So-net無料ブログ作成

無事壊さずに帰ってこられました。 [2010日光4時間耐久レースE☆1]

A050.gif

[レース活動] ブログ村キーワードふう・・・今、自宅に到着しました。とっても疲れた。今回は、競技に「ちゃんと」参加したし。

結果は・・・・
予選9位
決勝11位

・・・・・・・・・はあ・・・

私用も会社での仕事を含めて、これだけがっかりな一日は・・・・思い出せない。

あ、みんなで整備した車は壊れなかったんです。おかげさまで。
と・こ・ろ・が。
車両の力を全く発揮せずに4時間が経過しちゃった。不慣れな給油作業を展開したおかげで、はまり込んだし。

なにが起こったかというと・・・・冒頭の写真を見てください。なんか・・・・とっても不吉な状況のタイヤ。

これ、4時間走行後のADVAN A050なんです。
今回、初めて横浜ゴムの最新鋭Sタイヤ「ADVAN A050」を実戦投入したんだけど・・・
今まで、A048でエビス12時間も昨年の日光耐久250周レースも走ってきて、「競技中に」交換作業を行ったのは、エビスでの「何かパーツを拾って、パンクをしてしまった」から交換した1回だけ。

想像もできなかったです。日光サーキットを3時間以上走らせるとSタイヤが破壊されちゃうなんて。
いやあ・・・ほんとに・・・・もう、「なすすべがない」っていう心情を嫌というほど思い知らされた4時間になりました。
あの「丸くて黒いもの」が機能しなくなると、ドライバーがどんなことをしたって、もうホントになにも処置がとれないんです。
大事なんだってのは知っていたんですけどね。「ゴム製品の選択」って。ええ。「選択を間違えると一生の不覚」みたいな。
ほら、ここ数年芸能界でも増えてるでしょ?年末年始の特番でも所ジョージさんが苦言を呈していたけど。(え〜と???何の話?)

今回、レギュレーションに「タイヤを交換する場合は、1本につき3分間の停止」っていう条項が追記されていたことには、ず〜と、頭の隅っこで引っかかるものがあったんですよ。
「なんでそんなこと書いてあるんだろ?前回はなかったのに。」

これ、規則書を作った人は知っていたんですね。左フロントタイヤ(だけが)保たないということを。
ものの見事に、そのトラップに引っかかってしまった。
う〜ん・・・・今回の経験を踏まえると・・・・ちょっと根本的に「4時間の流れ」の組み立て方を変えないとダメだと思いました。
どうも、「250周レースと4時間レースとの違いなんて、たいしてないよ。いっぱい走れるようになってハッピー」っていうのは、全然通用しなかった。はあ・・・・

あ、でも少し得たものもありましたよ。
「スピードを落とすしか対処する方法がない」という状況の中でわかったのは、どうも「4時間無給油作戦」も実行できそうです。我々の車両。
当然、今までと同様、Sタイヤでね。
ウィルコムストア
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

治ったよ!日光耐久に参加できます! [EP82日常整備]

ep82kurach.gif

さて、新年早々に壊れてしまったEP82
壊れた箇所を予測して、みんなで手分けして準備開始。
私の担当は、「倉敷の丸形防振ゴム」を手に入れることと、Sタイヤの組み替え作業。

早速入手して、保管ガレージで交換作業開始。って・・・・
その前に、このガレージの中を整理しよう。今回のトラブル対策用の予備パーツが出てくるかもしれないし。
一人で保管ガレージをゴソゴソ。

一通り予備パーツを出してみると・・・・何とかなりそうな気がしてきた。今回のトラブル。
んじゃ、まず、落ちちゃったマフラーの補修ね。

・・・・・・・・あの・・・・無いんですけど。せっかく手に入れた倉敷のゴムブッシュ。

しまったああああ〜!家の玄関口に忘れてきた!俺のばかぁ!

星が瞬き始めた空を見上げて一言。
・・・お母さん。僕の今日一日はなんだったんでしょうね・・・(かなり実話)

ハイブリッドカープリウス様を踏みまくって再び往復!
真っ暗な保管ガレージにゴムブッシュを放り込んで任務終了!

