So-net無料ブログ作成

ただいま再車検受付中 [WILLCOM回線から投稿]

2本目にタイムアップしたとは思っていたのですが。。。
ガレージオーナー、今回3位に入りました。表彰台です。
はるばる新潟までやってきた甲斐がありました。





-----------------
sent from W-ZERO3
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ダートラユーストリーム作戦終了 [WILLCOM回線から投稿]

どうも電源マネージメントを間違っていたみたいで、午前中の一本目でバッテリーが底をついちゃっていました。
これで帰り支度を始めます。
今日の成績は。。。なにか商品がもらえる順位のようです。





-----------------
sent from W-ZERO3
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ダートラをユーストリーム中 [WILLCOM回線から投稿]

今、トライアルゾーン新潟です。
現在の状況をwillcom回線で生中継します。
http://www.ustream.tv/channel/motorsportsjapan

電源がある限り続けます。本日限定。
カメラアングル等よくわかってないです。ごめんなさい。

ちなみにsoftbank回線は、全く入りません。




-----------------
sent from W-ZERO3
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

代替エンジンが見つかった [N1仕様エンジンの製作]

LAP.gif

EP82のN1車両って、軽いハズなんですけどね。
完全にエンジンが止まっちゃっているこの車両は・・・ああやっぱり重い。(ガソリンもほぼ0なのに)
オーナー夫婦と我が妻と共にウンウン。
あのすごくガッカリした決勝翌日、なんとか保管ガレージに壊れちゃったEP82を収納しようとして悪戦苦闘。ああまったく。

「またさあ、エンジン治して日光の耐久でない?」
「もうダメだよ。結婚2年目なのにカネをかけすぎてるぞ。だいたい、このEPを18万円で買ってきた時は、イベントに出る事なんて考えてなかったでしょう?全然違うところに向かってるぞ。」
「そうだなあ・・・最初は、スポーツ走行ができればいいや。って思ってたからね。でも、できるだけ早くまた走れるようにしたいんだよなあ・・・」

「人徳」って言葉があるでしょう?
時々、それを見せつけられる時があるんですよ。オーナーと行動していると。
彼が困っていると、解決案を持った人が遠くからやってくる。それも彼が呼んだ訳じゃないのに。

「どうだった昨日?」
AE86レース現役ランナーの彼が登場。(っていうか、私の中では”この人、ひょっとしてこの保管ガレージに住んでいるのか?”疑惑が再燃中。だって、いつ来ても必ずいる。このガレージに。)

オーナーが昨日の状況を話して、最後に一言。
「どこかにEP82のエンジンないかなあ・・・・」

なんかどっかに電話をかけ始めた。一分もしないうちに電話を切って・・・
「見つかったよ。EP82のエンジン。」
あの・・・おいくらで・・・(あんまりお金がかかるようなら、オーナーを止めなきゃいけない。)

「ばっちいエンジンだから、あげるってさ。」
「・・・・・」

しかも、引き取りに行くのがしばらく先になることを告げると、わざわざその所有者の人が、保管ガレージにエンジンを突っ込んでおいてくれるって。

どうなってるんだ?いったい。数分前まで「エンジン調達できないから、しばらくやめ」って言ってたはずなのに・・・

交換作業は・・・ガレージオーナーに相談。
「ああ、じゃあゴールデンウイークは、エンジン載せ替えだな。一通り持ってきな。」
いや、そんなに急がなくていいんだ。変に早く整備が終わると、活動を再起動しようって言い出しかねない。
エンジン二基をバラして、組み直してみよう。

「エンジンバラして組み直すのってさあ・・・ダブルオーライザー・パーフェクトグレード組み立てるより難しい?
「いや・・・・そっち方面わからないから。本気で。とにかくネクタイ組にできないことは確かだ。やめとけ。」
ちっ。ガンプラより難しいのか。それは厄介だな。

まあ、どんなことでも良いことがあれば、嫌なこともあるんです。
モータースポーツで二番目に嫌なことは、”道具が壊れちゃうこと。”
これから先は、「じゃあ、道具が壊れちゃった後って、その先どうすればいいんだ?」というお話を記事にできると思います。
あんまりないでしょ?モータースポーツ関係の記事で、結果だけじゃなく、「壊れてしまった後にどうするか?」を明かしていく記事って。
ゆっくりペースになると思いますが、できる限りお伝えしていきます。

