So-net無料ブログ作成
検索選択

今シーズンは既に表彰台二回目! [JAFダートトライアル地方選手権2010]

dp82dirt.gif
真っ暗な町営駐車場にセーフティーローダーを止めて、ふっと夜空を見上げる。
ものすごく広い。ぶわあああ〜っと広がる星空が・・・・自分が、毎日ついつい足下を見ながら歩いてしまっていることを思い知らされる。
まったく・・・歳をとった。目が悪くなると、自然と歩く時も足下を見て歩いてしまっているらしい。

長野県の夜空というと・・・高校の時の陸上部の合宿で、美ヶ原高原にメンバーみんなでぞろぞろ出かけていったことを思い出す。
「流れ星を見ることができるんだぜ。」と言われて、ワクワクしながら見上げた夜空は・・・あり?
なんか、”フッ”って夜空を横切る”線”が見える。

「・・・・流れ星ってどれ?」
「なに言ってんだよ。今、いっぱい流れ星がでてるじゃんか。あっほらっ!」
「ええええええ〜!あのぱって無くなっちゃうのが流れ星?」
「だって、漫画じゃものすっごくブワアアアア〜って尾を引いてるじゃん!」
「それはハレー彗星。夢見すぎ。」
「なんだよおおお〜!こんな一瞬じゃ、お願い事なんてできないじゃん!この男子校を卒業したら、モテモテになれますように。ってお願いしたかったのに!」
「そういう俗世のお願い事は聞いてくれないんじゃないかな。」
「あ、なんかこいつ、難しい言葉使ってる〜!」

このお馬鹿な高校男児達は・・・・20年以上経った今もみんなつきあいが続いている。

私は、みんなについていく事なんて、一年生の初日の練習から全くできなかった。
全く驚かされてしまった。みんなの段違いの速さに・・・元々、中学の時に運動部なんて入っていなかったし、なんで陸上部なんて選んだんだろう?
そんなことをこの美ヶ原高原の合宿の時にも思っていた。「山一つ駆け上がるなんてどうかしてる。」って言いながら、全く見えなくなってしまったみんなを追いかけて、のそのそアスファルトの上を走っていた。

三年生の先輩達は、「やっとこれで駅伝ができる!」と喜んでいたし、(それまで3年生3人だけの長距離メンバーだった。一年生の我々が、なぜか10人ほども入部してきた。)とにかく「一番遅くても、何とか3年間やり抜いてみよう。やめてしまったら、まただらだらした毎日に戻ってしまう。」そればっかりで切り抜けた夏が終わり・・・
秋になって、あの「山一つ毎日駆け上がる」”おかしな”合宿の意味を思い知る時がきた。

その秋に開催された全国高校駅伝県大会。既に高校陸上界にも「私立校支配」が確立されつつあったあの時代。

三年生の先輩が折り返し地点にトップ5で戻ってきた時・・・「自分達が強いチームなんだ。」と競技の真っ最中に認識させられてしまった。
あの瞬間、みんな”勘違い”・・・というか、その後3年間、魔法にかかったような時間を過ごすことになった。
「部員がいないから、高校駅伝にも出られない。」ということがわかっていた先輩達は・・・それまでの2年間、どんな思いで毎日練習をしてきたんだろう。

結局、地方大会進出止まりで、残念ながら西京極を走ることはできなかったけど(ちょうど、我々の県の出場校が西京極を制圧した時代だった。)私はラッキーだった。
それほどまでに強いチームでありながら、私のような「全く練習についていけない」メンバーも邪険にされずに、みんなで卒業することができたんだから。
先輩達も含め、このメンバーとは、その後も頻繁に連絡を取り合っている。
ほぼ全員が、家庭持ちになって、お子さんにも恵まれて・・・どうやらみんな、その後”まあまあモテモテの人生”をおくることはできたらしい。

まあ、あの美ヶ原高原の夜に「流星」の解説をしてくれたガレージオーナーと、その後、20年以上も経ってから、色々な地区の「車の運動会」で行動を共にすることになるとは・・・・全く想像もできていなかったけどね。

なんで今年も野沢温泉村でのダートトライアルが「こんな夜遅く」まで、手間取ることになったかというと・・・
第5戦(モーターランド野沢)での前日練習(土曜日)で、ドライブシャフトを折ってしまったんです。
前月の第4戦の時も練習時に折ってしまって、「なんか変だな。」とは思っていたんだけど・・・

まあ、どうもレースのメンバーに比べると、ダートトライアルのメンバーにとって、「ドライブシャフトが折れる」っていうのは、”大事件”ってことじゃないみたいです。
なんか、「あ、消耗品が壊れた。」って感じ。ふう・・・

そんなに大騒ぎすることもなく、チャッチャと交換完了。
その後も走行チェックも完了して、「じゃあ、帰ろうか」って段階になって・・・なんか大変大変。

他のHonda車勢と話をしていたガレージオーナーが急ぎ足で戻ってきて一言。
「なんかオレ、ドライブシャフトの組み方を間違ってるみたい!大変だ。」
へ?

・・・・だって、ちゃんと動いてるじゃん。EK4。だいたい、”ただの棒”(ドライブシャフト)の組み間違いってなによ?間違えようがないでしょう?

