So-net無料ブログ作成
検索選択

ダートラの会場で疑問に思ったこと [JAFダートトライアル地方選手権2009]

imprezza.gif

いやあ、マイリマシタヨ。

新潟のダートトライアルの会場から帰ってくる途中から、「なんか足が痛いな〜」とは思っていたんですけど・・

もののみごとに「筋肉痛」。

はあ・・・なんか変だなあって思ってたんですよ。ガレージオーナーとコースを歩いたときに。

自然と離されちゃうんです。下り坂で。

まあ、靴底がすごく薄いシューズを履いていってしまったので、「なんか歩きにくい。」って思っていたのは事実なんですけどね。

上り坂に来たら・・・あっという間においていかれました。なんかホントにおかしい。

いやになってしまって、(ホントにかったるかった)「いいよ。オレ、ここで待ってるよ。」

後で聞いたら、ガレージオーナーは、シーズンが始まるのにあたって、毎日会社が終わった後、5km程走っていたんだそうです。

ちょっとまずい。今でも時々、とっても遅いとはいっても、駅伝メンバーで呼ばれることがあるのに。かなり体力が落ちているみたい。

誓いましたよ。自分の体力維持の為にも今シーズンは、できるだけガレージオーナーの選手権出走には付き添うことにしました。

ただ、どうも次回集合までに私自身がいろいろ調査しておかないといけないな。って反省しています。

というのも、会場に行って、後悔したのは「せっかくダートトライアルの会場に来たのに自分は何も知らない」ってこと。

疑問点がいくつか出てきちゃったのにガレージオーナーに質問しても、その答えの意味がわからない。

大きな疑問点は、3つ

1)当日見た「参加者に配られるパンフレット」を見ると、選手権名がいっぱい書かれてる。

ガレージオーナーに「地方選手権ってことは、ここを勝ち抜かないと全日本選手権に出場できないって事?」と聞いたら、「そうじゃない」って言うし。どうなってるんだ?ダートトライアル

2)車両のクラス分け

う〜ん・・・ガレージオーナーは、自らの手で「車検が通らない」改造を施した「クラスC」のシビックを持ち込んでいました。でも、実際の出走順を見ていると・・・ナンバー付きとナンバー無しがごちゃまぜに出走してる。・・・どうなってるんだ?ダートトライアル

 3)ゼッケンがバラバラ

これが・・・実は一番????な・・・

ゼッケンのサイズもフォントもバラバラなんですよ。各車両。もう、ものすっごくナイスな「コピー用紙に手書き」って感じの車両まであって・・・・まずいんじゃないの?これ。外部の人が見たら「ただの走行会?」って思っちゃうよ。タイトルかけて、みんな一生懸命たった2本のチャンスに全力を尽くす競技なんでしょ?

ガレージオーナーに聞くと「だって、シード選手がいるんだから、ゼッケンの割り付けなんてできないだろ?」

シード選手???わから〜ん!!!どうなってるんだ?ダートトライアル

ということで、すいません。みなさん。このBlogはしばらくの間寄り道をして、「ダートトライアルってなんだ?」コーナーを展開します。

まあ、「モータースポーツをやってみよう!」の一環ということで。 よろしく。

ブリヂストン R105 ネイビー KG73602 26.0

ブリヂストン R105 ネイビー KG73602 26.0

  • 出版社/メーカー: ブリヂストン
  • メディア: スポーツ用品

 

ウィルコムストア

雨のダートラ会場はとっても大変 [JAFダートトライアル地方選手権2009]

bijyo.gif

任務終了。今、自宅に戻る電車の中です。
朝5時起床、6時受付開始で、競技が終わったのが14時すぎ。
会場をあとにしたのが15時過ぎです。

もう、とってもとっても大変でした。雨のダートトライアル会場。
朝から、競技終了後までも、土砂降り。
なんかの罰ですか?
出発時に「おねえちゃん。言うこと聞いてくれたら、おじさんがいいものあげるよ。」
って、折畳み傘をあげちゃったのが、そんなに悪い事だったのでしょうか?

長靴がないとダメです。ダートラ会場は。
思い出せないよ。長靴を売っている場所なんて。懐かしすぎて。

ほんっとマイッタ。
逆に、持っていってよかった。っていう物は、「我がチームポンチョ
おかげさまで、いろいろな人に声をかけられました。
さすがアルビレックス新潟の地です。
でも、サッカー談議をしにきたんじゃないんだな。この山の中に。
ちゃんと競技をみないと。みんなの走りを・・・・ってえええええ〜!!!!