あ、最後にもう一つ予告。
今日は、埼玉スタジアム経由でトライアルゾーン新潟に向かうのですが、明日開催される「ダートトライアルJAF関東選手権2010第3戦/JMRC関東第3戦」の様子を現場から生中継しようと思っています。
USTREAMとMacBookAirだけを使って。
あ、別につまんないと思います。ただ現場にノートパソコンを一台置いて、固定状態で風景を映すだけなので。
実は、先日の日光サーキット4時間耐久第二戦の時もチャレンジしようと思って、機材を一通り持っていってたんですよ。
根本的なところで大問題に突き当たって諦めました。WILLCOMの回線が繋がらん・・・
確か、昨年のトライアルゾーン新潟は、会場内の下の方(山の下の方ね。)なら、WILLCOM回線が接続できていました。
チャレンジしてみます。もし、映像が流れていない時は・・・回線にアクセスできなかったと思ってください。(なにぶん生放送なんでね。)

え?なんで今更PHSって?
なんかみんな「携帯電話の方が全然便利」って言ってるけどさ。それ、毎月そんなにお金をかける価値があるものなの?
こっちなら980円/月でUSTREAMまで流し放題だぜ。
PG 1/60 ダブルオーライザー ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

PG 1/60 ダブルオーライザー ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

残り3分まで4位に手をかけていたのに・・・ [2010日光4時間耐久レースE☆1]

nikko.gif

朝の音は、大雨じゃなくて「降雪」の音だった。
高速道路も真っ白。そこここで事故が発生している脇をすり抜けて行ってきました「日光サーキット4時間耐久第二戦」。
本当に思い出せないぐらい久々に「スポーツ」をしました。
体中が痛い。

さて、その結果は・・・・
予選 5位
決勝 リタイヤ・・・ではなくて、主催者の皆さんのはからいで「16位」という順位をつけていただきました。

耐久レースは、「フィニッシュラインを超えられなかったら、なにも与えられない」ものなのですが、「最後の最後まで、もっと高い位置の順位が手に入れられるところにいたんだから。」とお声がけをいただいて、この順位が正式記録に残りました。

競技時間残り3分まで、出走前にたてた「Sタイヤ車両による4時間無給油・タイヤ無交換作戦」は、完璧に執行され、全員が「十分なデータが取れた。これで次回からは”本気の競争ができる”」と信じて疑わなかった中で・・・
まさかのバックストレートでのエンジンブロー。(ピット側からよく見える位置)

取り出したオイルゲージが信じられないような角度で曲がる壊れ方。

今回、メンバーが少ないということで、ガレージオーナがわざわざこの悪天候の中、手伝いに駆けつけてくれた。
その前で「いい結果が見せられる。」と思っていたのに・・・

ガレージオーナーの「エビスで12時間の耐久があるんだよ。」という言葉から、始まったこのプロジェクトは・・・
残念ながら、その立役者が見る目の前で、その息の根を止めることになった。

The END

オーナーは諦めがつかない様子だけど、あの20年ほど前の気持ちままに加速を始めてしまったこのプロジェクトは、今のこの状況でないと立ち止まれないところまで来てしまった。
いったんは、足下をよく見つめ直す必要がある。この3年ほどのうちに家族が増えたメンバーも多くなったんだから・・・・

別にカッコ悪くなんてない。「おっさんになった証拠だ。」?ありがとう。いつも「大人って、いつから始まるんだろう?」って思っていた。

一時停止の時だ。僕たちの冒険は終わった。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

よりによって雨だああ〜 [2010日光4時間耐久レースE☆1]

minagawashacho.gif

豪雨のエビス12h耐久(2008年)を思い出しちゃう展開。

雨の音が気になって、すぐに目が覚めちゃった。
ほとんど寝てない。

・・・・・まいったなあ・・・・決勝開始時刻も雨かも。

結局、昨日の「4輪アライメントテスター」チェックは、「問題なし」だった。

なんではるばる遠い「コクピット川越」まで車両を持ち込んだのかというと、こちらの社長さんは、
「モータースポーツ出身者」だからです。それもダートトライアル出身者。
今どき、「4輪アライメントテスター」装備の店舗は、このお店に行くまでにたくさんあるんだけどね。
実のところあんまり信用していないんですよ。「モータースポーツをやったことがない」お店。

