So-net無料ブログ作成
検索選択

予選はどうやった? [2009年夏耐久]

 
祝!10万PV達成ですよ!このBlog。感謝感謝。すごくうれしいです。
まさか、毎日こんなにたくさんの人が訪問してくれると思ってなかったですからね。昨年の梅雨時
たま〜にしか更新されないこのBlogに訪問してくれる皆さんに感謝。
更新頻度向上は・・・う〜ん・・・脚本家様の魂が降臨してくれないとダメなんで・・・期待しないでください。
しかし15ヶ月での10万PVというのは・・・一ヶ月7000弱PV。各月の確率と分散を求めると「更新頻度に対する訪問者数の推移」について、統計論の論文が書けるって・・・・やめとこ。

さてと・・・本題に入る前にもう一つ寄り道。
先日、「丸和カップ」なるイベントに参加してきたんですよ。ガレージオーナーの手伝いで。
驚きましたね。台数の多さと女性ドライバーさんの多さに。いや、ほんとびっくり。
あんな細腕でダートラ用の重いホイールに組み込まれたタイヤを交換してるんですよ。
「みんな明日(月曜日)になれば、あんな制服こんな制服を着てお仕事をしてるんだろうに。ウエッヘッヘ。」
な〜んて思いながら、競技に参加したんですけどね。
コテンパンにやっつけられましたよ。「地方選手権4位ランナーがビギナークラスなんかに出ちゃいけない。」
とかなんとか上手く言いくるめられてしまって出走した「エキスパートクラス」は・・・
主が棲息する場所でした。
なんですか?いったい?一本目がペケの方で、二本目はいろいろ作戦を考えて手を打って一本目のトップタイムに近づいたと思ったら・・・み〜んな3秒以上タイムアップしてるの。またペケのほう。
それじゃあ三本目。
もう、二人でコースを再び歩いてるときには、ボソボソ・・・お互い声が暗い。
「まずいよなあ・・・もう、ここから3秒なんて・・・無理だぜ。」
「いやあ・・・ほんと・・・イメージできないよ。まず、1秒縮められるようにギヤセレクトを見直そう。」
EK4がスタート地点につく。
と思ったら・・・・雨だ!っていうか、雷付き!豪雨だよ豪雨!
ちょっとですねえ・・・主催者の方々は、地元だから当たり前の風景になっていたのかもしれないけど・・・
危険だと思いました。落雷の光の中、みんな表にいるんですよ。遠くで光ってるから大丈夫だと思ってるみたい。
旗をなびかせるためのポールが何本も立ってる下で。
競技中止をアナウンスして欲しかった。
私、雷の関係の仕事もしてますからね。燃えてしまった建物とかを結構見てる。
「危ないからみんな車の中に入って!」ってみんなが立ってるコースの端まで走ろうと思ったけど・・・もう、目が開けられない。すごい雨。
仕方がないから、自分だけセーフティーローダーの中に避難してました。
雨でかすむスタートラインを見てると・・・ええっ!?EK4を発進させた!競技続行??

ゆっくり走ったガレージオーナーは・・・むくれてましたよ。だって、よりによって自分の走る時間帯だけワイパーも効かない土砂降り。
それどころか、私が昨年のエビス耐久で経験したのと同じくフロントガラスが真っ白。
無事に戻ってこられて良かったよ。とにかく。
あ、順位?見る必要ないでしょう。
そんな状況だったので、結局11月も参加することになりました。丸和カップ。
地方選手権4位選手がやられっぱなしって訳にいきませんぜ。
待ってろ主ども!っていうか、今回、優勝したのはあの若い彼なんだよね。
ただ一人1分45秒台。来年の選手権がものすごく楽しみですよ。才能は間違いなく開花された。
我々もついていかないとね。おっさんだけど。最後に勝負事を決めるのは、知恵と経験なんだよ。チミたち。

