So-net無料ブログ作成

フレックスホーンが手に入らない [N1仕様エンジンの製作]

先日、久々に休日の筑波サーキットに行ったんですよ。
あの黄色いシビックの彼女を発見!挨拶をすると・・・
「去年、”車が壊れた〜”って言って、帰って行く後ろ姿を見てから・・・ず〜とみんなを見かけなかったから、やめちゃったのかと思いました。てっきり。」
「う、うん・・・まあ・・・まだまだバラバラなんだエンジン。この間もバルブのすりあわせ作業で・・・うおうおう・・・うまくいかないんだよおおお〜。」(すごく遠い目)
「あ、が、がんばってくださいね。みんなに会えるのを楽しみにしています。」

励まされちゃったよ。ファミリー走行の女の子に。まあ、うれしかったねえ。「車を運転するのが楽しい」って人が増えてくれて。
ほんとに・・・なんとかチビっとづつ進んでいますですよ。4E-FEエンジンオーバーホール。
え〜と、前回は・・・そうそう。「なんかシリンダーに錆びみたいのが出てしまっている。」ってところまで進んだんでした。
その対策はどうしたか?というのが、今回のお題。
私は別に・・・「なんかシリンダーに白い錆びみたいのが出てるけど・・・やすりで削っちゃえばいいだろ?」って思ってました。なんだかガレージオーナーが「秘密兵器」をゴソゴソ持ち出してきて、「これで研磨しないとダメなんだ。」とかなんとかブツブツ言っている間も。
電動ドリルにその秘密兵器を装着。丸いブツブツがたくさん付いていて、ボタンを押すと”ウイ〜ンウイ〜ン”って、いや〜ん!
flexhone.gif
それをシリンダーに押し当ててグイッと・・・ハァハァ(?)
そんなおっきいの絶対ダメ!
いやいやホントに。シビック用のサイズをスターレットのエンジンに押し当てて何とかしようなんて、いくら何でも無理だと思うぞ。素人目でも。
「これ、フレックスホーンっていうんだ。このシリンダーに合うサイズを買ってきな。できるだけ目が細かいヤツ。」
あ、うん。わかった。
電動でウイ〜ンウイ〜ンって動くヤツなら、秋葉原のあのお店で売ってる。確か4階。いろいろなサイズがあって、リモコンも付いてるんだよ。
「・・・・いや、よくわからない。リモコン付いてないし。秋葉原では売ってないぞ。機械工具屋さんに頼んで取り寄せてもらわないと・・・」
別にたいしたことじゃないと思ってたんですよ。秋葉原のあのお店で売ってなくても。ウイ〜ンウイ〜ン(いや、ウイ〜ンウイ〜ンから離れて。)すぐに見つかると思ってました。フレックスホーン。
・・・・・みんなに宣言しておきます。私の経験です。
フレックスホーンは、入手に2ヶ月以上かかる。自動車のシリンダーサイズだと。
どこを探してもない!っていうか、注文をお願いした後、複数のお店から「納期がかかってしまうので、キャンセルをお願い・・・」とか、「納期がホントに2ヶ月かかってしまいます。いかがいたしましょう?」っていう連絡が頻発!
すげえぜ。まさしく秘密兵器だ。フレックスホーン。
「ねえ。フレックスホーン手に入らないから、やすりで削っちゃっていい?」
「あのなあ・・・お前は機械工学科出身じゃないから、重要性がわからないのかもしれないけど・・・シリンダーには、”オイルを保持する傷”が必要なんだ。ホーニング加工とか、クロスハッチっていうんだけど。あのフレックスホーンは、そのクロスハッチ作業が簡単にできる品物なんだ。絶対にやすりなんて使うなよ。」
「じゃあ、そのクロスハッチの作業ができる工具、他の会社でも出てるみたいよ。それでいい?手に入らないんだもん。フレックスホーン。」
「絶対ダメ!あの丸い玉がいっぱいある構造がいいんだ。素人が作業するんだから、最低限の道具はちゃんと準備しろ。あんまり困ってるみたいだから、仕事のルートでいろいろあたってるけど、フレックスホーンの偽物も出回ってるみたいだからな。絶対に安物をつかむなよ。」
厳命ですよ。厳命。ついに。は〜・・・まいったなあ・・・んじゃ、こっちから商社に条件を出そう。え〜と・・・「内径74mmのエンジンのシリンダーを磨こうと思っています。240番以上の細かい目で、できるだけ早く入手できる物を教えてください。」
1週間で到着!正式品名は、「フレックスホーン BC-76 AO320
ふい〜・・高価な工具だったなあ。組み立てに苦労したエンジンの台よりもこっちの方が全然高い。んじゃ、私の役割はここまで。作業自体は・・・オーナー。まかせた。私は撮影係ね。
うい〜んうい〜んって中をかき混ぜてる様子を撮影してやるぜ。ウエッヘッヘ。
どんな仕上がりになったかというと・・・・こんな感じ。
kuroshachi.gif
やったぜえええ〜!なんかオーバーホールしてる。って感じだよおおお〜!すごくうれしい!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

