So-net無料ブログ作成
検索選択

ECUのプログラムチェック [JAFダートトライアル地方選手権2009]

tukuba.gif
みなさん。ご自分の車にコンピューターが搭載されてるって事。知ってます?
結構おっきいんですよ。お弁当箱ぐらい。
Mac miniよりも大きな箱(深すぎる?)が車に搭載されているんですよ。
頑丈な金属ケースに入れられて。

車のエンジンをいじるとですね。どうも皆さん、その「ECU」っていうお弁当箱もいじってみたくなるようです。ええ。
それでですね。見つけちゃったんですよ。そのECUっていう箱の中身のプログラムをいじられる人を。ガレージオーナーが。

ちょいとね。ちょいとその方にEK4のプログラムを見てもらいたくって、静かな住宅地に持ち込んだんですよ。
丸和での練習会が終わった夜に。

Windowsノートパソコンと、ECUに接続する為の変換器をEK4に配線してですね・・・・あれ?線をつないだ途端にアイドルストップした。ん????

なんかデジャブっていうんですかね・・・・「なんかこういう状況って、過去も経験したよなあ〜仕事で。確か配線直後に電源が落ちたりするのって、その後、大変なトラブルになったような気がする」
なんて思いながら、まあ、疲れてましたからね。ボケ〜と運転席に座ってたんですよ。私。

あ、はいはい。もう一回エンジンスタートね。はい。ちゃんとかかったよ。
住宅地だから静かにね。静かに・・・・・
シュオオオオオ〜!!!!!
白煙がああああ〜!!!!!
家事だよ家事じゃなかった火事だよ火事っ!大変大変!!

ああ、いやいや。そんなに慌てなかったですよ。ガソリンに引火する火災じゃないですからね。
ECUとパソコンを接続する変換器ボックスから盛大に白煙が吹き上がるのを見届けて・・・ゆっくりKILLスイッチを切りました。

まあ、これでも電気屋ですからね。一秒間に地球も何周もする速度だって事を知ってます。電気。
もうこうなっちゃうと、何をやってもすべて手遅れ。

外付け機器を排除して、配線を復旧。エンジンスタート。・・・・・クランキングするばかりでかからない。
・・・・ガレージオーナーの顔を見ると・・・・まあ、平静は装っているけど、ちょっとまずいんだろう。
来週には、JAF地方選手権第6戦が迫ってる。

「また仲間が増えたな〜」って思いました。私。重苦しい雰囲気の中で。
本番車のECUを一週間前に燃やしちゃってまあ、ただで済むわけがないですよ。ようこそ。我がチームに。

プログラマーの彼が、自分のインテグラに搭載していたECUを剥がしてきてくれた。これも自分で中身をいじっているらしい。
これでかかるか?

キーを回す。すべての電装機器の作動をチェック。タコメーターがフルスケールまで動いて0位置へ。
インジケーター・オールグリーン。

クランキング開始。
かかるか?かかって欲しい。

かかった!バンバンバンバン!静かな住宅街に爆音が響き渡る。
信じられない思いでタコメーターを凝視していました。なんだ?このエンジン。
初代VTECインテグラに乗っていたことがあるけど、比べ物にならない。
とんでもない勢いで8000rpmまでタコメーターが跳ね上がる。

「おいっ!やめろよ。住宅街だぞ!ご近所が出てきちゃうよ!」

ああ、ごめんごめん。このEK4を上まで回すチャンスなんて、これまでなかったからさ。
とりあえず、このECUを借りて本番に出走するのね。はいはい。

で、ECUのせいじゃないないけど、成績急降下中のJAF地方選手権を無事に車を壊すことなく終えて・・・
持ち込んでみましたよ。ダートラC車両のEK4を筑波サーキットに。

プログラマーの彼から、ハイエンドスポーツラジアルもお借りして、EK4に装着。
助手席側には、ノートパソコンを搭載して、いざ発進!
ダートトライアルの会場より、サーキットの方が定常状態が作り出しやすいからね。
どう?うまくデータ取れてる?OK。よかったよかった。
画面を見ると・・・データの可視化ってすごいですよね。私だって「理論空燃比」って言葉は知ってる。
そこを基準に色が緑色になったり、赤くなったりしてる。お〜。

って、なんだかプログラマーの彼は、背を向けて一生懸命ノートパソコンと格闘を始めてる。あり?