お話を聞いたところ、「シードゼッケン」制度が設立された時の初代適用者だったんだそうです。社長。

我々のEP82で現在起きている症状を話したところ・・・・

「アライメントに特に問題はなかった。手作業で今までやっていたって事だけど、良くできてるよ。
タイヤの銘柄を変えて、そんな状況になるほど大幅にライフが変わることはないから、乗り方の問題だよ。」

・・・・・結局、わかったのは「ドライブする側の問題。」

決勝時間が雨になることを願っている自分も・・・事実いる。
これで、Hondaエンジン勢と大きな差は無くなった。

今のベストを尽くしてきます。

 iTunes Store(Japan)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

結局4輪アライメントテスターにかけることにしました [WILLCOM回線から投稿]

COKPITKAWAGOE.gif

明日が決勝っていうこの時間にちょいと100kmほど走らせてコックピット川越にEP82を持ち込んでいます。

ものすごくお久しぶりに顔をあわせた店長は、開口一番

「13年ぶりだよ!前髪薄くなって、オッサンになったなー。お互い。」

・・・・いや・・・わかってるんだけどね・・・
っていうか、わからされたっていうか・・・あーあ。




-----------------
sent from W-ZERO3


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

日光4時間耐久費用はいくらかかった?(第1戦) [2010日光4時間耐久レースE☆1]

2010no1gurafu.gif
2010no1meisai.gif

昨日ですね。「さすがに1月末の大会以来、この車両を全く動かしていないのはまずいだろう。」ということになって、集合したんですよ。筑波サーキットに。
単純に車両の動作状況確認の他に2つ確認したいことがあったんです。
1)次戦(4月17日)出走時のシートポジション確認
2)1月末の大会の時にドライブしたメンバーから口々に
「なんかこの車両遅くなってる。」
という指摘があったけど、ホントのところはどうなんだ?

1)のシートポジションについては、私が一番きついのですが、どうやら全く触らずにドライバー交代ができそう。ま、実際に30分間走ってみることにしました。
2)については・・・なんか大問題かも。
新年早々に「駆動系が完全破壊」という事態になったときに、手持ちのスペアパーツで組んだんですけどね。4速ミッション。
これまでの私達の知識だとそれまで搭載していた5速ミッションは、「4速ミッションにODがついて5速化」だと思っていたんです。

ドライブしたメンバーがみんな口々に「なんか変だよ。この4速ミッション・・・・」
私?いや、私、「走れれば何でも良いよ。」って感じなので・・・
今回の練習走行でも、「この溝がほとんど無いSタイヤがいい。ゴムがついてればいいよ。もったいない。」って選んだら・・・オーナーが心配して、他のタイヤにわざわざ組み替えてくれちゃった。

さてどうなんだ?
最初の練習走行枠をTTC1400現役ランナーの彼が走ってくれた。
タイムは・・・1分10秒4がベストタイム。
・・・なんかやっぱり遅くなってる。気のせい・・・じゃないような気がする。10秒切ってないとおかしいぞ。

次の走行枠で、現役ランナーの彼は本番車を持ち出してきた。
私が、こっちの日光出走車両でコースインする。

私は一回練習走行に入ってしまうと、30分間連続走行するように心がけているんです。
チャンスがあるときに体のトレーニングをしておかないとまずいと思っているので。

で、現役ランナーの彼がピットに入って何か調整しているのをホームストレートから見ながら連続走行。
そのうちに彼が追いついてきて・・・(というより、同じEP82で追いつかれる時点でおかしい。)
バックストレートで並ぶ間もなく抜き去られた。

その前からなんかおかしいな〜。とは思っていたんです。バックミラーで彼の車体をチェックしながら。
1ヘアピン・2ヘアピンで一気に間合いを詰めてきた。

最終コーナーと1コーナーのアプローチの仕方が・・・なんかこっちの方が突っ込みすぎなのか?追突しそうになって、コーナリング中に強くブレーキを踏み直す必要がある。
で、1ヘアピンに入ると・・・脱出であっという間に引き離された。なんだあ?