この競技は・・・・私には無理だと思いました。
だって・・・・ただでさえ、雨の路面で状況が悪いのに出走順があとになるにつれて、どんどん状況が悪くなっちゃうんだよ。
いくら、1本めと2本めの間に「コース見学時間」があるといっても・・・

ものすごいですよ。選手みんなの集中力って。
だってさあ、数時間かけてはるばる競技会場にやってきて、走れる時間は・・・・
2分に満たない時間×2本。

土砂降りの雨の中で、それでも「うまい人、普通の人」ってわかっちゃうんですよね。
私みたいに「本気のダートトライアルを見るの初めて」って人でも。

とってもとってもとってもエンジン全開!って音で、下りストレートを飛んできた
黒いミラージュは、ほんっとにうまかった!
って、ウチのガレージオーナーと同じクラスじゃん!(なんか詳しい事はわからないけど、”混走”なんだって)
すっげえな。この人!って思っていたら・・・・昨日、僕らを助けてくれた工場の人たちだった。
しかも同じチームで1−2。
・・・・いい人だけじゃなく、速かったんだね。しかも飛び抜けてるのが一目でわかる走らせ方。すげえや。

まあ、二日間「本気のダートラ」に付き合った結果、思うところは・・・・
「なんて野蛮な競技なんだ」
ほんとにそう思う。僕らがやってきたクローズドサーキットなんて、この競技に比べたら、あまりにお上品だよ。
女性向けのおトイレの考慮がされていない点も含めてね。(これじゃ競技人口増えないよ。)

あ、肝心の成績の方ですか?
1本目が、5位になっていたガレージオーナー。
私も思いましたよ。
「ひょっとしたら、表彰台狙えちゃうかも。」

2本目・・・・・あの〜・・・・なぜタイムが落ちる!
結局、7位で終えました。(んも〜)

選手権出走の前に、そのハイパワーEK4の練習が必要な感じがするぞ。
自ら手を入れたエンジンのパワーに手を焼いてる感じがする。選手も車体も。
が・ん・ば・れ。これから。
生暖かい目で見守ってやるぞ。

 

週末、我を忘れる by BlogPeople

FLAGS TOWN浦和レッズ 09 ポンチョ

FLAGS TOWN浦和レッズ 09 ポンチョ

  • 出版社/メーカー: FLAGS TOWN
  • メディア: その他

 


ダートトライアルのお手伝い [JAFダートトライアル地方選手権2009]

SHUPPATU.gif

皆さんおはようございます。
今、新潟県の三条市にいます。外はものすっごく真っ暗です。
あと30分ほどで、ダートトライアルの会場に移動を開始します。

なにをしにきているかというと・・・・
ガレージオーナーのお手伝いです。
JAFダートトライアル地方選手権クラスC。

作戦が開始されて、ただいま29時間が経過。
この間にわかった事は・・・・ガレージオーナーと私が二人揃って、「本気の競技」に出ると、雨が降る事。・・・・しかも土砂降り。
また雨です。しかも土砂降り。ええ、びちゃびちゃですよ。あんなことしたり、こんなことしたり。ってわけじゃないのに。

だいたい、金曜日の23時に自宅を出たところで、不吉な予感はあったんですよ。
だって、こんな時間なのにバス停にすごく若い女性がぽつん・・・・
既に横殴りで雨が降っている。そんな状況で、若い女性が一人でバス停???

髪が長い・・・・こっちに顔を向けてくれていません。っていうか、この状況下で怖い。
でも23時にいくら何でも「視えちゃいけない者」が堂々とご登場ってこともないだろう。

すごくすらっとした足が・・・なぜこの悪天候下にミニスカートなんだ。
とりあえず、アミアミ(網タイツ)じゃない。っと。ちっ。

ツンツン・・・・「はい?」


「傘、持ってますか?」
「持ってません。」(なんで持ってないんだ?家を今、出てきたんじゃないのか?)
「んじゃ、私が持っている折畳み傘をさしあげますよ。」

ものすっごく大きな荷物(だって、嵩張るレーシングスーツが入ってる)からゴソゴソ。

すごく喜ばれて、わざわざ駅でバスを降りる時にも振り返ってまでお礼を述べてくれた。
きちんとしている人みたいだけど・・・こんな時間にご出勤(?)かあ・・・大変だな。
なんて、その後ろ姿を見送りながら、「こりゃあ、まともな2日間は過ごせそうもないな。スタートの時点で、普通じゃない状況に出くわしちゃうなんて」
って思っていました。

案の定・・・金曜日の終電だから、覚悟はしていましたけどね。
ダイヤが乱れに乱れて・・・・
普通車グリーン席のプレミアム料金を払ったのに、席がない・・・
どころか、車両に乗り込むのに朝の通勤時間帯のように押し合いへし合い。ちょっと〜!!!

何とか集合場所の駅のロータリーには、到着する事ができて・・・

タクシー待ちの人々の前にEK4シビックを搭載したセーフティローダが登場。
「たぶん、この人たちは今、目の前にあるシビックが、生産時にはカタログにも掲載されていなかったエンジンに換装された特殊な車両なんだってことは・・・気がつかないんだろうなあ」
って、思いながら出発!