天然温泉 平和島に行ってきました! [雑談]

 

ふい〜・・・年が明けちゃいましたねえ・・・既に2週間経過。ああ、月日が経つのが早い。
あ、今更ですけど、今年もよろしくお願いします。
EP82のエンジンは・・・昨日、”バルブすりあわせ”なる作業をやっていたんですけど、
全然うまくいかなくて、帰ってくるなり、さっさと寝てました。
いやあもう・・・仕上がるのかな?これ。

だもんで、今回は気分を変えて「車とは全然関係ない話」行きましょう。久々に。
まだしば〜らく、このBlogは「エンジンの部品ばっかり」掲載される状況ですから、いったん息抜きです。
今回のお題は、年始ですからね。「新年会」ですよ。新年会。
つい先日、成人式を終えた読者諸君!刮目して記事をよく読むように。
今はピチピチの君たちも、20年後にはこうなるんだシリーズ」(え?シリーズ化?)行くぞ!

事の発端は、「バラした4E-FEエンジンの部品をジャブジャブ水で洗ってた」暑い夏の時期までさかのぼるんですよ。

あの夜は・・・・煙モクモクの焼き鳥屋さんに部署の皆さん全員で集合。
おっさんの集団ですからねえ・・・そんなにいっぱい、焼き鳥をコースで出されても・・・誰だよ、この企画立てたの。

「食べ物を残しちゃいけねえ。みんな義務だ。全部食べろ。」
10人以上のおじさんたちがモクモクモクモク・・・・一番偉い人から飽きてきたらしい。

「あのさあ・・・ほんとは、みんなとただの飲み会じゃなくて、お風呂に入ったり、広いところで飲み会を開きたいんだよ。」
「はあ・・・・」
「じゃ、年末年始は、よろしくな。」

その瞬間、全員が私の方を見て・・・・「え?オレ?俺がセッティングするの?」
「決まっているだろう。君が一番下なんだから。」
「いや、一番年下って・・・あいつだって、俺と同じ歳・・・・」
「あっちは、君と違って最終試験にも受かっているからな。本来なら、おいそれと口もきけない立場だよ」
「・・・今日の場所を立案したあいつでいいじゃん(仕事をやらないやつの方が、こういうの得意だろ)」
「なんか言ったか?」

ふい〜・・・大変大変。っていうか、すっとぼけちゃおう
数ヶ月経って・・・・ある会議の席上で再びこの話が・・・・今度はなんか、みんな期待(?)で、
目がキラキラしてる。
おっさん共が・・・・そんな濁った目で、僕を見ないで!