結局、せっかく組んだEK4をジャッキアップして、左右ドライブシャフト解体作業開始。
「もう帰ろうよ。さっき交換したばっかりなんだから、明日の本番中に壊れることはないって。」
「・・・・・・・・」

んも〜・・あ、モーターランド野沢で車両整備をする人達全員に忠告です。
ジャッキの下にひく薄い板」だけでなく、”ウマ”の下にひく板も必ず持ってこないとダメです。
どうにも作業が難儀・・・というか、せっかく整備をしてくれたコースの関係者皆さんに対して心が痛い状況に陥ります。

今年、モーターランド野沢のパドックは、すごくきれいに整備されてアスファルト舗装になったんです。
ところがそのアスファルトが・・・・
環境に考慮したせいなのか、競技車両をジャッキアップすると、アスファルトにめり込んじゃう。
も〜・・ほんとに・・一生懸命、足でめり込んだアスファルトを埋め戻し・・きれない。
まあ、色が黒いアスファルトなので、照り返しが少ないのは助かるんですけどね。

既に装着されていたEK4のドライブシャフトだけでなく、予備に準備していた3本のドライブシャフトも次々にバラしていって・・・・
ガレージオーナーの判断は正しかった。
先ほど破損したドライブシャフトの逆サイド側も異常がでていたんです。
それは、「ドライブシャフトブーツの中で組まれているベアリングの”組み方”」
どうも、「簡単に入る」方向でベアリングを組んでしまったらしく、よくよく組み直してみると・・・・
全然ドライブシャフトの動きが違う。びっくり。

「・・・・このちゃんと動かないドライブシャフトで、ここ数ヶ月走ってきちゃったんだよね?」
「うん。もっと大きなトラブルにならなくて良かった。」

結局、去年と同じくとっぷり日は暮れてしまって・・・・またまた宿泊先にチェックインが21時を過ぎてしまうことを連絡。
今回は、宿泊先をこれまでのガストホフ・シーハイルさんじゃなくて、”若ぎ里”さんに変更。
シーズンオフと言うことで、素泊まり3200円で8畳の部屋に泊まることができてしまった。
さすがに最近は、「野沢温泉の入り方」ルールもわかってきて(やっぱり体がすごく楽になりますよ。野沢温泉。すごい!)広い部屋で、ゆっくり寝ることができた翌朝は・・・とっても良くない状況でスタート。

昨年と違って、今年は「すごく良い結果」になるんじゃないかと思っていたんですよ。朝起きた時から。
なんたって、「変なドライブシャフト」に前日のうちに気がついちゃったわけですから。
「たぶんすごくいい一日になる。」って思いながら、セーフティーローダーからEK4を降ろす作業の時に・・・
やってしまった。大問題発生!それも私がわざわざ引き起こした。

競技車両が荷台から降りきらないうちにステアリングを切ってしまったら・・・・なんかショックが・・・ん?あらよっと。アクセルON!

なんか大きく手を振って、ガレージオーナーが叫んでる。
バンパーがあああああああ〜!

あ〜あ、やっちゃった。
前部バンパーが丸ごとボリンと・・・・
荷台のヘリに引っかけて、そのまま引きちぎっちゃった。

「お前はも〜・・・朝から余計な仕事を・・・」
出走前までになんとか・・・カッコ悪い形で出走させたくない。インシュロック作戦大展開!治った?治ったな?よ〜しよし。問題ない。嫌なことは忘れろ。目の前の競技に集中だ。OK?

そんなドタバタな状況からの結果は・・・・
一本目2位。(中間タイムはトップ)
二本目は・・・タイムアップに成功したけど、順位は落ちた。それでも・・・3位!やったぞ!今シーズン2度目の表彰台だ!

嬉しかったのは、その結果以上に「トップとのタイム差が詰まった」こと。
今回は、トップから1秒の中に8台。0.2秒差での3位。
昨年は、大会によってはトップから3秒も引き離されてしまった。
今年は、いつも「なんとか2秒以内」で走りきりたいと思ってる。
トップ?無理無理。どんなモータースポーツ、どんなカテゴリーでもそうだけど、「トップになる」人は、やっぱり「他の人達と違う」力を持っています。
まだそんな力を持ち合わせていないし・・・トップに立てる時なんて来るのかな?あの人達は、まったく「異次元」だ。正直、どうかしてる。
まあ、ガレージオーナーが一人でくみ上げたこのEK4が、「とっても速い」車両なのはわかっているから、希望を持ち続けることはできるんだけどね。

さて、「野沢温泉でのダートトライアル」というと、温泉+ダートラの他にお楽しみがもう一つあります。
それは・・・あの、「場内放送」
秘技「放送中に足がつることができる」アナウンサーさんの今回の放送はこんな感じでした。

「え〜、ダートトライアルの華、このDクラスとなると・・・ついに1分15秒台突入です。他のクラスより4秒以上速いんですね。」
「で、このクラスの一本目トップの○長さんの選手紹介は・・・今回は、”どこのショップにメンテナンスを頼んでいますか?”というお題で書いてもらったのですが・・・・なぜ?」
「あ、○長二本目スタートです!え〜とですねえ・・・私も初体験なのですが、なんか・・・選手紹介の欄に・・・”できれば走っている時に”いきものがかりのありがとう”をかけてくださいって・・・リクエストっていったい・・・あああ〜と、○長転倒〜!!!!」
「大丈夫か?今大会唯一の転倒発生!それも一番スピードの出るコーナーで、縦に激しくいってしまったようですが・・・大丈夫か?」
「え〜・・・それじゃ転倒しちゃってかわいそうなので、リクエスト曲だけはかけますかね。」
(いきものがかり ありがとうの曲が流れる。)
「リクエストした本人が走っていないのに曲がかかるって言うのは・・・むなしい時間が・・・
レスキューの皆さんありがとう。”って感じでしょうか?」
「あ、ドライバー大丈夫ですか。よかったよかった。じゃ、曲はおしまい。」

★素泊まりで気楽な宿泊 野沢温泉若ぎ里★
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車