二人で交代しながら5時間かけて会場に到着。
6時半までなら、コースを歩いてもいいという事なので、早速歩いてみました。

・・・・こんな幅の狭いコースを踏むの?
しかも、レーストラックと違って、車両がZ軸方向に常に上下する状況で?

EK4を降ろして、ガレージオーナが練習走行を開始。
4本目に・・・・お車が壊れて、コースクローズになりました。私が見ている目の前で。

見ると右フロントのボルトが4本とも折れて、ホイールがばいいい〜んとおおおお〜!!!
やっとの思いで、セーフィティローダーにEK4を積載して、コースから脱出。

時計を見ると朝の八時半。
何しにきたんだろうね。俺達。
どうする?

なんか・・・・ガレージオーナーは、ご自宅に電話をしてる。
「ガレージ行って、パーツあるか見て。右フロントのハブ。」

あの〜・・・・電話の相手、奥様だよね。その言葉を全部理解しちゃうの?

どうやらパーツは、自宅にあるらしい。
・・・・戻って修理して、明日の6時までにまた会場に登場する?
う〜ん・・・・

な〜んて思っていたら、その会場にきていた人たちが助け船を出してくれました。
「修理工場の脇のスペースを貸してあげるから、自分たちで作業しな。新品パーツが在庫であるか、確認を取っておこう。」

全部そろいました。総額2000円の新品パーツ。
全部治して・・・って、結局、私はいつも通り、ほとんど手伝えないんですけどね。
何とか日没までに、全チェック完了。
ちゃんと走れる!がんばろう。決勝の会場に向かって出発!
(しっかし、ダートトライアルの皆さんって健康的だね。朝6時に集合っていったい・・・)

God gave me clear vision with LASIK プロサーファー 小川直久

モータースポーツ保険の話 [モータースポーツをやってみよう!]