結局のところ、いつも通りなにも役に立てないのだ。私。
この日以外、まったくもって作業を手伝うことができなかった。

フォークリフト修理の彼と食品屋さん(2008年のエビス耐久を走ってくれた。この2年の間に彼は一児の父になりました。)と、オーナーの三人で修理をしてくれた。

事前にガレージオーナーに相談したときの破損箇所の予測は・・・・「その症状からすると・・・たぶんクラッチだろ?で、治ったとしても、なぜそれが起きたのか、推測しておかないとダメだぜ。」

3人でEP82のミッション周りを降ろした結果は・・・・全くもって、ガレージオーナーの事前予測通りだったそうです。
冒頭の写真がその結果。

この写真を見た瞬間ですね。「なんか不吉な形。これ、壊れてるよねえ・・ものすごく。」

クラッチ板がバラバラになっていただけでなく、砕けた部品がミッション側のケースまで削ってしまっていて、結局、ミッションそのものの載せ替えが必要になってしまったとのこと。
まだ良かったよ。予備のミッションを用意してあって。

今回は欠場するAE86乗りの彼が、クラッチディスクを提供してくれた。
クラッチカバーは、TRD製の新品へ。
換装した結果は・・・・ちゃんと動くようになりました!EP82。

やったよ!なんとか間に合ったよ!私は何にも手伝えなかったけど。
私がもし手伝っていたら・・・・倉敷のゴムブッシュをそのまま使って、マフラーをつり下げてただけ。
結局、この破損箇所もフォークリフトの彼は思うところがあったみたいで、自宅に持ち帰って、溶接をやり直してくれたとのこと。

で、いよいよ今日は移動開始って・・・・あ、その前にブレーキパッドとシューが到着したのね。
なんかIDIって会社さんにお願いして、シューの方まで耐久用スペシャル品を作ってもらったっていう・・・
よくやってくれたよねえ。もう、EP82のリヤブレーキシューを作ってくれる会社なんて、そうないでしょう?

ん〜と、その交換作業を私とオーナーの二人でやるわけね。
・・・ほんとに?このネクタイ組二人だけで?
ものすっごく大変だよね。フロントディスクブレーキは簡単だけど、EP82のリヤドラムって、バラすのがものすっごく大変だったよ。

去年の夏、二人でシューの交換をした結果は・・・・
他のメンバーがその作業結果を見て・・・・全部やり直しになったっけ。
ドキドキドキ・・・どうしよう。止まらなかったら。明日の練習走行は・・・最初に手を挙げよう。
みんなを危険な目に遭わせるわけにいかないもんね。

さてと、明日の集合時間は・・・・あ、今回は少し早く受理書が返送されてきたのね。ほっとした。
それだけじゃなくて、ちゃんと日光サーキットのホームページにスケジュールとかも公表されてるの?
どれどれ・・・・朝7時までに集合ね。ま、くれぐれも安全運転で。それよりも気になるのが・・・・

エントリーリストを見ると、少々ひるんじゃうと言うか、後ずさりしちゃうと言うか・・・
前回よりも台数が増えているだけじゃなくて、参加車両が・・・・
相変わらず、我々の車両が一番小さい排気量・・・・っていうよりも、まずいぞ。これ。
「昭和の時代の車」が出てきてる。

JAFの公認競技じゃないからこその手段というか・・・・気にしなくってもいいもんね。この大会。JAFの公認期限なんて。

まいったなあ・・・・
え?なに言ってるの?そんな古い車を気にしてって?イヤイヤイヤイヤ、まずいですってこれは。

マイナーリーグのレース車両では、「古い車ほど速い」んです。プロリーグは違うけどね。
なんでかって?
車両の重量ですよ。重量。
あの伝説のNHK特番で、日本車の安全対策に問題が提起される前の時代の車両は、とにかく軽いんです。
しかもHondaエンジン搭載車って・・・・ただでさえ燃費がいいのに。うわあ・・・・
いいところに目をつけたなあ・・・っていうか、よくパーツを見つけられたよね。

いや、そんなことを考えちゃうのも二回目の参加になるからか。
経験値が全くなかった前回は、周りのことなんて気にしてられなかった。
結局のところ、耐久レースは駅伝やバトンリレーと一緒だ。
「みんなでタスキをつないで、最後まで走れるか?ゴールラインをくぐり抜けられなかったら、全部無しだ。」

行くぞ!あ、最後にちゃんと大声で言わなきゃね。
「優勝目指してがんばりまっス!」


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

壊れちゃった。EP82。 [筑波サーキット]

皆さんiMacって覚えてます?
あ、最近の液晶ディスプレイのモデルじゃなくて、カラフルな5色のiMac。
そうそう、すっごく世界的に大ヒットしたあの「半透明のパソコン」。

あれが今、我が家に余っていてですね。
年明けから格闘していたんですよ。「パソコン持ってない。」っていう友達にあげようと思って。
やっぱりおっさ・・・あ、いや。「ミドル」なんですよ。僕たち。
どんどんどんどん踏ん張らないといけない年代になっちゃっているというか・・・
彼は、お子さん二人に一戸建てのローンが残ってて大変。
お父さんは、携帯電話を持つことができずに、奥様にはなんとか古い携帯電話を所有してもらっている状況。
さすがに、このままだと「デジタルデハイド」に向かって一直線。って感じなので、ちょっとおせっかいを焼くことにしました。

