーズン突入直前にミッションから異音が出たのがケチの付け始め。

「駆動系のオーバーホールをしただけ」のハズだったんだけど・・・はまり込みました。昨年より遅くなっちゃった。
ああでもないこうでもないといじり始めて・・・・もはや無限ループ。
それでも意外に私達は、お互いほったらかしなところがあるんです。自分よりも速い人にあれこれ言って、混乱に輪をかけてはいけないと思っていたのですが・・・
さすがにシーズンも後半に入ってしまう。このままはまずい。

筑波の練習走行中にセッティング変更作業やりまくりですよ。
なんとか「トップから0.6秒遅れ」ぐらいまで戻してきたシーズン中間点は・・・・いやあ・・・・
最後に「ものすごいオチ」がありました。

朝7時半集合。
そのあとが・・・長い長い。予選を終了して・・・まだまだまだまだ待ち時間。
だいぶ少なくなっちゃった参加車両をボケッと見ながら考えていたんですけどね。
まあ・・・「来る時が来たなあ。」って感じ。こうなることがずっと前から想像できていたというか。
正直、2010-2011年とあまりのマナーの悪さに唖然とすることが多すぎました。TTC1400。
「毎回毎回、決勝終了後、数時間にわたってサーキットで足止め。」
こんなことやってたらねえ・・・っていうか、「みんな、よくこんな大会に大金叩いて参加してるな。」って思ってましたもん。
で、ついに台数は激減ですよ。今年。おかげさま・・・なのか、全員が反省しているのか、名物の「決勝後に足止め」は、今年、一回も発生していないですけど。

「もう、根本的に”N1のスプリントレースを存続させるのかどうか”自体を考えないといけないところまで来ちゃったな。」って思ってました。待機時間の筑波サーキットで。

提案があります。
「JAF地方選手権レース規則内での”最長レース”ができる大会。TTC1600&1400」に切り替えましょう。

確か・・・規則の中に・・・1イベント30km以上100km以下という制限があったはずです。
筑波サーキットは1周2,070m。
割り算すると・・・48周できます。
イベント所要時間は・・・今年、久方ぶりにコースレコードを塗り替えた彼女が・・・1周あたり1分7秒でしたっけ?
ってことは、48周で・・・54分ほどでトップがチェッカーを受けること事になります。1イベント60分間。

それをいまの体制のままやっちゃうと「新しいお客さんや過去、やっていた人たちを呼び戻す。」ことができないんです。
「二人、ないしは3人でチェッカーを目指すTTC1600&1400」としてみてはどうでしょうか?

あ、もちろん「一人体制」もありです。
ただ、その場合は、「ピットイン義務&ストップ時間あり(それも複数回)」にしましょう。そうしないと、ドライバーが熱射病でやられちゃうと思うしね。

参加登録費用も今年と変更無しですよ。人数が増えるとしても。
結局のところ、「一人でN1車両を維持し続ける」のが難しいことが原因の一つでしょう。
ま、なんというか・・・あの「少年ジャンプの法則」を持ち込むんですよ。

少年ジャンプの法則「努力・友情・勝利」というのがある。ドラゴンボールもスラムダンク・医龍もこの法則に則っている。ストーリーは3法則の反転から始まる。努力を反転させて怠惰、友情は反目・対立、勝利は挫折・敗北。ダメダメチームが努力して勝利するのだ。BECKもこんな感じだと思う。

— 松岡 繁さん (@kame0358) 8月 29, 2010

「努力・友情・勝利」
なんかものすっごく、はまるような気がしない?

って、灼熱の筑波サーキットで妄想していたら・・・あ、はいはい決勝時間ね。この14時過ぎの一番暑い時間帯に。
プイーンと15周してきて・・・車両が戻ってきたと思ったら・・・直ちにタワーから呼び出しだぞ。ドライバー。
って、あれ?他のドライバーが我々のところにやってきて・・・
「すいませ〜ん。ぶつかっちゃいました。」
あ、ああ、そうなの?今、呼び出し喰らってるのよ。うちのほうは。

・・・・戻ってこないぞ。
って、そのうちにSC車両が保管車両群の脇に到着して・・・
中から紳士がお二人でてきて、我々の車両と相手の車両をチェック開始。うひいいい〜!
なに?なにがおこってるの?なんか、とっても大変なことをしちゃったの?あんな「遠くから見てもすごく偉そう」な人が、直々にチェックに来られるなんて。
「長いねえ・・・今頃・・・なにか尋問を受けてるのかもしれない。」
「こう、蛍光灯をガッと向けられて”吐けえええ〜!”とか?」
「いや、”真実の血清”を使った拷問とか・・・」
「あ、うん。そこら辺わからない。子供達いるからね。気をつけて。」