「ねえ。次の走行迫ってるけど、EK4出すの?」
「ダートラとサーキット走行じゃ熱処理が全然違うんだよ。水温が120℃越えちゃうんだ。もうヤだ。」
「ヤだじゃなくて、もうちょっとデータ取らないとダメだろ。変更した結果の。」
「さっき、2ヘヤの進入でスピンしたんだよ。このダートラ用の柔らかい足で、サーキットは無理だって。」
「ダートに飛び出しちゃったって走れるだろう!この車はそっちの方が得意なんだから!」

時々記事で書いていますが、ダートトライアルとサーキットとの大きな違いって、「失敗できるかできないか」
なんです。
ダートラでワンミスすると壁に当たったりして、車が壊れてしまうけど、サーキットならまあ・・・・
スポンジバリアに飛び込んじゃうこともあるかも。
でも、そんなに大きな損傷にはならないです。
ここのところのガレージオーナーの成績急降下は、「車を壊しちゃいけない」っていう気持ちの方が
出てくるようになっちゃったと思うんですよね。「ワンミスしたら、次の大会に出場できない」という・・・

本当は、もっとたくさんEK4で走って欲しかったんだけど・・・・
しょうがない。んじゃ、EP82を出して・・・って・・・・
まだリヤ・ブレーキーシューの交換作業が終わってないんじゃん!ぬおおおお〜!やばい!急げ急げ!!



ウインドネットを装備 [EP82日常整備]

windnet.gif
え〜と、いきなりですが前回の記事の内容について修正をしなければいけないところがありました。
それは、日光サーキット250周耐久レースの出場車両について。
軽自動車は不可」なんだそうです。しっかり明記されていました。レギュレーションに。
ああびっくり。昨年のエビスサーキットでの「オイルフィラーキャップ処置見落とし」以来、
レギュレーション書は、「日を改めて繰り返し読む」ようにしていたのですが、やっぱり抜け落ちていました。
期待を持たせてしまった皆さんごめんなさい。
ま、「軽自動車耐久」ってのも開催されていますからね。各地で。
いつか紹介できればと思っています。山梨イベントは参加したことがあって、ものすっごく頭を使うハメになったので。

さて、日光サーキットのイベントまで、そう時間はありません。EP82の整備を進めないと・・・・
ハイ。みんな集合集合。

って言っても、いつも通り私はなんにもできない。ポツン・・・・
ん〜・・・なんかみんなの手伝いをしないと・・・

おっそうだったそうだった!できそうなことがありましたよ!
レギュレーションには、「窓の処置について」明記されているんです。
「走行中の運転席側の窓は、閉めておくこと」
・・・・8月のこの暑い時期に窓を閉めっぱなしで40分間全開走行?
いや・・・まあ、筑波とかエビスだったらストレートが長いから、息をつく時間もあるけどね。
コース図を見ていると・・・まずいだろう。日光サーキット。ストレートらしいストレートがない。
正直、「エアコン付きCVTノーマル車両」が一番強いんじゃないかと思っているんですよね。
日光サーキット250周耐久レース。

恐らく、ドライバーは強化クラッチと数秒のうちに何度も格闘することになるはずです。
ものすごく消耗するはず・・・

近所に「ウインドウネット」ってやつを買いにテクテク。
あこがれのアイテムだったんですよねえ。ウインドウネット。
だって、なんか箱車のレースカーっぽいじゃないですか。

20年ぶりにお遭いしたショップのおば・・・じゃなかった。お姉さまは変わらない美しさでしたよ!
眼鏡をかけるようにはなっちゃっていたけど、いや〜全然変わらない。すごいなあ。
ちゃ〜んと在庫があった。SPARCOのウインドウネット。みんなのところに持って帰ると・・・

「あ、なんだよ〜。買ってきちゃったのかよ。みんなで今回はローコストにって言ってたのに・・・」

まあまあ。チミ達が走るのにオレも負担するんだから。熱射病で苦しむより、よっぽど安いよ。12,600円。

さて、袋の中身を取り出すと・・・・え〜と・・・・取説がない。
てっきり、何かボルトとかを穴開けして引っかけるんだと思ったんだけど・・・・なんかヒモで縛るのかね?