よくよく観察していると、「かなり大回りして、立ち上がり重視のライン」なんです。毎周毎周正確に。
コース幅の3/4ぐらいの位置からアプローチを開始して、クリッピングポイントは・・・かなり奥です。なんて言ったらいいのか・・・135°ぐらいのところ。
クリップにつく前ぐらいから、既に離れ始めちゃうんです。その前まではこちらの方が車速が乗っているのですが・・

じゃあ同じ事ことすればいいじゃんって?
・・・うまくできな〜い。
なんだかも〜・・・何とかマネをして大回りラインでアプローチはしてみるんですけど・・・最後の”クルッ”って旋回させるところがうまくいかない。
先行している彼の車体がどんどんクリップ後に離れていくのを意識して、アクセルを踏んでしまうせいなのか・・・この方法をとろうとすると、外に車体が逃げていっちゃう。
なんかも〜・・・

全くついてこられないのを見て、彼がわざわざ減速して待ってくれるんだけど・・・再び引き離される。
そのうちにスロー走行していたオレンジの車体のEP82をパスしたら・・・くっついてきた。
・・・まったく同じパターン。バックストレートで並ぶまもなく抜き去られた。
実戦中だったらブロックライン?いやいや、まったくそんなことができない速度差。
結局、このオレンジの車両が彼の後ろをついて走るのを観察する羽目になったのですが、2台とも同じラインで走行してる。
どうも・・・現代のFF・N1車両をちゃんと走らせることができなくなっているらしい。私。
結局タイムは・・・1分11秒1がベストタイムって・・・なにそれ。
同じ車両をドライブして、0.7秒引き離された。
ちなみに本番車の方は、同時走行でどんなタイムだったかというと・・・
1分09秒4ぐらいを連続ラップ。
これじゃあ、全く歯が立たないわけだよ。こんな状況で大丈夫なのか?今度の土曜日の大会。ふう・・・・

ま、どこまでも「ホビー」ですから。
消耗品であるこの4速ミッションが壊れてから先のことを考えよう。

さて、もうそろそろ募集が終了する2010日光サーキット4時間耐久レース第2戦。
前回かかった費用をいつも通り公表しましょう。

245,704円かかりました!

解説をすると、年始の駆動系破損のパーツ代が含まれていることと、IDIのブレーキパッド&シューについては、摩耗状況からすると年初に交換しておけば、年間通して(3戦)使えると思います。
それとリヤタイヤも・・・「リヤタイヤ用にしか使わない。しかも本番の時に」と決めてしまえば、3戦分保つように思いました。
まあ、大問題はフロント側で・・・結局、次の大会では4本とも銘柄を変えるんですけどね。
これで持たなかったら、ホントにどうしたらいいんだか・・・

2008年2009年に含まれていて、今回全く入っていないのは・・・「アメニティの部」
というのも、「日光サーキットでは、温かいご飯が食べられます。」
自動販売機で、ドリンクも普通の値段で買えますし・・・ドライブ以外でいろいろと気を回さなきゃいけないことが減って、楽なサーキットです。

ま、それでも今回我が妻を連れて行って思ったのは・・・
やっぱり「女性の視点」って違うんですよ。
なんだかやたら大きな荷物を運ぶハメになって、「なにこれ?」ってブツブツ文句を言っていたんですけどね。
現地で「温かいお湯を入れたポット」と「カップスープ」がたくさん出てきました。具が入ってるヤツね。
これが大好評!
確かに自動販売機でホットコーヒーは買えるんですけど、このカップスープの方が、ホッとするというか、落ち着くんですよね。いやでもゆっくり食べなきゃいけなくて。
春になった第2戦でも・・・たぶん持っていきます。コレ。ホントにお勧めですよ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

決勝中のガソリン補給作業はどうやるの? [2010日光4時間耐久レースE☆1]


オラ、先日初めて「表参道」って駅に降りただ。
休日の夕方だっていうのに、なんだか駅の中は狭くて・・・人がいっぱいいた。
案の定、迷子になったっぺ。
いつも通り、au「EZナビウォーク」を頼ったっぺ。

・・・東京はやっぱり怖いところだ。GPSの電波も届かねえ。呪われてるっぺ。
・・・あ、地下鉄だからか。い〜ま、まだ地下だわ。衛星軌道上から地下にまで電波が届いたら、その方が怖いっぺ。

やっとこさ、地上に出たら・・・なんか街がすごいキラキラしてんだ。街を歩く人達も、なんだかみんな楽しそうなんだ。笑顔で。
思ったよりも建物の高さが低くて・・・なんだかスッキリしていた。空が高く感じただよ。
あ、わかった。電柱とか電線がないからだ。なんかの本で読んだっぺ。
「映画の中で、“悪い未来”を描くときは、ケーブルが垂れ下がってる。“良い未来”の時は、すごくスッキリしてる。」
その通りだと思ったっぺ。この街を初めて観て。なんだかホント・・・街行く人達がみんなカッコ良いっぺ。