さて、長〜い前振りはこれぐらいにして、本題に行きましょう。
日光サーキット250circleE☆1における「予選」のお話です。

初参加のこの耐久レースにおいて、一番の失敗は・・・この予選だったかなあ・・・って反省しています。
どうしても心の中にあるんですよね。「たくさん走る耐久レースなんだから、予選順位なんて関係ない。」って。
まあ、それでも「予選を走らせるドライバー」を決めなきゃいけない。5人の中から。

前回、「練習走行」について記事にしましたが、ちゃんと全部繋がっているんです。
「たった8分/人」の練習走行なんてさせちゃって何考えているの?
って思われた人もたくさんいるかもしれないけど・・・
必要な情報を得たかったんです。「たった8分/人」の練習走行で。

練習走行出走前にドライバー全員に伝えてありました。
「トップ2のドライバー二人に予選を担当してもらうからね。たった10分の予選時間だけど、その間にもドライバーチェンジの練習をする。」

でてきた結果は・・・・今回新規加入してもらった現役ランナーが一番速く、同じぐらいのタイムをフォークリフト修理の彼が叩き出してきた。
彼は、さすがというか・・・・このコースを走らせるのが初めてだったんです。8分で結果を出してきた。
ただ、だ〜いぶ悩んだあと、オーナーの「10分の予選は、一人で行かせた方がいいよ」の助言を受け入れて、
ドライバーを一人だけに絞り込みました。
トップタイムを出した現役ランナーを指名。
統計学じゃないけど、バラつき・・・が気になったんです。フォークリフトの彼のタイム。
一人に固定して、10分間しっかり周回してもらうことにしました。

ところが・・・予選走行が終わったあと、反省することになるんです。私が指示を間違えた。
フルタンク近い重い車両に新品のタイヤを装着させちゃったんです。
(練習走行直後から、予選出走までの間にタイヤ交換する時間がとれたんですよね。)

まっさら新品でのタイヤを使う時点で不利なのに、それに加えて・・・・
今回、エンジンの使用方法について、いろいろ制限を与えたんです。全員に。回転数制限だけじゃなくてね。
さすがに練習走行が終わったあと、全員から「あと500rpm使わせてくれ。」って苦情が出てしまったので、
それは容認したんですけど・・・・

予選走行の時は、それらの制限を全部取り払うべきでした。
我々の車両は、間違いなくEP82勢のトップの速さを持っていたし、より大きな排気量の車両もすべて屈服させることが可能だった。ただ一台を除いてね。
その一台というのは・・・あのEG6。
あとで我が妻とオーナーの嫁さん新婚さんね。繰り返すけど。)に聞いたのですが、まあ、彼らはホントに別格でした。
私達が、予選走行でキリキリ舞いしていた頃・・・・彼らはたった一周だけしてきたんだそうです。
嫁さんら二人が「は?何かトラブル?一周だけで終わり?」とポカ〜んと見つめる中、彼らはピットの中で待機。
「自分たちが予選一位だ」という絶対的な自信があったんです。それでおしまい。
彼らは予選をたった一周しただけでポールポジションを獲得してしまった。

その脇で、僕らはドタバタドタバタ・・・・車両にトラブル発生!予選どころじゃない。

結局、「10分間しっかり走行」どころじゃない、ぴかぴか新品タイヤで数周走っただけの予選結果は・・・
8位(だったっけ?)

なんだかな〜・・・・
まあ、気を取り直して決勝の準備を始めよう。耐久レースの予選結果なんてたいしたことないさ。たぶん。
価格コム様用
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

練習走行の時間帯にやっておくべき事 [2009年夏耐久]

昨日、たまたま会社の帰り道に家電量販店の前を通りかかったんですけどね。
なんだか人だかりがしているので、何かな〜って思って吸い寄せられちゃったんですよ。ふらふら〜と。
そしたらですねえ・・・何にでも工夫の余地があるもんだ。って思い知らされました。

何をやっていたと思います?