仕方がない・・・・調査を始めるか。物忘れが激しいお年頃の集団だと思ったが、意外にしぶとかったな。ちっ。

え〜と、思い出してみると、条件が
1)温泉に入れるところ。
2)大きな広い場所で、宴会ができること。か。
もうちょっと追記すると、
3)会社の帰りに寄ることができること。
4)場合によっては、そのまま泊まれること。

都心から・・そんなところ、あるのか?なんかすごく壮大なことを言ったんじゃねえか?あのおっさん。
え〜と・・・なんだか、「大江戸温泉物語」とか言ってたな。どんな感じ?

会社の人に聞いて回ると・・・実際、「ほぼ」要求を満たすらしい。
ただ・・・「万が一泊まることになっちゃった場合」を想定すると・・・もはや、年末年始はいっぱい。

それじゃあ・・・・旅行業者のところに「温泉旅館」パンフレットがあるから、全部略奪&分析。
神奈川県に行けば、いろいろと「温泉旅館」がある。んじゃ、その方向で・・・・後日報告書提出。
「小田原方面か、湯河原であれば、ご要求を満たすことができます。ただし・・・・」
「平日の終業後だと、現地到着が・・・特に特急とかが出ているわけでもないので、21時を過ぎてしまいます。少々、宿泊施設の皆さんにご迷惑をおかけしてしまうかと・・・」
「まじめだなあ。君は。そんなの理由を付けて、みんなで午後にでも会社を出てしまえば良いんだよ。」
「シ〜!なにデカイ声で変なこと言ってんですか!」

実話ですよ。実話。このやりとり。これで取締役なんだもんな〜。まったくも〜。
まあ、日々全力で仕事をしている人だから、周りの人も「アッハッハ〜。」で終わっちゃうんだけどね。
いくら取締役様でも、私の企画・立案で”ユルい”のは、許されないんですよ。別の案を調査開始。

んじゃ、埼玉県熊谷市「四季の油」じゃなかった「四季の湯温泉」ヘリテイジリゾートならどうだ!決まりでしょう?
「全員、終業後東京駅から新幹線に乗って出発。宴会終了後、宿泊してもらって、翌日は帰りたい人は帰る。ゴルフしたい人は、ゴルフをする案です。」
「う〜ん・・・・別にゴルフはなあ・・・・いつもしてるし。」
・・・・・しばらくほっとこう。え〜と・・・まあ、オプションで・・・水月ホテル鴎外荘を提示。え?これだと高い?も〜・・・・

ホントにしばらくほっときながらも、いろいろとウオッチしていると・・・・
これで決まりだあ!有無は言わせねえ。先に全員分の予約を確保。案内状(実際は強制参加状)を配布!
「え?もう、予約入れちゃったの?だってみんなの予定が・・・」
「その日は16時から全員出席の会議です。会議終了後、強制連行します」
「・・・・ここ・・・聞いたこと無いけど、行ったことあるの?」
「ぜんっぜん無いです。みんなと一緒になって、現地に到着するまでに迷子になりそうです。」

ホントに迷子になりました。平和島駅を出たところで。無料バスの停留所がわからない。
みんなで手分けをして捜索。近くの酒屋さんにお話を聞くと・・・・
「平和島競艇に行くバス?いやあ・・・こっち側じゃないんじゃないかなあ・・・開催日にはさあ、あっちの方で人だかりがしてるよ。あんたが競艇やるの?こんな時間に?」
いやん。そんなにジロジロ見ないで。おじさん

やっとこさ現地到着。「BIG FUN平和島」っていうんだね。施設全体の名称。
なんか・・・すごいなあ・・・ゲームセンターとか、ボウリングだけじゃなくて、買い物もできるようになってる

じゃ、早速みんなで温泉に・・・
「いんやあ・・・年寄りには応えるよ。温泉。これから家に帰ることを考えるとなあ・・・風邪ひいちゃう。」
なんだよ。みんな。この企画の土台を真っ向否定かよ。最初から。

仕方なく、宴会の会場(まる和さん)で、なんか別会計で一杯呑んでて。ってあれ?え?ここの温泉場を出ちゃうと、再入場できないの?