で、このiMac。最終モデル(2001年)の品物なんですけどね。
それに2005年当時のOSを入れようとすると・・・・ちょっと本体に手を入れなきゃいけない。
ええ。ちょいとバラバラにしました。ほんとに。

ああ、全然心配いりません。しょっちゅうバラバラにしていますから、Appleの製品って、筐体をバラすところから大変なんですけどね。ほら、一丁上がり。内蔵電池の交換完了。

んじゃ、電源ボタンを押して起動。っと、このあと、HDDを完全にフォーマットして、OSを新規インストールしないとな・・・って・・・・
あの・・・・画面が真っ暗なんですけど。一向に。

気のせい気のせい。って思って、一晩寝てみたりですね。
あ、ほら、「朝起きたら、何事もなく立ち上がってくれた。」みたいな。
電源ボタンをボチッとな。
・・・・・・状況変わらないんですけど。

んじゃ、ちょっとほら、グイッと天井に向かって、逆さまに振ってみる。
ブラウン管のディスプレイ内蔵だけど、ちっちゃいのだ。あらよっと。
「カラカラカラ・・・・」
ん?なにか音がする。
ん〜天井の明かりに向かって、逆さまに振った半透明のボディをよ〜く見るけど・・・別に・・・なんだろうカラカラって・・・・

気のせい気のせい。
なにも外れてない・・・・うわ〜ん!(床に突っ伏して号泣)

もう一回、バラバラにして・・・・今度は組み立てないで電源オ〜ン!!!

ジャーン!

ほ〜ら、俺様の手にかかれば、こんなもんだぜ!フエ〜ッヘッヘ。
Macをバラバラにして、家庭用電気工事もやれるけど、N1車両のメータ周りの配線は失敗するんだぜ!(はあ)
でも、やっぱりMacって、すごい。
9年経っても、ちゃんと最近のOSをインストールして、まともに動いちゃうんだから。
皆さんの周りにありますか?01年ごろの「パソコン」にWindows XPをインストールして、ちゃんと動くマシン。

もう一回筐体の中に組み込んで、今度はばっちりなのを確認して、筑波サーキットに向かったら・・・・
もっとショックなことが起きました。本日は。

EP82壊れちゃった。

本日は、3走行の予定だったんですけどね。
1走行めにオーナーが走らせて、上々の結果だったのですが、その2走行めに現役筑波EP82レース表彰台ランナーに走ってもらいました。

で、コースインして早々に・・・・土煙とともに最終コーナーを出てきた。
・・・・またあの「ゴムブッシュ」を買わなきゃいけない。マフラーが落ちちゃった。

戻ってきた彼(日光09年耐久の第4走者だったのだ。)に状況を聞くと・・・・このとき既に何かのパーツが壊れていたんでしょうね。
「なんかこの車、ステアリングの動きがおかしい。それだけじゃなくて、バックストレートエンドで、ブレーキをかけたら効かなくて、そのまま飛び出しちゃった。」

まあ、その時は、「やっぱり1走行めに自分の車両で1分08秒4で走る人は違うんだなあ・・・行けるところまで行っちゃったから、飛び出しちゃったんだな。」なんて思っていたんですよ。

で、3走行め。
コースインして、数周で戻ってこない。
・・・・・・・・・・・あの?別に赤旗にも黄旗にもなってないぞ。

探したら、1コーナー出口で、外側に車両を止めてた。
外装はなにも傷ついていないのに、レッカーで引っ張られて戻ってきた。なんだあ????

エンジンは、ちゃんとかかるし、シフトレバーに各速入るのに・・・・
まったく動力がドライブシャフトに伝わらない。これっぽっちも。

・・・うわ〜ん。重傷だよ〜。こんな症状経験したことないもん。これまでのどの車両でも。

よりによって、日光サーキット4時間耐久レース(E☆1)のエントリーをしちゃったよ。
今度は、私がオーナーの代わりにドライブするのだ。って・・・・
競技車両がないとどうにもならないじゃん。
あ〜・・・もう・・・

あ、皆さん、日光4時間耐久レースは、「4点シートベルトをつけていれば、軽自動車以外は競技可能」なイベントです。
ほら、そこにあるエルグランドや、ランドクルーザーでも出走可能ですよ。
さあっみんな!日光サーキットに集結だ!

あ、今ひらめいちゃった。
全然大丈夫じゃん。うちら。
オーナー(銀行員)の通勤用スターレットで出走すればいいんだよ。
すぐに全部のパーツが移植できる。んじゃ、まずアンダーコート剥がしから。消火器設置用に穴あけていい?
作戦は決まったな。
「通勤用タイヤで4時間無給油作戦」だ。
いくぜっ!銀行員の底力を見せるんだ!(あり?オーナー・・・・今回ドライバーじゃないの?ほんとに。)
MonotaRO (モノタロウ)【法人向けストア】

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車