デジタル一眼レフカメラがズラッと並んでいたんです。
「はあ?だからなに?」

いやいや、そのデジイチがですねえ・・・真っ赤とか、どピンクとか真っ青とか・・・・90年代のベネトンカラー?
って感じのボディがズラッと・・・

話を聞いてみたらですね。
「ボディとグリップの色が選べて、100種類の組み合わせ」
なんだそうです。

私も電気屋ですからね。話を聞いて・・・
「うわあ・・・生産部門の材料手配が大変だ。」って思いました。瞬時に。

ただねえ・・・この考え方は有りだと思いましたよ。デジタル一眼レフカメラ。
このBlogでも写真を使っていますけど、今年のダートトライアルの撮影は・・・・
シーズンの始まりの頃の写真を見ると笑っちゃうの。ぜ〜んぶピンぼけ。
全く目が追いつかなかったんですよ。山の中を落ちてくる鉄の固まりに。
夏ぐらいから、やっと少しまともな写真が撮影できるようになってきたんですけどね。
それまでは、「う〜ん・・・ちゃんとしたカメラが欲しいなあ。買っちゃおうか?イヤイヤその前にヘルメットを買い直さないと。なんてったって20年ものだ。公式競技に参加できないよ。」
ってグルグル迷っていたんです。

ちょっとねえ・・・踏ん切りがつかなかったのは・・・なんか高性能一眼レフの真っ黒いボディって・・・
人を遠ざけますよね。ダートトライアルの現場でも、立派なカメラを持っている人がいらっしゃいましたけど。
ちょっとなあ・・・あれは・・・少なくとも、女の人が持つデザインじゃないですよ。でかいし。

そんな風に迷っていたので、この展示には「おおっ!」って思わされました。
赤いボディの一眼レフカメラとかね。これなら今まで「一眼レフ持ってみたいけど、ちょっと・・・」って思っていた女性も引き寄せるかも。

よくまあこんな「今まで、みんなの頭の隅にはあったんだけど、前例がない」ことにチャレンジしてくれたなあ。
って思いました。この展示スペースを見て。
みんな、手に取ってみていましたもんね。特に女性の方が。
あ、「それじゃ買ったのか?」って?
う〜ん・・・・もうちょっと考えます。たぶん一眼レフカメラより4輪用ヘルメットの方が大事。

さて、寄り道はこれぐらいにして、本題に入りましょう。
久々の「日光サーキット250circultE☆1 2009」のお話です。
今日は、「練習走行時間帯にやっておくべき事」のお話。

耐久レース当日の朝は、7時にゲート前集合です。
で、「スケジュール」の記事にも流れを一通り書きましたけど、この耐久イベントのいいところは、
「当日、練習走行ができる。40分だけど。」というところです。

これはものすごく良いことだと思うんです。
だって、場合によっては「今日、初めてサーキットを走る。」っていう人がいるかもしれない。
そういう緩い競技会ですしね。事実、「たぶん・・・今日、初めて走るのかな?サーキット。」って感じの
女性ドライバーさん♥がチラチラ見受けられました。
いくら耐久レースとはいえ、本番中にいきなりドライバーチェンジでサーキットに放り込まれるよりはね。
当日の路面状況の感触を掴むことも含めて、練習走行をさせてもらえるのは、大変ありがたいです。

で、うちのチームはなにをしたかというと・・・
5人集まったドライバーのうち、このコースを走ったことがあるのは二人。
まあ、みんなモータースポーツの経験値は高いですからね。
「無理に練習させることもないか。30分も走ってれば、感触も掴むだろう。いくら初コースと言っても。」

・・・・やっぱり練習させました。全員。
40分を5人で割ると・・・たったの8分/一人。
「そんな時間でなにができるの?」って言われちゃうかもしれないけど・・・・
目的は三つありました。
まず大事なのが、1)とりあえずは、コースがどんな感じか全員に走ってもらう。
一周50秒もかからないですからね。8分あれば、そこそこ廻れるでしょ?いくら練習とはいえ、真剣にやれば。

2)ドライバーチェンジの練習
これが一番の目的です。昨年のエビススーパー耐久でだいたいはわかっているつもりだったけど・・・
時間がどれぐらいかかるのか、知っておきたかった。
みんなには知らせていなかったけど、EP82がピットに停止後、再スタートを開始するまでの時間をストップウオッチで計測していました。

