So-net無料ブログ作成

5基目の4E-FEエンジン [5基目の4E-FEエンジン]


今年のルマン24時間耐久レースは・・・皆さんJ-SPORTS等で中継を見ていましたか?
私は、USTREAMでスタートからチェックしていたのですが・・・ついに・・・ついにトヨタがルマンで勝つ日が来たと思いました。2016年ルマン24h。

もうあと1周ほどでチェッカーだと思ったら・・・ホームストレート上でトヨタが止まってる。
「あれ?もう、チェッカーを受けたのか?ピットに向かって挨拶のために止まってるのかな?」

・・・そうじゃなかった。
画面上のカウントダウン時間は、残り3分を示したところ。
「なぜだっ!なんで今、止まるんだ!」
iPadの画面に向かって叫んでしまいました。

24時間耐久レースの残り3分までトップを走っていたんです。日本メーカーの車両が。日本人のドライブで。
なんかもう・・・

トヨタは、競技車両の鉄則を守りすぎたんです。
「チェッカーフラッグを受けた直後に壊れるのが、競技用車両として最も正しい姿」
トヨタの品質管理は、1周分足りなかった・・・いや、攻めすぎた。

それでも再び走り出した車両を見て、なんとか完走扱いになるだろうと思ったら・・・
翌朝確認した結果は・・・「リタイヤ」

ホームストレート上には再び戻ってきたようです。
しかし、「最長でも=6分以内/1周」というレギュレーションに抵触し、リタイヤ扱い。

これが・・・これが耐久レースなんです。
チェッカーフラッグを受けなければ、何も残らない。

来週のJoy耐では、「初めてツインリンクもてぎ来たあ。でっけ〜サーキットだあ。7時間頑張ろう。」というチームも現れると思います。
繰り返しますが、まずはチェッカーフラッグを受けることです。7時間後の。
もし、チェッカーフラッグを受けることができたら、ピット前に戻ってくるまでに各ポストの皆さんに手を振ってあげてください。
暑い中、7時間旗を振り続けてくれる(青旗の振り方がものすごく難しいレースだと思います。)ポスト員の皆さんがいてこそ、全ドライバーが競技を行うことができるんです。
1日手伝ってくれるチームの関係者や、ポスト員の皆さん、あるいは当日まで車両を整備してくれた関係者のことを考えたら、「その車両の性能を発揮することを任されている」各ドライバーは、おかしなことはできないと思います。自分の体調管理を含めて。(熱くドライブしていながら、周りの状況だけでなく、自分自身の体調チェックを常に求められる大会です。)

ま、おかしなことはできないはず・・・の大会なんですけど、実際には、予選中にワザとぶつけてくるような、おかしいドライバーも混ざっちゃう大会なんですけどね。なんせ、90台混走ですから。まあ、2015年大会から、ロガーシステムで全ドライバーが見張られているので、これ以上変なことは起きないと思います。

さて、2016年Joy耐エントリーに漏れてしまった私たちは、今、何をやっているかというと・・・
4E-FEエンジンの換装作業です。5基目になります。
2007年暮れにオーナーが25万円で引っ張ってきたFISCO仕様スターレットから、8年ほどで5基目・・・
2年に一度、エンジンを換装しているペース。何でだろ?

ついに自分たちの予備エンジンでは間に合わなくなって・・・探しまわるハメになりましたよ。中古エンジン。
21世紀ですからね。インターネットを使って・・・電話作戦。東北から九州まで。電話かけまくり。解体業者さんたちに。結局、最後の最後で力を発揮するのは、画面上の文字ではなくて、人が発する「声」ですよ。

色々な業者さんたちが、「4E-FEですかあ・・・懐かしいですねえ。競技用にたくさん売りましたよお。でも、最近は見かけないなあ。」なんて連絡をくれました。

で、業者さんつながりで発見!平成6年式 7万6000km走行 8万円也。(輸送費込み込み価格)
早速、オーナーと二人で、保管ガレージ前に朝から待機。
チャーター便なので、時間指定が効かないのだ。(なので、個人宅配送を拒否された。)でかいトラックが到着。

車のエンジンをトラックから一体どうやって降ろすかって?フォークリフト?
使わない使わない。っていうか、フォークリフトを動かす免許を持ってないし。
「小さな車」にこだわっている理由は、こういうところなんです。
「1400ccの4気筒エンジンなら、大人二人でなんとかなる。」

地面に毛布をセット。毛布の上に古いSタイヤをセット。
「いんやあ・・・あんたら二人だけで、このエンジンを降ろすの?大丈夫かあ?」
ドライバーさんがすんごく不満そうだけど・・・え〜と、じゃ、ちょっと支えるの手伝って。
いくぞ。荷台から一気にタイヤの上に降ろす。せ〜の!!
IMG_0652.jpg
すごくしっかり梱包されてる。
ぐるっと見回すと・・・
IMG_0661.jpg
なんかちょっと・・・エンジンブロック周りが「オイル感いっぱい」って感じ。
今までになく、テカってるぞ。このエンジン。
どうも、オイルレベルゲージが差し込まれている穴から、オイルがダラダラ漏れちゃっているみたいだ。
4E-FEエンジン特有の症状かねえ・・・

毛布を二人で引きずれば、ほら、保管ガレージに収容完了。簡単さ。

さて、バラし始める前に方針を決めよう。
1)オイルポンプは新品交換
2)カムシャフトオイルシールも新品交換
3)タイミングベルトは・・・新品交換。TTC1400の彼からもらったものがある。タイミングベルトアイドラーも新品交換。
4)ウオーターポンプは・・・現在搭載しているエンジンから移植。まだ使って3年ほどだからね。外観の「漏れ」状況はよく確認しよう。

集めた部品はこれ。
4E-FEBUHINICHIRAN.jpg
全部で、27,890円。
エンジン本体費用と合わせて、11万円ほどで載せ替えるぞ。
ついでに3年間全くメンテナンスをしてこなかったドライブシャフトとミッションも載せ換えよう。
予備ミッションは、すでにフォークリフト修理係が準備してくれた。
一通り交換してしまえば、これで車体の前半部分を全部入れ替えたことになる。
大丈夫。だいぶこれでも経験を積んだからね。そんなに手間取らずに再び走ることができるようになるよ。

Oisix(おいしっくす)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0