結婚パーティーの会場の前で、あいつを待ったさ。
あいつのことだから、いつも通り土日には遅刻だべ。
・・・・・こな〜い。

って思ったら、会場からパって飛び出してきただよ。あいつが。アリ?先についてたのか?オラ、会場に着く前に携帯メール入れといたっぺ。「もうすぐ会場に着くよ〜ん
ボケッと建屋の前で突っ立ってるオラを見て、笑っていたっぺ。ひょっとして、モーターショーの時の恨みを晴らしたつもりだっぺ!
「なに言ってるんですか。もう始まりますよ。早く早く!」
なんだか偉そうなんだな。チッたまに「予定時間よりも大幅に早く着いちゃった」からって。時間守れ。

うちの美人さんをたぶらかした野郎の顔を見てやろうと思って、今日は来ただ。
パーティーの会場に現れた二人は・・・・案の定、嫁さんの方が背が高いっぺ。たくさんの人の前で自慢したいんだっぺ?
「ホラホラ〜俺の嫁さんこんな美人だよ〜」って。そうなんたべ?あ〜ん????
って思いながら、新郎の方を見たら・・・・んま〜!!!!!大変大変!
スッゴクいい人!」って、100人の人がみたら100人が絶対言うぞ!君のこと!
遠くからでも「悪さしねえ。この人だったら。」オーラが・・・・眩しい!
オラ、自分のドス黒さが恥ずかしくなっただよ。

今日は立食形式のパーティー。まず、会社のみんなで集まって、ご飯食べただ。
「これ、すっごいおいしいですよ!」って、なんでそんなに山盛りにエノキをもってきちゃうの?
それ、ひょっとして、大皿にあったの全部持ってきちまったっぺ?
あ、新郎新婦がテーブルに来てくれたっぺ。なんか話を・・・って、なぜ全員ご飯を食べ続ける・・・
「あっ!落っこっちゃった。」
「大丈夫大丈夫。3秒ルール〜。拾っちゃェ拾っちゃえ!」
いや、それはちょっとこういう場ではまずいんじゃ・・・あ、食べちゃった。
「お前ら、いくら何でも表参道でそれをやるのはダメだぞ。」って注意しているそばから新婦が・・・
「ごめんねえ。いつもこんな感じなの。」

・・・・オラは思った。「それはフォローになっていないぞ。新婦よ。」

新郎の方を見ると・・・すごく視線が泳いでた。スマン。新郎よ。
いつもこんな感じのフォーメーションなんだ。

「出会いが欲しい〜!」ってうちの女性陣が叫んでる。
ふう・・・わかったわかった。適当に見繕って渡してやるぞ。
新郎側のカッコ良いお兄さん達を捕まえて、お話をして・・・よしよし。女性陣と話がつなげたところでフェードアウト。
次は・・・男性陣のフォローか。
なんか・・・とにかく新郎側の友人の皆さんが人数が多いだけじゃなくて、皆さん華やかなんだぁ。男も女も。
「皆さんどんな職業なんですか?」
って聞いたら、雑誌の編集やデザイナーさんなんだって。どおりで。モデルさんみたいな人までいるわけだぁ。
そんな話をきれいな女の人順に声をかけまくっていたら、ある時点で「ピシッ」と空気が。
あ、男性陣がゾロゾロ別の部屋に出ていっちゃって、それにつられてきれいなお姉さん達もいなくなっちゃった。
結婚指輪をはめたおじさん相手にそんなにピリピリすることもないぞ。若者よ。

華やかな式が終わって、表に出た時に思っただ。
「やっぱり・・・・オラ、呼び込みの声とチラシがある街の方がホッとするっペ。絶対領域を眺めてから帰ろ。」

zzzzzんあ?
え〜と・・・なんかまた文字がいっぱい打ち込んである。
今回の脚本家様は、田舎の方が降臨されたみたいね。ま、いっか。んじゃ保存。っと。

さて、お馬鹿な前振り記事はほっといて、本題いきますよ。
今回のお題は、「日光4時間耐久、決勝中のガソリン補給方法はどうやるの?」

も〜最適な教材を用意しましたよ。本文先頭の動画を再生してください。ウオッチ片手にね。

ドライバーは車両を降りてきて・・・車両のガソリン補給口を開けたあと、既に路面に置いてある「自分たちのガソリン補給缶」の蓋を外して、ホースを組み付けます。
この組み付ける時間が・・・・たまらなく長く感じます。ほんの数秒なのに。
すごくもどかしい。けれども、ここで「ちゃんとホースをねじ込む」ことを心がけていないと、補給缶のねじ込み口から、ぼたぼたガソリンが垂れて大変危険な状態になります。
すごく焦るんだけど、とにかく「ゆっくり」作業です。
全部入れたあと、再び車両の補給口を閉じて、運転席側に戻る。