3)ローリングスタートの練習
これは公式にアナウンスがあった練習です。
40分の練習走行中に「ランダムにペースカーが入って」ローリングラップと再スタートの練習を行うことが告げられました。

結果的には、全員を走らせておいて正解でした。
この「ローリングスタート」が、実際の競技では二回行われることになったんです。
一回目は、当然のことながら、「通常の競技スタート」
二回目は、「クラッシュ(スピンアウト)車両によるペースカーラン」が発生したためです。
「やり方を知っている」ということと「実際に体験している」ことは、実際にその局面に立たされたときにすごく差が出ると思いますからね。

で、これら3つの目的をこなしながら、もう一つ重要なことをこの時間帯に決定→実行しなければいけないんです。
ほんとに大事ですよ。日光サーキットの耐久レースにおいて、この練習走行の時間帯は。
というのも、「給油について重大な意志決定」が求められるんです。この時間帯に。

「練習走行終了前までにガソリン携帯缶を指定場所に持ってくること。その後、動かすことは許されない」
という話が、朝のドライバーズブリーフィングで確認されていたためです。

このドライバーズブリーフィングでは、複数のドライバーから「何度も同じ内容の確認」がされていまいました。
この日光サーキットの耐久レースにおいて一番重要なのは、「燃料戦略」なんです。
(戦術ではなく戦略)

一回の給油時に
・10Litterまでの給油なら3分間の停車
・20Litterまでの給油なら5分間の停車
を義務づけられます。

「別にいつ補給に入ってきても良いけど、ジャブジャブ好きな量を入れることは許さない」
というルール。

しかも、事前の競技規則では「20Litterまでは6分間の停車」と書かれていたので、複数のドライバーが何度も
確認を求めました。
「本当に停車時間は、5分間なのか?」

この確認を求めるドライバーたちの様子を見ていた私は・・・
「ちょっとまずいことになったなあ・・・これであのEG6を止めることはできないだろう」って思っていました。
隣の1番ピットの彼らがね・・・・もう、朝の集合の段階からえらく手慣れているんですよ。競技進行に。
このドライバーズブリーフィングの時点で、少々諦めは入ってしまいました。
たぶん僕らのEP82では彼らを止めることができない。

それでも頭に描いていた戦略は実行するんですけどね。「万が一って事があるかもしれない」って思いながら。

私が練習走行中に指定場所に持ち込んだガソリンは・・・10Litter。
「どうやって10Litterってわかったんだ?」って?
まあ、それはこのBlogでおいおい伝えていきましょう。
ドライバーとして走らない私は、忙しかったんですよ。この日。

ただ、この時点で反省点が発生。
みんなは練習走行の方に気をとられていましたからね。
大きな声でなんリッターのガソリンを持っていくのか、みんなに知らせなかった私の行動が・・・
(というより、周りのチームに知られたくなかった。)
本番前にトラブルを引き起こすんです。

このあたりのことは、「日光サーキット250circultE☆1 2009」編の最終回の記事にでも書きましょう。

んじゃ、ダートトライアルの手伝いの準備を始めないと。
明日は、丸和オートランド那須なんですよ。ガレージオーナーには、踏み切ってもらわないとね。
シーズンは終了してるんだから。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

09シーズンが終了しました [JAFダートトライアル地方選手権2009]

EK9.gif
皆さんですね。1年を通じて追っかけてきたイベントの最終戦ってどんな感じを想像します?

私なんて、Jリーグの試合を15年ほど観ていますからね。
まあ、最後の試合になるとお客さんもいっぱい集まってくれるんですよ。
(もっとも07年も08年も最終戦の埼玉スタジアムには、チケットを購入しておきながら、行かなかったんですけどね。)

ダートトライアルの地方選手権って、シーズンの終了が早いんですよ。9月の末に終わっちゃいました。
てっきり、「最終戦だから、たくさん集まるんだろうなあ〜」ってワクワクしながら現地に入ったんですけどね。
・・・・気のせい?すっごく少ない。
・・・・ホントに少ない。毎回一番台数が多いはずのS1クラスが・・・全体の3番目の台数。
なにこれ?どうなってるの?何でみんな来ないの?