はい。何週間かあいてしまいましたが、皆さんカートコースに行ってみましたか〜?
 「他の人たちと競争してみてワクワクした」って人は、なかなか素養がありますよ。
では、先に進んでみましょう。
今回は、「保険」のお話です。
「なんだよそれ。競技の話じゃないのかよ」とかって言わない。大事なことです。
モータースポーツ競技に参加するにあたり、車両そのものや装備とは別のところで、くぐらなければならない関門が二つあります。
1つめが、「宣誓書」。まあ、この話は・・・詳しくはやめておきましょう。実際にモータースポーツで重大な事故が起きた事例において、その文面の内容が最高裁までもつれるような内容なので。とりあえずここでは、「提出しないと競技に参加できない 」ものがあるんだ。ということだけは覚えておいてください。
 2つめが、「有効な保険に加入している事」という項目があります。参加申込書に。 確か私の記憶によると1000万円以上となっていたと思います。
今日のお題は、この「モータースポーツに有効な保険」の話です。
保険について語ると長くなるよん。
まず、「モータースポーツに有効な保険」以前の話をしましょう。日本の現状の話です。
車に関する保険の話。車に乗っている皆さんは、 「強制保険」と「任意保険」という言葉を聞いたことがあると思います。
 今、日本の道を走る車の何割が任意保険に加入していると思いますか?
答えは・・・都道府県ごとにばらつきがあるのですが、60%を切る県が増えてきています。
このBlogを読むみんなに伝えておきたいんだけど、ここから先、「モータースポーツをやってみたいな。」って人は、「自分がちゃんと任意保険に加入しているか」胸に手を当てて確認してください。
「自分の車に任意保険をかけないで」モータースポーツはやらないこと。
任意保険すらかけられない財政状況で、モータースポーツを始めてもいいことなんて一つもないです。すさまじく自分の時間と金を浪費するスポーツなんですから・・・
 さて、もうひとつ。ちょっとこれは脱線する話なのですが、「保険」って聞くと・・・生命保険のおばちゃんを思い出しちゃったりしませんか?
会社の昼休みにしつこく勧誘されて、流されるままに印鑑を捺してしまったあなた!
はい!保険証書か、あるいはその保険に入るときに解説された「設計書」を持ってきてくださ〜い。
何かグラフが書いてありますね。さ、グラフを右方向になぞっていきましょう。
まず、「10年あるいは15年更新」とかって書いてありませんか?
「書いてある」・・・ああ〜・・・(遠い目)
そのまま、右方向に見ていきますよ〜、60歳か、65歳のところでグラフはどうなっていますか〜?
「ガクッて下がって、そのまま右方向に進んでる」・・・・ああ〜・・・(遠い目を通り越して号泣
その保険設計書が、日本の保険会社の一般的なモノなんですよ。ええ。生命保険会社が大喜びする内容。日本の役に立っています。あなたの保険設計書。
将来的に自分が病気にかかりそうな不安って・・・高齢になったときですよねえ。すご〜く入院費とかにお金がかかっちゃうかも。60歳とか・・・65歳からなのかなあ・・・生命保険が活躍するの。
その時に必要な保証って 、その保険設計書のガクッて線が下がったところの額なんですよね。最終的には、そのお金でお墓を造らなきゃいけないかも。残された人たちが。
どこいっちゃったんでしょうね。左側でグラフの線が高かったときに払い込んだ保険料。
あ、気がついた?
ガクッて下がっちゃったところとMAXで高いところの差額。そう、「掛け捨て」のお金なんです。
しかも、「お子さんが増えるでしょうから10年とか15年で見直しましょうね〜」なんて言って、ハンコを捺したその保険は・・・今の経済状況で、そこに書いてある「15年後は2倍」の保険料なんて・・・子供が増えちゃって、金がかかってるのに払えると思う?
 あ〜あ、やっちまったなあ。その「掛け捨て」のお金、別のことに使ったほうがよかったかも。世の中には、「10年、15年更新もせず、ガクッて下がらない保険設計」を行っている生命保険会社があります。
そういう会社って、TVCMにお金をかけている暇もないんですよね。大変な公的資金投入を受けているアヒルの会社とか、あれを放送しているTV局も倫理観に欠けるというか・・・
さて、そんな感じ。
「別に1000万円以上の生命保険に加入しているんだから、モータースポーツ参加申込書だって、何も障害はないでしょ?」って・・・ホントに信じちゃっていい?自分の生命保険。その小さな文字いっぱいの書類、ホントに信用していい?
JAF地域クラブ加盟協会(JMRC)では、スポーツ安全保険を取り扱っています。掛け金は、2500円/年です。
「モータースポーツってそんなの危険なの?」って心配されるかもしれませんが・・・私はそんなことはないと思います。たぶん、どこかにデータがあると思いますが、80年代には私が知ったデータでは、飛行機事故やスキー競技とほぼ変わらない死亡率だったと思います。
ただ、すごく警戒されてしまう理由は、他のスポーツでのけがに比べて「万が一」の時のその損傷が甚大であるという・・・
長くなってしまいましたが、なんで今回「保険」の話を書いたのかというと、私の体験記からです。
ああ、この間の「公道でのバカな運転」による事故の話もそうなんですけどね。もう15年以上前の筑波サーキットでのお話をたぶん私は一生忘れないだろうな。って思うからです。
90年代初頭の筑波プロダクションカーレースシリーズ(P-FRクラス)において、無敵の快進撃を続ける2台のAE86がいました。
チームメートの2台は、本当に自信満々。鮮やかなグリーンに塗装されたその2台だけが、他の車両もほぼ全車AE86というクラスにもかかわらず、ものすごくかっこよく見えたのをよく覚えています。
今でも筑波のピット上でコースを眺めていると、最終コーナーや1コーナーで自由自在にドリフトを決めていた(明らかにドリフトは”タイムが遅くなる”走行です。それでもその2台だけは別次元だった)グリーンのAE86を思い出します。
ところが、ある時、シーズン真っ最中にもかかわらず、その2台が筑波に現れなくなったんです。
どうしたんだろう?と気にはなっていたのですが・・・
その数年後、事情を知りました。
その当事者の皆さんから直接聞いた話ではないのですが、本当のことなんだろうな。と信じることになった話の内容は・・・
 無敵の快進撃を続ける同一チームの2台。その日も表彰台を1-2で駆け上がって、ピットを片づけて駐車場に戻る際・・・・不幸な事故が起きました。
チームを手伝いに来ていたメンバーが、そのAE86のハッチバック部分に腰をかけて駐車場に帰ろうとしたんだそうです。
強化クラッチを組んでいたのか・・・少々ガクッと発進。そのメンバーがゴロンっと、落っこちてしまいました。AE86から。
みんなで笑って、起こそうとすると・・・・非常に重大な事態が・・・今も記事にしていいのか迷ってる・・・
私が聞いたそこから先の話は・・・
その落ちたメンバーは、後頭部を打ってしまっており、半身不随になられたそうです。
そのような事態を招いたことの責任をとり、2台は決してモータースポーツの世界に戻ってくることはなくなったという・・・
今でも「彼らはその後、どうなったんだろう」と思い出します。
その持てる才能をフルに発揮して、すさまじく輝いていたグリーンのAE86と、そのチームメンバーのみんな。
このBlogのここから先の記事は、そんな「危険・・・かもしれない。」スポーツに誘う記事です。
「なにかあっても」自分自身の助けになるように準備を進めていきましょう。
【最大57%OFF】COMTEC カーレーダー