あ、やっと戻ってきた。長かったねえ。いつになく。
「はい。発表があります。30秒加算ペナルティ。」
全員「・・・・・・」

状況を聞くと・・・
「3台でバトルになっていて、前方の車両が外に膨らんできたら、ぶつかっちゃうなあ〜って思っていたら、ほんとにバイ〜ンって当たっちゃったんだ。」
「で、当たっちゃった人がハーフスピン状態になって、こっちが先にチェッカーを受けたんだけど・・・それはダメなんだってさ。」

あ、口尖らせてるメンバーがいる?
いやいやいやいや、いないです。そんな人。
きっちり現車確認されて、導き出された明快な線引きですから。
全員「ありがたく頂戴いたします。」って正式結果通知を受け取りましたよ。
今年は一回も「TTC1400の名物」が発動していないけど、こういう風にキッチリ線引きしてもらえれば、今後もトラブルが再発することはないだろうな。って思いました。
「接触したことを引きずるのか?」って言われると・・・それは無いねえ。たぶん、参加者全員。
「気にしてないよ。」ってことを示すために、次戦では特に挨拶もせず、みんなそれぞれグリッドに着くんです。

え〜と、お腹いっぱいになっちゃったね。文字数が多くて。どうしよう・・・みんな続けて読む気力ある?

たぶん今回は、前振りの方が文字数が多くなるな。チャッチャといきますよ。
ここからが本題。
2011年の経験値から、「JOY耐持っていって便利だったもの」情報のバージョンアップです。

BELT.gif

まず、「サインボードエリア」のバージョンアップです。
2012年は、土曜日に雨が降って、日曜日の決勝走行中もちょっと雨が降りました。
よって、昨年買ったオーニングテントが大活躍だったんだけど・・・
周りの人たちは、やっぱり経験値が高いんですね。
他の人たちの「屋根」は、ちゃんと「前後4点止め」されていました。
これ・・・前後4点止めでないと「危ない」ほんとに。
風です。風。
フロント側だけで屋根を立てていると、風が吹いてきた時に吹っ飛ばされそうになるんです。正直危なかった。
前後長1500mmで、ちゃんと「前後に4本足が付いている」ものを探されるのをお勧めします。

それとこの「屋根」の設置なんですが・・・・
私達は、金曜日に到着すると、車両を走らせる前にこの屋根の設置をやってしまったのですが・・・
結局、その後、2回ぐらい「設置位置を移動」するハメになっていました。
右側の人たちに「もうちょっと左に」と言われて、その後、左側の人たちに「もうちょっと右に」と言われて・・
もう、「設置する」って決めたら、「お隣さんにぴったりつけて」設置してしまうべきだと悟りました。今回。

さて、で、この屋根の下には・・・今回、ちゃんと用意しましたよ。マクドナルドの高さぐらいの椅子。
それと、「ピットボードやストップウオッチを置くための小さな机」も用意しました。

これがねえ・・・ぜんぜん剛性が無くって・・・ほとんどなにも置けなかった。まあ、それでも初年度よりずっと楽になりました。
隣のAE86を走らせていたメンバーの机が、すごくうらやましかったですね。完全手作りですごくがっちりしているの。
このあたりのちょっとしたことが、「JOY耐経験値」を物語っていると思いました。

サインボードエリア側は、これでほぼ一揃えできたかな。
次がピット内。
実は「ちょっとJOY耐」が終わった後、我が妻に強く勧められていたことがあって・・・
となりに日産パルサーを走らせていたチームがいたのですが・・・なにか、非常に感銘を受けたらしいです。そのチームメンバーの行動に。

ちりとりとほうきを準備。(しかも柄が長いヤツっていうところがポイント)

なんでも「あのチームの人たちは、車両が出ていくたびに必ずピット内をほうきで掃いてた。うちもマネをしたほうがいいよ。」
まあ、これはね。道具さえ見つけてくればいい話だから。

もう一つの方が困った。
「あのチームの人たちは、3段ぐらいの棚を作って、そこになんでもきちんと入れてたよ。うちはなんだか・・・地面にゴチャゴチャ荷物が置いてあって、いちいち探さないといけない。」
え〜とねえ・・・それは私も気にはなっていたんだけど・・・なにしろEP82の中にピット用品を全部入れないといけないんだよね。サーキット往復のために。
正直、「サーキットに持ち込むもの」の量が、「EP82に積み込めるだけ」という制限があるからなあ・・・
とりあえず、一つだけ「棚」を買ってみよう。様子を見て来年に向けて、改善していこう。

だいたい頭の中でイメージしたのは・・・
1)折りたためる棚
2)できれば3段・・・最初に買うものだから2段でもいいかも
3)車輪が付いていた方が、「よく使う作業工具」だけを集めて移動させやすいかも