1Fの温泉施設と2Fの飲食店街は、完全に別の出入り口になっちゃっているのだ。う〜ん・・・
温泉に入った後だと、1F側のロッカーに荷物を置いたまま、2Fに行かせてくれるらしい。

「みんな、ほんっとに温泉は入れなくなっちゃうけど、いい?」
「大丈夫。気にせず温泉浸かってきな。勝手にやってるから。」

肝心の温泉施設は・・・・ものすっごく広いわけでもないけど、あんまりお客さんもいなくて(不吉?)のんびりできた。
ホントの温泉です。知らなかった。東京都心のこんな近くに「本物の温泉」が出る施設があったんだね。なんだか・・・しょっぱいのは海の近くだから?

まあまあのんびりして、2Fの「まる和」さんに急ぐと・・・
小さな別のお座敷を用意してもらって、お風呂に入らなかったメンバーは・・・何でそんなに顔が赤くなってるんだ?既に。
施設の皆さんありがとう。も〜・・・すいません。人間歳をとるとワガママになりがちで。

広いテーブル2つ(畳作り)に全員が移動して始まった宴会は・・・・なんかも〜大変大変!スタートからでっかい「舟盛り」が出てきちゃって、みんな驚き!
その後は、豚しゃぶをみんなで食べながら・・・・失敗だったかも。豚しゃぶ、おじさんたちには量が多すぎた。
なんとか、残さないようにがんばる・・・あ、君も食べて。新婚さんなんだから。力つけないと。これから家に帰って、旦那さんとがんばるんだろ?

「新婚って言っても・・・・つきあって10年以上ですからねえ・・・もうトキメキなんて無いですよ。
なんかただれてるって感じ?」
全員「・・・・・」(ほんとに)

うら若き女性が、そんな言葉を使っちゃいけない!ほ、ほら、まず呑んで。好きだろう?日本酒。」
なんか大慌てで、事務の女性をフォローしているおじさん達を見ながらボケ〜としてました。
(新婚さんでもハチミツみたいな甘ったるい生活をしている訳じゃないんだ。みんな)

「おいっ!お前もなんか言ってやれ。このメンバーの中で一番歳が近いんだから。」
いや・・・歳が近いって言われても・・・だいぶ・・・え〜と・・・・
ハチミツは、いろいろなプレイで使うと、かぶれちゃうからね。

なんか・・・お酒も入って、全員盛り上がっていたハズなんですけどね。なんかみんな・・・・
「は?今、なんか変なこと聞いたみたいな・・・」って、そんな静かにならないでよ。やだな〜も〜。
お年寄りには刺激が強かったか。まだまだだな私も。いかんいかん。

結局、ものすごくがんばったんだけど、豚しゃぶは食べきれなくて・・・ホントに申し訳ない。
温泉に入って、おなかいっぱいご飯を食べた会計結果は・・・・
豚しゃぶコース(舟盛り&飲み放題オプション付き)で、5,480円/一人でした!
え?普通・・・っていうか高い?違う違う。これで、「温泉に入る費用も込み込み
んじゃ、この後、羽田空港から出張に行く人は、温泉施設側で寝てもらって・・・はい、各自解散。明日、ちゃんと出社するように。って、ん?なに?この紙の束。

中を見ると・・・「舟券」ってなってる。サービスでくれました。「舟券」
・・・はい。じゃ、みんなに3枚づつ。各自当たっているか調べるように。

・・・即座に全部私の手元に戻ってきました。おじさん達は、調べるのがめんどくさいらしい。ふう・・・
後日、よ〜くチェックしてみましたよ。少しわかりました。競艇。
当たってましたよ!1枚!
30枚購入すると1枚当たる確率のようです。
当たった金額は・・・940円
これ、換金ってどこで・・・・え?結局、この平和島競艇とか、「競艇の現場」に来ないとダメなの?
・・・換金・・・たぶん、交通費代の方が高いような気がする。
なんだよう・・・

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車