おっしゃあああ〜!これこそオレの出番ですよ!
見せてやるぜオレの「ユルユルだけどほどけない縛りテク」を!
ふえ〜っへっへっへ。

「あのさあ。どうでもいいけど、こんなのに時間かかってないでよ。ただマジックテープでロールバーに着けていくだけでしょ?あれ?ホントに取説がない・・・・どういう方向なんだ?」
「でしょう?この手の縄って、最近は食い込んでも痛くない良いのが出てるんですけどねえ・・・だいたい取説がないんですよ。縛り方の。」
「いや、なんか、ロールバーにそんなにクルクルしなくって良いから。素直にマジックテープで貼って。」

よっし!できた!なんかカッコよく見えるぞ。ウチのEP82が。

やっとこさ着け終わって周りを見渡すと・・・・なんかみんながフロントブレーキに集中してる。
あり?だって去年、キャリパーからローターからフルオーバーホールしたよねえ?
「あ、そっちのEP82の方が具合がよさそうだったから、全部入れ換え。」
そっちのEP82?・・・・なんかスターレット・ソレイユが止まってる。真新しいナンバーの。
なに?これ?ウチのメンバーにまともそうな一般車両に乗っている人なんていたっけ?

「あ、換えたよ。ついに。シビックフェリオから。今度はエアコンが効くんだぜ。」
・・・・・・あの・・・・オーナー?確かに生意気に純正リヤウイングまでついてるけどね。これ。
確かにね。確かにエアコンが効くってところは、大幅進歩になったよ。一昨年、初めて彼女ってのを筑波に連れてきたときにエアコン無し(壊れた)のシビックだったってところに眩暈がしてたもん。
よく嫁さんになってくれたよねえ。全く海のように心が広い持ち主だ。

でもねえ・・・・「13年落ちの車両を買換えたら、政府補助」って言うご時世になぜに90年代中盤のスターレット。しかもマニュアル。ある種レアアイテムでしょう。これ。
「うん。これで何があってもスペア部品がとれるよ。日光もうちらはこれで直接向かうからさ。」
はあ・・・・重症だよ。N1車両のベースカーをわざわざ通勤用に買っちゃうなんて。
まあ、このレースカーがおシャカになったときは、パーツを取り外して移植してくれ。
「オレは毎日N1車両で銀行に通勤してるんだぜ!」って、軽量化の為にフロア材をはがすときは言ってくれ。手伝うよ。

んじゃ、あとやることは?
・各油脂類の交換
・リヤ・ブレーキシューのレース用モデルへの交換。
・フロントパッドを耐久用のものを探してくる。

OK。じゃ、また週末に集まろう。週末、我を忘れる by BlogPeople
SPARCO RACING COCKPIT PRO

SPARCO RACING COCKPIT PRO

  • 出版社/メーカー: ECC
  • メディア: Video Game

250circuitE☆1エントリー用紙を提出 [2009年夏耐久]

maruwa.gif
いや、スイマセン。なんかホント世の中立ち上がってきましたよ。忙しくなってきました。前回更新から一ヶ月経過ホント申し訳ないです。

さて、日光サーキットでの250周耐久の出走を検討している皆さん。もう、エントリー用紙を提出しましたか〜?
確か、本番一週間前必着ですよ。し・か・も。
よくよく出走車両の車両規則書を読み返してみると・・・・
「4点シートベルトさえつけていれば、どんな車両でも出走可」なんですよ。
え〜・・・わかりますか?この意味。
・Joy耐の場合 規則に沿って車両が作ってあっても「フェラーリ・エンツオ等の場合、出走をご辞退願う場合がございます。」
エビス耐久の場合 ナンバー付き車両で構いませんが、ロールゲージ&4点シートベルト必須
なのに、この日光サーキットの250周耐久の場合、「ナンバー付きでも構いませんが、4点シートベルトは必須」なんですよ。ok?
と、いうことはですね。

ニッサンGT-R様から、ワゴンRまで。はては、パジェロやエルグランドであっても出走できちゃうんですよ!4点シートベルトさえ装備していれば!(拡大解釈?)

これはまずいよ。エントリー先着順だよ。エントリー開始日にどっさり事務局に到着しちゃったらどうしよう・・・
しかも、オーナーからもっと衝撃的な事実が!

はい。皆さん。エントリー用紙を良〜く見てください。

「本大会に参加するにあたってのチーム編成に関するエピソード・意気込みなどをご自由にお書きください。必須でお願いします。」

・・・・やばいよ。これは。どうしよう。あんまりにもダメダメな内容だと赤ペンで添削されて帰ってきちゃうかも。エントリー用紙。
論文?論文構成で攻めないとダメか?まずいよ!全員集合集合!