競技規則に書かれているルールは、
1)ドライバーが降りてから、タイム計測開始(20Litterなら4分間。10Litterなら3分間)
2)ガソリン補給をやるのは「それまでにその車両をドライブしてきた選手」
3)必ず消火器要員をチームから1名派遣すること。
4)一旦停止したら、エンジンは必ずストップ。
の4つ。

この4つだけだと・・・・現場での運用は・・・イマイチわからない。
はい。ここから先は、実際に体験した結果からの補足事項ですよ。
5)ガソリン補給のための停止時間中に「ドライバー交換だけの」作業ならok。
6)そのドライバー交代時間を入れても、4分間なら十分に時間が余る。だからくれぐれも「ゆっくり」作業。

というのが、この動画から参考になるかと思います。
さて・・・・なんでわざわざ今回、このテーマを取り上げたか。

それは・・・この動画の撮影前に「ものすっごい落とし穴がある」大会です。日光4時間耐久。

この動画だと、車両が1台しか写っていませんが、実際の運用は、「2台が同時にガス補給ができる」スペースが与えられています。
この動画の場合、運転席側から見て左方向にもう一台止めるスペースがあります。
「はいはい。2台までは同時補給ができるのね。」

そう。さあ質問です。
「じゃ、2台が補給中に、さらに後ろから車両が入って来ちゃったらどうするんだ?」

どうなると思います?
答え:「前の車両が動き出すまで、後ろで待っていなさい。」
競技中に「停止」ですよ。時計の針はどんどん動いちゃって、ライバルもガンガン走行中なのに!
このトラップに完全にはまり込んだのが、2009年夏:250周耐久優勝の彼ら。
あらら〜給油エリアで完全に「信号停止」時間だわ。あ〜あ、終わったな。

それに私達も・・・

もう一つ質問です。
「さあ、給油エリアに入ってきた。あれ・・・なんだよ。2台とも補給中だよ。まいったなあ・・・後ろについて待たないとダメかあ・・・」
さて、この時、どうします?「どっちの車両の後ろについた方が速いんだろう?

この瞬間、ものすごーくいろいろな要素が頭を駆け巡ります。
1)2台のうち、速く給油が終わるのはどっちだ?
2)エンジンをいったん止めちゃったら、”押して給油位置まで車両を動かすこと”って言われていた。押すのが楽な停止位置はどっちだ?

係員さんが、先に終わる方を誘導してくれるんだろ?
ないない。すべて自己判断です。もし「誘導してくれた。」ように見えても、それはだ。トラップだよ。きっと。

私達はどうだったかって?
え〜と・・・なんかその幻が見えちゃったみたいで、「あとに給油が終わった」の後ろについちゃった。(誘導されたように見えた)
このあと、ものすごく問題だったのが、「競技車両を消火器要員一人で補給位置まで押して、位置決めをしないといけない。」状況に陥ったこと。

「ドライバーが降りて、一緒に押せば簡単でしょ?」
う〜ん????降りちゃって良かったのか?だって、「補給位置に停止して、ドアを閉めたところから停止時間計測開始」だよ。
降りてしまうと、なんかペナルティを取られるんじゃないか?

これは、次回要確認項目だと思います。VTECエンジン勢とかは、車両が重いですからね。大変ですよ。一人で押すのは。

結局・・・給油スペースは隣に空いていたのに、ボケッと前方の車両が動き出すのを眺めて・・・・大失敗だったよ。ほんとに。
大会が終わったあと、もっとガッカリさせられたのが・・・・
燃料補給なんてしなくても、走りきれました。たぶん。あ〜あ。
まあ、「タイヤが壊れてゆっくり走ったから」なのかもしれないけどね。

大塚製薬の通販【オオツカ・プラスワン】
an・an ( アン・アン ) 2010年 3/24号 [雑誌]

an・an ( アン・アン ) 2010年 3/24号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2010/03/17
  • メディア: 雑誌

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車