会社の倉庫のメンバーに聞いて歩くと・・・
「車輪が付いていて、折りたためる台っていうと・・・ウチの会社は花岡車輌って会社の製品に決めてるけどね」

なんでも車輪が壊れにくいらしい。ふ〜ん。

まあ、高いものだったけど・・・実際、ピットで広げてみたら、確かにものすごく使いやすかった。
箱から取り出して、一発で組み立て完了。(工具なんていらない)
よく取り出すエアツール類を置いて・・・あ、そうそう。
JOY耐は、レギュレーションで「電動工具」の使用を禁止されているのですが、落とし穴は、「エアツール用ホース」です。

ホースの長さが、10mだと足りないです。
それとホースを天井のジョイント部に接続するための脚立が必要。(隣のチームに借りました。)
あと、エアホースの分岐カップリングが必要になります。
これは、保管ガレージの皆さんが貸してくれました。私はそんなものが必要になるともまったく思ってなかったんですよね。
「いよいよJOY耐に出るのかあ・・・じゃあ、これが必要になるから持っていきな。」
なんだか皆さんからいろいろな品物を貸してもらって、話も聞かされて送り出されたんです。
来年は、もうちょっといい順位で完走できた報告をしたい。っていうか、そういえば道具を返してないよ。まだ。
日本最大級の靴のネット通販 ロコンド
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Joy耐って何時頃入ればいいんですかね? [2012年JOY耐7h]

 

ロンドンオリンピックもうすぐ終わりですねえ・・・
まあ、家に帰ってくるとオリンピックの映像が流れている時間帯(っていうか、それしかやってない)だったので、ボケッと見てることも多かったんですけどね。
すごいですね。オリンピックって。
普段、映像として流れない競技も映してくれるんですものね。え〜と・・・たとえばバトミントンとか。
最初はボケッと見ていたんだけど、結構引き込まれちゃいましたよ。やっぱり何事も「一生懸命」やってる姿って、周りの人たちを巻き込んでいくんですねえ。
「4年に一度しか開かれない大会」っていうのは、ある意味残酷かもな。とも思いました。一生懸命やっている姿を見て。
国内競技を一生懸命やってきて、(しかもサッカーやバレーのように華やかでもない)「世界中で一握りのメンバーしか出場することができない大会」にやっとたどり着いた・・・と思ったら、それは実は、「一生に一度しか出場することができない。」大会だったという・・・
陸上の短距離競技の方では、いくつか目を覆いたくなる事態が発生していましたもんね。スタート直後に。

さて、「日本レース界マイナーリーグの頂点」JOY耐は、1年に一度開催されるんですよ。オリンピックに比べたら、ずっとラッキーです。
「なんかミスっても、来年にはフォローする機会が与えられる。」大会なんですから。

今回の記事は・・・「来年JOY耐に出てみたいぞ。」って思っている人向けの記事です。
お題は・・・「JOY耐って、何時頃現地に入ればいいの?」

「いや・・・主旨がわからん。タイムスケジュール通りツインリンクもてぎにやってこいよ。」
あ〜・・・それはねえ・・・慣れている人のコメントなんだな。私達なんて、結構途方に暮れてましたからね。セーフティーローダーの手配で。

JOY耐7hの大会期間は、金曜日の練習走行から始まって、日曜日の表彰式までの3日間です。
既にほら・・・みんな「会社・・・どうやって休もう」ってなってるでしょう?
特に、実際の車両の片付けなんて、月曜日になりますからね。各自のガレージで。

まず、毎日朝5時には、入り口の門が開きます。
で、私達の2回の経験からわかったことは・・・・
「毎朝7時にピットにいられると、一日焦らずに過ごすことができる。」
7時半に集合するつもりでいると・・・結構いろいろと押します。予定が。

ピットに到着して、だいたい1時間で出走準備ができるようになるんですけど・・・
2011年は金曜日の午後にやってきて、もう、周りのみんながピットスペースを占拠している中、隅っこの方に荷物を置かせてもらって、なんとか車両を走らせてもらう状況でした。

2012motegipit.jpg

なんか・・・ちょっと肩身が狭かった。「初めてのJOY耐」だったせいだろうけど。
2012年は、「金曜日9時スタートの練習走行から全部走る。土曜日朝の練習走行も含めて」って誓ってやってきました。金曜日朝7時に。

どんな感じになるかというと・・・金曜日午後の練習走行前にお腹いっぱいになってます。二人で練習走行だと。
「ねえ・・・もう、午前中だけでいっぱい走ったよ。午後も走らないとダメ?」