で、とある土曜日の夜に集合。壁には液晶プロジェクターからグラフが投影されてる。

「・・・・・よって、我々の優勝阻害要因としては、大きなタンクのNA車両が出てきた場合に限られます。具体的には、Honda-VTEC勢に出てこられると非常に難しくなると思われます。」
「ふむ・・・道具は換えられないんだから、メンバーの方でフォローするしかないだろう。ドライバーは?」
「はっ。既に上限の5名をそろえております。よって今回、私はオペレーション担当側に回ります。5名中4名が、昨年のエビス耐久組。また、実戦経験者は5名中3名。特にそのうちの2名は、現役のスプリンターという構成です。」
「わかった。いいメンバーだ。それで、今回の予算枠は?」
「このBentoのデータベースをご覧ください・・・・昨年の半額の予算枠での完了を狙っています。」
「半額?本当にそれでできるのか?昨年も結果的に当初案なんて全く吹っ飛んでしまっただろう。」
「はあ・・・・たぶん。」
「たぶんじゃ困るんだよ!各メンバーが君の案を持ち帰って大蔵省(古いね。)と折衝するんだぞ!君が自信を持たないと各メンバーが説得できないじゃないか!」
「オレなんてさあ・・・去年のエビスのあと、3万円の小遣いが3,000円に減らされたよ・・・・それでも毎日暑いからジュースを飲んじゃうんだ。120円のジュースを飲むたびにレースカーに入れられるハイオクが1literづつ少なくなっていくのを感じるんだ。オレはダメな男だああああ〜!」
「ふふふ・・・毎日ジュースを飲めるなんて、贅沢じゃないか。オレなんて、ここのところ暑いから、公園に行って、水を飲むんだ。ちょうどお腹もいっぱいになって、ランチ代が浮くんだよな・・・(遠い目)だいぶ体重が減ったよ。これも重量を軽減して、燃費を稼ぐ為さ。」

「みんな悪かったああああ〜!こんな駅前の和民になんて連れてきちまって!100円マックで済まそうと、隣のマクドナルドに入ったんだけど、なんでか土曜の夜にいっぱいだったんだよおお〜!!!あ、まずハンディプロジェクターを片づけて。大の男が泣くな。周りの人たちに迷惑だろう。あ、スイマセンねえ。プロジェクターの光がまぶしかったでしょう。スイマセンね。んじゃ、ほら、さっきまで男4人でウーロン茶4杯&枝豆1個だったけど、ほ〜ら、オムレツ(399円)を追加するぞ〜。オレのおごりだ!たんと食え!」

「で、車両名は?」
(この状況で落ち着いてますね。オーナー。さすが地方銀行員)

「はっ!力作です!いろいろと考えてきました。さすがに車両名は目立たないといけないですからね。」
「どんな名前?」
「発表します!”××スターレットあはん(はあと)”」です。
「・・・・・なんて読むんだ?」
ちょめちょめスターレットあはん(はあと)です。」
「・・・・もうちょっとまともな案はないのか?」
「はあ・・・・では、ちょめちょめスターレットうっふん♥。こうすることによって、機種依存文字を使わずに♥マークが表せ・・・」
「そこじゃない!そんな言葉、現場で連呼されるわけないだろう!見ろっ!和民のお姉さんも困ってるじゃないか!」
痛ったあ・・・・そんなに本気で怒らなくても。ちっ新婚がっ!(たぶんそこは関係ない)

「で、車名はやり直し。チーム名の方は?」
「は。こちらはまじめに考えてきました。昔のRacing ON!誌にも”エントラント名は大事”という坂東社長のお言葉が載っていましたからね。」

「ランデブー・・・・フランス語で「待ち合わせ」や「集合する」の意味です。10年以上の時を超えて、再び結集した我々にふさわしいチーム名だと思います。」

エントラント名は、Team Rendezvous

我々は、優勝を狙う。
3M マイクロ プロフェッショナル プロジェクター  W115×D50×H22 MPro110

3M マイクロ プロフェッショナル プロジェクター W115×D50×H22 MPro110

  • 出版社/メーカー: 住友スリーエム
  • メディア: エレクトロニクス