どうもですねえ・・・現地で聞いてあるってみたら、「別に・・・こんなもんじゃないの。最終戦なんて。」っていう反応。
ほとんどどのクラスも年間チャンピオンがすでに決まってしまっているので、一気に興味がそがれてしまうらしいです。出場している人たちも。
いいのか?それで。まあ、「年間を通して全戦出場を義務化」なんてやっちゃうと、経済的負担が大きくなっちゃうからなんだろうけど・・・
たとえば、「出場してくれたことに対して1ポイント」とか、「一本目の順位でもポイントをプラス」とかってしてくれたら、最終戦まで出てくれる選手が増えると思うんだけどなあ。

な〜んて思いながら、朝のドライバーズミーティングを隅っこでみていたんですよ。
ミーティングが終わって・・・んじゃ、コースを歩き始めるのね。って思ったら・・・
おおっ!これぞ最終戦!っていうイベントがありましたよ。

出場ドライバーだけでなく、オフィシャルの皆さんやギャラリーも入って、「最終戦記念撮影」が行われたんです。
いやあ、脇からみていたんだけど、壮観壮観。カメラ持ってくるんだった。みんなすごく良い笑顔。

さて、チャンピオン級の人たちが出場しなくてなんだか気が抜けた・・・のか、我がガレージオーナーは、
一本目 5位
二本目 ・・・・なんだかよくわからない順位。

はあ?って言われるかもしれないけど・・・なんかホントに・・・・
だって、私が見ているポイントに飛び出してきたEK4は・・・・なんかとっても遅い。
????音を聞いている限り、何もミスをしてこなかったよね?何?何が起きたの?
中間タイム計測の放送も・・・・周りより2秒ぐらい遅いタイムを告げてる。
なんか聞き間違えたのかな?変なタイムを言ってるぞ。

走行が終わってガレージオーナーに話を聞くと・・・
まあ、いつもの悪い癖が出たんですよ。「スタートフラッグが振られたのにもかかわらず、競技に集中しない」
っていう。
集中できない状況が作り出されちゃったんですけどね。雨のせいで。

一本目のタイムのおかげで、総合7位。
どうも、年間ランキング4位は、ギリギリのところで守ることができたようです。

がっくりだなあ・・・せっかく調子があがってきたのにって思っていたら・・・うれしいことが起きましたよ!

あの若い二人がついに優勝したんです!
走っているのを見ていてですね。もう、コーナーへの頭の入り方が全然違うんですよ。他の誰とも。
「すっごいなあ。スパンって、頭を振って入っていく。ベースフィールドがこの丸和だとは聞いていたけど、これほどとは・・・たぶん、トップタイムになる。」

その通りでした。確かに今シーズンを専制したあの方がいらっしゃらない大会だったとはいえ、他の人たちはフルメンバー出走。
その中で、今回の表彰台の3人は・・・どれもすごく新鮮な組み合わせ。
いやいや、来年に希望を抱かせる若者の登場ですよ。
彼はきっと、クローズドサーキットに連れてきても、すぐに良いタイムを出すと思います。
外から見ていて、才能を感じますもん。いや、ホントにうれしい。

で、これをもって私は、「普通のサラリーマン=山に芝刈り」に戻れると思いきや・・・
ガレージオーナーから連絡。
あと何戦か、ノンタイトル戦に出場するそうです。まあ、そりゃそうだ。やっと掴んだものが見えてきた・・・
と思ったら、最終戦のあの走りじゃ。
年を越せませんぜ。はいはい。手伝いに行きますからね。
笑うかのこ様 3 (花とゆめCOMICS)

笑うかのこ様 3 (花とゆめCOMICS)

  • 作者: 辻田 りり子
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2009/10/05
  • メディア: コミック

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車