フォークリフト修理係が4速ミッションを徹夜でオーバーホールして、持ってきてくれることになっていたんですよね。
なんか・・・「絶対、交換前にこの5速ミッションの状況を知りたいだろうなあ。きっと。」って思って、二人共無言で黙々と練習走行をこなしていました。最後の10分でも彼にステアリングが渡せる状態になっていないといけないと思って。
(結局、せっかく徹夜で組んでくれたのにこの5速ミッションのまま、本戦に突入しちゃうんだけどね。)

JOY耐の金曜日って、すごく重要なんですよ。
別に練習走行を無理に全部やる必要はないです。他の3つのイベントをこなしておく必要があります。金曜日に。
1)「全員のライセンスと免許証を持っていれば」前日参加受付処置
2)「ガソリンを全部抜く作業ができていれば」事前車検処置
3)「全員の装備を持っていれば」ドライバー装備チェック

ことごとくダメでした。今回。せっかく金曜日朝7時に来てたのに。
「全員の」ってところが肝なんです。試しに係員さんにいちいち聞いてみましたけどね。
「メンバー揃っていないんですけど、いるメンバーだけでも受けさせてもらっていいですか?」
却下。

金曜日にものすごく「しまった。」と思ったことは・・・
「ガソリンを抜く準備」を全くしてこなかったこと。
ガソリン缶を持ってこなかったため、どうにもできない。
試しに車検場まで車両を持っていって、ガソリン残量が入ったままの車検をお願いしてみるんだけど・・・
却下。

さて・・・ここまでのところ、2011年に比べて順調にいったことは・・・
1)朝から設営準備ができたので、サービスカー等の置き場所にも困らず、スムーズに作業ができた。
2)練習走行が一杯できた。ええ。もうお腹いっぱいです。果てしなく疲れ切ってます。
この2つだけ。あ、もうひとつか。
3)金曜日の走行後、特に整備をしないで帰ることができた。(整備の時間は一杯あります。翌朝まで。)

・・・・重要なことが3つとも全部残ってるぞ。
この状況が土曜日にどんな影響を与えるかというと・・・・
土曜日朝7時集合。
・・・・・こな〜い。7時25分になっても全員が揃わない。
参加受付が7時30分までなんです。正直、ものすっごく焦ってました。何とかギリギリに駆け込んで終了。

8時から1時間の練習走行を開始。
終了後、直ちにガソリン抜き作業を行って、車検場に投入。
車検自体は、実は心配していませんでした。正直、その確認のために「ちょっとJOY耐」に出場していたようなものなんです。

車検場の脇に車両を置いて、全員で装備チェック。
これでやっと、「公式競技」に出走準備が整いました。10時45分の予選ブリーフィングに間に合ってよかった。
予選を全部やったあと、今年は昨年と違って、決勝前ブリーフィングが夕方開催されました。
土曜日の開放時間は17時すぎ。
このあと・・・周りのピットでは、エンジンクレーンを持ち込んでエンジンそのものの積み替え作業とか・・
まあ、我々とは別世界が繰り広げられます。
日曜日は本当に朝7時からイベントそのものがスタートしてしまうので、できるだけ早く帰って寝た方がいいです。

日曜日は、朝7時にはスタート前チェックが行われます。
係員さんが来られる前にとにかく全量ガソリンを抜いておいた方がいいです。
「エンジンかけっぱなしで、自然と止まるまで。」係員さんが張り付いていました。これ、初めからやっていたら、ものすごく時間がかかっちゃうと思うので。

チェック完了後、30Littleのガソリン補給を給油所で行ったあと、手押しでグリッドに並べます。
だから・・・「ドライバー二人+監督+チーフメカ1名」の最小構成だと、グリッドに並べるまでに疲れ切ってしまうと思います。たぶん。

7時間の競技終了後、表彰式があって(全員でシャンパンを開けます。結構うれしかった。)片付けを完了すると・・・
19時半解散。

いつものことながら、長い記事でスマンです。まとめると・・・
1)金曜日朝7時集合でJOY耐スタート。ただし、車検と装備チェックだけでよければ、お昼の集合で十分。それらのチェック完了後、タイミングが合えば練習走行も可。
2)終わりは日曜日の19時半。セーフティーローダーを返却することはまず無理なので、無理せずにホテルツインリンクに泊まるか、のんびり途中で休憩を入れながら帰宅する。
結局、セーフティーローダーを借りに行くことを考えると、木曜日午後から仕事を休ませてもらって、月曜日一杯までお休みがもらえないとイベントを完遂できないです。
(今年は3連休期間中だったから、結構助かった。)

あるいは、車検を通す自信があれば、土曜日朝からの一発勝負になります。
万が一、車検落ちしちゃったら・・・すごく大変なことになりそうな気がしますけどね。

婦人画報のおかいもの
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車